血圧を下げる食べ物の注意点としては、まず塩分を控え、薄味にするところから始めます。
遺伝ということもありますし(血圧が高いのは遺伝ではなく家庭環境という声が圧倒的ですが)
必ずしも血圧が高い人の食事は、濃い味を好むという傾向にあるようです
これは、血圧が高い家庭の人は、家族揃って血圧が高いことが多いのですが
これは、遺伝というよりも家庭の食事に原因があると看做されています
つまり、家庭の味が濃いということなのです
かなり確信をついていると思うのですが、これでハッとなった方も多いでしょう
時間はかかりますが、食生活を薄味にすることから始めるのです
折角、運動して血圧を下げたとしても、食事内容が塩分が濃いようですと
すぐに元の血圧が高い状態にまで戻ってしまいます
それを避けるためにも、まずは薄味の食事に慣れましょう
これを実践することで、後々の血圧を下げる運動やら、サプリメントが効果を発揮してくれます
ただしこの薄味に慣れるということですが、かなり時間を要するでしょう
もともとの家庭の味です、何十年と親しんだ味にサヨナラするというのは
かなりの困難だと思われますし、すでに刺激を欲しがっているカラダになってしまっていますので
これを薄味に慣れさえ手、日常化するのは大変な労力が必要です
AD
あえて名前は言うまい
彼が座っている場所のフローリングが割れてしまっている
ただし彼が特別長く座っているというわけではない
むしろ一番座っている時間は短いのだ
事務所改装するにあたって、彼の座る場所だけ、特別にしないといけないのだろうか?
もともとマンションの一室を事務所として利用しているので
オフィス専門の部屋を借りた方がいいのだろうが
そこはそれ、お金が必要になってくる
しかし・・・これで改装しなければならなくなったので
同じことなのかもしれないが、マンションの一室としてならば
店舗や事務所として借りるよりもはるかに安いから仕方ない
しかし、どうしてこんなことになったのか
理由ははっきりしている
彼の体重が、人よりも重いからだ
まずは彼に痩せてもらうほうがいいのだろうが
他人の体重までも制限することは難しい
しかし、今後人を雇う時には、体重にも気を配る必要がありそうだ
女性に、体重は聞けないから、見た目になってしまうが・・・
AD
通いの美容室では、頭を洗ってもらう時に
香り付のシャンプーでやってくれる
何種類の香りから、自分で選ぶのだが
毎回、何を選んでいいのか、わからないのだ
PR:美容室内装見積もり
こういったことまで、センス云々は関係ないのだろうが
こんな香りを選んでって思われるのにも抵抗がある
おそらくだが、そんなことまったく思ったりもしないだろうし
そんな変な香りの選択もないだろうからだ
だが、小心者としては、毎回そう思うので
最近では、逆に好きな香りは?と聞き返すようにしている
当たり前なのだが、本来整髪に何も使わないので
何だっていいからなのだ
おまかせにすると、うれしそうにスタッフの人が
うんちくを話し出してくれるので
これが良いコミュニケーションになって
その後のやりとりがうまくいく
特に、他に痒いところありませんか?
などと聞かれて、指示できるのは、とてもうれしい
その語のマッサージもサービス良くなること請け合いです
是非、試してみてはいかがでしょう
AD