よもぎ温熱セラピー協会の谷です

よもぎ蒸しのサロン様から、よもぎ蒸しを初めてされたお客様が、終わった後に頭痛がしたとのお問い合わせがありましたので説明をさせて頂きます。

 私は20年近くよもぎ蒸しサロンをさせて頂いておりますが、以前はそのような症状の方はおられませんでしたが、最近、入浴習慣のない方が増えてきたせいでしょうか・・・数名のお問い合わせがありました。

 

その方たちに共通しているのは更年期が考えられる年齢、ホルモン剤を服用中、普段、お風呂にゆっくり浸かって体を温める習慣が少ない、病後、体温も低めで体が冷えておらる方などです。

お風呂でのぼせた時の症状には、頭痛・嘔吐・倒れることもあります

温泉に浸かりすぎたりして、貧血のような状態になったことはありませんか?

よもぎ蒸しも体を温めるのでのぼせることがあります。

のぼせると血の気が引いていくような感覚で、めまいなどを起こすこともあります。

時には頭痛や吐き気を伴い嘔吐することもあります。

 

のぼせの原因は血流と関係があります

体が温まることで血管が広がり、血圧が下がります。

お風呂では特に、水圧で血流が良くなり、頭に 大量の血液が流れます。

立ち上がると同時に、脳への血流が一時的に減少するため、

めまい、立ちくらみ、ふらつきが起こるのです。

 

立ちくらみやめまいは、低血圧の人に起こりやすいイメージがありますが、

お風呂の場合は高血圧の人の方が要注意とされています。

貧血気味の人、筋力や体力がない人ものぼせやすいので、注意が必要です。

(よもぎ蒸しが初めてで高血圧、貧血の方、体力が落ちている方は低い温度で時間を通常より短めに様子を見ながら行ってください。また、しっかりと水分を摂りながら行って下さい。ミネラル補給も忘れずに

 

妊娠中の人も血流量が多いため、入浴でのぼせることが多いとされてい
ます。(よもぎ蒸しは妊婦さんはお断りしております)

 

頻繁にのぼせる方は、体に何らかの疾患があることも疑われます

顔をガウンの中に入れずに頭を冷やしながら行うとのぼせやすい方でも、大丈夫です。

普段からお風呂等でよくのぼせる方は、もしかしたら何らかの疾患がある可能性もあり頭痛、めまい、肩こり、腰痛、関節痛などを伴う場合は、自律神経失調症更年期障害高血圧症という可能性があります。

 

発汗、動悸、手の震えなどを伴う場合は、甲状腺機能亢進症という可能性もあります。

バセドウ病などに代表され、甲状腺ホルモンの過剰分泌で、代謝が異常に活発に
なる疾患です。

 

健康な方でしたら、普通にお風呂に入っているだけでは、頻繁にのぼせることはありません。

 

よもぎ蒸しが原因で頭痛を引き起こすことはありませんので、のぼせやすい方は無理せず体を温めることに慣れるとのぼせなくなります。

よもぎの薬効成分は更年期や自立神経失調などにもお勧めですので、様子を見ながら、よもぎ蒸しを続けて頂きたいと思います

 

最近、低体温、ホルモン剤を常用していいる方や入浴習慣もなく運動不足で筋力が低下している方が多くなってきました。

そのような方はのぼせやすいので、ご自身の体と相談しながらよもぎ蒸しで体を温める習慣をつけて頂ければと思います。

温熱習慣はとても体によく、よもぎの薬草効果も体を癒してくれます。

のぼせやすく自信がない方は低い温度で短い時間(20分)程度から始めて頂ければと思います。

 

{EE1A3F5F-4FBE-41E8-8587-9D9D97C5BB07}





よもぎ講習、よもぎ蒸しセット、よもぎ蒸しについてのお問い合わせは

075-254-6111まで

 

 

 

 

 

AD