いろどりやま

irodoriya.


テーマ:

4月30日月曜日、明日からは5月

新緑の美しい季節。一年のうちで一番好きな季節です。



さて、ちょっと先のこととなりますが、

ただいま大好評開催中の 田辺京子のくたにやき展 『たし算、ひき算』の次に控える展示のことを、

今日は少しご紹介させてください。

昨日、内藤さんがひと足お先にと出来立てほやほやのDMを届けてくれましたので。





「Names」  「Simple Side」 でirodoriya.でも人気の作家 志岐奈津子さんと

irodoriya.でもファン多しの イラストレーター×どうぶつフェルトの 内藤和美さんの ふたり展



ナナセンチ

2012.6.9 ~7.8  @irodoriya.

いろどりやま

「怖がらないでくれ、悪いクマじゃない。

かと言って、いいクマでもなけどね。」

ビールとチケットが大好きな体長7cmの黒熊に会いに来ませんか?



志岐さんが、手が届きそうで届かないファンタジックなナナセンチの物語を紡ぎ、

内藤さんが、ナナセンチを目に見て触れることができるカタチにしてくれました。


ふたりのもとで生まれたナナセンチ。

そのお披露目展となります。


まずは、ちょっとだけ

志岐さんからナナセンチの1話目、内藤さんからも1ショット 自己紹介がてらお預かりしましたので、

今日はトクベツそちらも公開です!



text 志岐奈津子  ナナセンチより



チョコレート



午前2時。

ぼくは少し疲れを感じて、デスクの引き出しを開けた。

しまっておいた板チョコを取り出すためだ。

疲れたときや気分が乗らないときには、これを2~3かけらかじるのがいい。

メーカーやブランドが決まっているわけではなく、

コンビニで目についたものを買って、ここにいつも1~2枚入れてある。




買うときにはそう食べたくはなくて、本当に必要だろうかと思ったりもするのだが、

必要になってこの引き出しを開けるときには、本当に感謝するのだ。

買っておこうと思った、その時の自分に。




包み紙をはがして、銀紙もはがして、端っこの一列をぱきんと割った。

そのとき、引き出しの中から声がした。




「ぼくにもひとかけらくれない?」




見ると、とても小さな黒いクマが、引き出しからよいしょと這い出してきた。

ぼくはとっさに身構えた。

小さいとはいえクマだし、黒というのはたいてい良くないものの色だ。




「怖がらないでくれ、悪いクマじゃない。かと言って、いいクマでもないけどね。

よい子のお友達テディベアちゃんでもなければ、クマの皮をかぶった天使でもない。」




黒い毛皮の中に見える黒い瞳を覗き込んでみれば、確かにそう悪そうでもない。

そして彼が自分で言うように、愛や夢を運ぶ存在でもなさそうだった。




「名前は?」




ぼくは、チョコのひとかけらを彼に渡しながら尋ねてみる。




「まだない。きみが好きにつけるといいよ。」




「ぼくが?」




「きみに呼ばれたクマだから」




「ぼくはクマを呼んだおぼえはないけど」




「自覚はなくても、きみはクマを必要としてた。真夜中の仕事の合間にチョコレートを必要としたようにね」




そうなのだろうか、とぼくは考えた。いま、ぼくにクマは必要だろうかと。

たしかに、小さな黒いクマがもぐもぐとチョコレートを食べているのを見ていて、

イヤな感じはまったくしないし、珍しい生き物に遭遇できたというのもうれしい。

必要かどうかはわからないにしても、不必要ではない気がした。




「どんな名前でもいいの?」




「うん、でもクロクマだけはやめてくれよな。人間はペットに見た目そのままの名前をつけたがるけど、ぼくはきみのペットじゃない。」




クロクマにしようと思っていたぼくは、気持ちを見透かされて苦笑いをした。

出会ったばかりで、彼のことを何も知らない。自分の子供に名前をつけるときのような「力強く育ってほしい」とか「優しい大人になってほしい」といった希望が彼にあるわけでもない。となると見た目しか名前のヒントになるようなものはない。




しかし、ぼくはあるものに目をとめた。定規だった。彼をよく知らないけれど、これを使えば、ひとつ彼について知ることができる。




「そこに立ってくれないかな。背筋をのばしてまっすぐ」




「なるほど、いいことを思いついたようだね」




ぼくが手にとったプラスチックの定規を見て彼がニヤリと笑う。そして、食べかけのチョコを持ったまま、ピンと背筋を伸ばして立ってくれた。




「きみの身長は………7センチぴったり」




「ということは?」




「きみの名前はナナセンチ!どう?」




「まあいいだろう。」







ナナセンチはそう言って、残りのチョコレートを口に入れて満足そうに笑った。




これが、ぼくとナナセンチの出会いだった。

どうしても必要というわけでもないけれど、あれば嬉しい引き出しの中のチョコのような。

そんな小さな黒いクマとの出会いだった。



illustration 内藤和美 ナナセンチより

チョコレート


いろどりやま




そして、スペシャルなことに今回 ナナセンチがツィッターでしゃべりだしています→ココ
ナナセンチのツブヤキを見るだけでなく、話しかけると気まぐれに応えてくれることも
あったりするかもかもー(気まぐれなので、ね!)
是非そちらもフォローしてみてくださいね。


そうそう、内藤さんのシロクマファンのみなさま、上の画像の右下をチェックしてみてくださいねー。

もちろん、いつもの可愛いシロクマシリーズも揃います!


志岐さんファンのみなさまは、お待たせしました「ナナセンチ」は本となって出版されますので

どうぞお楽しみに!


DM郵送は、ちょっと早いかもなので、もう少ししてから・・・と思っております。

早く欲しい~なかた、お友達にも配るので数枚欲しいなかた、どうぞお気軽にお申し付けください。

もちろん、もう店頭に並んでいますので、お立ち寄りいただいたらお渡しします。


是非行きたいのでDM送って~なんていうのも大歓迎です!

下記アドレスに件名「DM希望」でメールにて受付ます。

artあっとs-irodoriyaドットこむ  (あっと→@ ドットこむ→.comに変えて)


ではでは、内藤さんのシロクマてぬぐい2012年カラーのものも昨日入荷しています。

それは、また明日ご紹介させてくださいね。


ランキングに参加中・・・・・・・・・・*



いつも、ありがとうございます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。