川井郁子

テーマ:
ヴァイオリニスト・川井郁子さんのnewアルバム。‘嵐が丘’
今回も、とても素晴らしい楽曲が勢ぞろいでした♪

01
2

02

嵐が丘 Wuthering Heights(I.Kawai / Arr:I.Kawai)

逢びきのテーマ(映画『逢びき』より

)Piano Concerto No.2 in C Minor OP.18 (Rachmaninov / Arr:I.Kawai)

03

水百景(テレビ東京系「水百景」テーマ曲)
Mizu Hyakkei(I.Kawai / Arr:I.Kawai)

04

エターナリィ
Eternally (I.Kawai / Arr:I.Kawai)

05

栄光への脱出(映画『栄光への脱出』より/アーネスト・ゴールド作曲)
Exodus (E.Gold / Arr:I.Kawai)

06

エル・チョクロ (アンヘル・ビジョルド作曲)
El Choclo (A.Villoldo / Arr:I.Kawai)

07

ラスト・タンゴ・イン・パリ(映画『ラスト・タンゴ・イン・パリ』より/ガトー・バルビエリ作曲)
Last Tango In Paris (G.Barbieri / Arr:I.Kawai)

08

スカーレット・コンフェッション
Scarette Confession(I.Kawai / Arr:I.Kawai)

09

追憶(映画『追憶』より/マービン・ハムリッシュ作曲)
The Way We were (A.Bergman - M.Bergman - M.Hamlisch / Arr:I.Kawai)

10

死ぬほど愛して(映画『刑事』より/カルロ・ルスティケリ作曲)
Sinno Me Moro (Germi - C.Rustichelli / Arr:I.Kawai)

11

ジェラシー (ヤコブ・ガーデ作曲)
Jealousy (J.Gade / Arr:I.Kawai)

12

ひまわり
Sun Flower(H.Mancini)

13

アエル(日立ビルシステム TVCM)
Air(Ikuko Kawai)

14

嵐が丘~ヒースクリフに捧ぐ
Wuthering Heights~Dear Heathcliff(Ikuko Kawai)

川井郁子さんの魅力は、スケールのある音色を奏でるヴァイオリンアーチストというだけでなく、
なんと言っても妖艶で美しい。ヴァイオリンミューズという言葉がぴったりくる。
華奢でありながら、どこにそのような強いパワーがあるのか・・と思うぐらいに
情熱を秘めている女性であるということが聴く者を、さらに魅了させるのかもしれない。
去年の初秋にディナーコンサートで、最前列のテーブルにて川井さんの音楽を聴けた時は、
全身が震えそうになるぐらいの感動と、胸にはぐっとくるものがありました。
川井郁子さんの溢れんばかりのオーラに誰もが吸い込まれそうになりました。
過去アルバムどれをとってみても、素晴らしいものばかりです♪
Violin Muse The Red Violin インスティンクト オーロラ      (CCCD)
AD

モーツァルト

テーマ:

人間の体の70%は水で出来ています。

その水に音波を与えると、刺激を受け水は揺らぎます。


悪い音波であれば、体にはそれなりの悪影響を・・・


良い音波であれば、体にはそれなりの好影響を・・・


目には、見えないけれど音にはこうやって人の精神状態までも左右してしまう


すごいパワーがあるのですね。


日常には様々な音がありそういう音から、


知らず知らず体にいい意味でも悪い意味でも、なんらかの影響を受けてしまっています。




そこで、最も体に良い影響を与える音は、


モーツァルトというのはもう以前から言われていますけれど、モーツァルトの楽曲は、


体に良い音波を与えるだけでなく、脳にもよい刺激を与える為


IQまで上がると研究結果でも出ていることです。


モーツァルトの楽曲は、他のクラシックと比べてみても、明らかにその違いがあるようです。


音の高低や、強弱の差が非常に大きい。これが、良いそうです。


そういえば、以前ピロシキを作る過程でモーツァルトを聞かせながら作っていた


お店を見かけました^^   そしてその音楽と一緒にお店の方がリズムよく生地作りを


されていたような・・・笑。  はじめは驚きましたが・・


こちらまで、笑顔になって見てしまいました。 

そして、見ているうちにピロシキを購入してしまいました。

お味のほうは、やはり?美味しかったです。笑*

話はそれてしまいましたが、目には見えない波長です。

日々聞いている音によって形成される何かって大きいように感じます。

なるべくなら、良い音楽に囲まれていたいなと思います。(´ー`)ノ


                                         いろあわせ

AD

葉加瀬太朗■VIOLINISM with Love

テーマ:
 アルバムが発売されました~♪毎年この時期になると待ち遠しくなる葉加瀬さんの新譜。
      
 待望のVIOLINISMシリーズ。今回のテーマは、‘親密感のある室内楽の世界’で、

ボサノヴァ・ジャズ・サンバ・ジプシー音楽・映画音楽などのミックスジャンル。

 

収録曲
1.ピアノ三重奏曲イ短調
1-1.第一楽章 深き
1-2.第二楽章 青の洞窟
 1-3.第三楽章 古典的な主題による楽しい変奏曲
 1-4.第四楽章 見果てぬ夢
5.ハウ・インセンシティヴ
6.太陽の子供たち
7.新世界のフェスタ
8.メドレー・オブ・モリコーネ
9.トゥッツィー・ウィッツィー
10.火遊び
11.カラー・ユア・ライフ
12.ジプシー風ロンド
13.愛のテーマ
14.ララバイ・フォー・ユー

メドレ-オブモリコーネ。葉加瀬さんのアレンジ演奏でまた新鮮な感じが

アントニオ・カルロス・ジョビンのハウ・インセンシティヴも。素敵です。

クラシックとポピュラーの接点を模索したらここにたどり着いたそうです。

今秋のコンサートはどんな風だろう。。おそらくいつもと一味も二味も違った感じになるのは確実。

今からもうワクワクドキドキです。楽しみ~。

じっくりじっくり聞き込んでいきたいです。 ^-^   

                                      いろあわせ                                     

AD

癒しの緑と音楽

テーマ:

緑は、疲れた目や身体に一番楽な色です。

緑と言っても黄みがかった緑・深緑・青みのある緑,,,と  

色々な緑が存在しますが、自然界の美しい木々や草花の緑は、

私たちにくつろぎを与え、癒してくれる色です。                        FROG  

仕事がデスクワーク中心だったり、目を酷使する人にとって特に欠かせない色だと思います。

出来るだけ身近にグリーンをたくさん取り入れた生活を心がけたいですね。
人は、緑を平和・安全のシンボルとして脳にしっかりと定着しているようで、

信号の進めや非常口の表示に使われている理由がここにあります。

非常口の色がもし緑じゃなく赤色だったら・・・きっとパニックに拍車をかけるでしょう。


●ジャケットもグリーンで癒し効果のある音楽♪の紹介

Traveling Notes   葉加瀬太郎 Traveling Notes

葉加瀬さんのヴァイオリンはクラッシックすぎないところが聴きやすい。

コンサートは非常に盛り上がり楽しい。


CASA FELIZ   柏木広樹 CASA FELIZ

柏木さんのチェロはいいです♪ヴァイオリンにはない、重厚感のある音色。

音楽も色も上手に付き合うと、素晴らしいパワーがもらえます。


                                     




アン・サリー

テーマ:

音楽は、とても心を癒してくれる日々に欠かせないものです。


耳から入ってくる音はとても大切だと思います。(聴くサプリメントです。)


その日の気分、体調や天候などで聞きたい音楽も様様。


今日のように朝から雨の降る日にはしっとりとアン・サリーを聴く♪


彼女の歌う声はとても心地よく、すーっと心に染み込んできます。


アン・サリーは歌手でありながら診療内科医でもあります。


人の病気を治す仕事 そして 人を癒す仕事。


この二つの仕事をこなすアン・サリーに魅力を感じます。 



     ann sally Ann Sally ・ moon dance &  Hallelujah


  世の中にはたくさんの素晴らしいアーティストがいますが、



 音楽にしても絵画にしても素晴らしいものを素晴らしいなあと素直に感じることの出来る心は、


 生きていく上で とても重要だと思います。(こころの栄養)



                                          せ●