人それぞれブルーアンダートーンイエローアンダートーン)に分かれるということは、


メイクカラーもそれに沿って大別することが出来ます。


そこで今回は少しメイクのお話です。


  ファンデーション選び・・


    春の人:イエローベースのオークル系 明るいベージュ

    夏の人:ベストなのは淡いピンク系、日に焼けている人でもオークル系のピンクがかったもの

    秋の人:オークル系 ベージュ系

    冬の人:基本的に黄みの少ない肌色なのでピンクオークル系


  アイシャドー選び・・

      

    春の人:ブラウン、ゴールド (くすんだ色は×)

    夏の人:ミディアムブルー、パープル (同系色のグラデーション)

    秋の人:ダークブラウン、ダークグリーン(深い色)

    冬の人:ブルーグレイ(より深くするためグレイ系の色にブラックを混色してもいい)

             

  口紅選び・・

         

   春の人:やわらかいオレンジ(アプリコット) コーラルピンク サーモンピンク 

    夏の人:ローズピンク(少し青みの入っているもの) ややくすんだレッドパープル

                     (オレンジ系やコーラルピンクは黄ばむので×)

    秋の人:ダークオレンジ(深めの色)

    冬の人:もともと青みのあるローズピンクやワインレッドなどのはっきりしていて深みのある色


  ☆口紅は唇に色が加わることによって対比が起き肌の色をより透明感のあるなめらかな状態]

に見せる効果があるので、顔色がどう見えるか にも大きく左右されます。



   の人のメイク*ゴールドやベージュに明るいオレンジやピンクを使い

ナチュラルで健康的に仕上げるのがコツ。


   夏の人のメイク*ブルーやパープルにソフトなピンクやローズを使い清楚に仕上げるのがコツ

 

   秋の人のメイク*深みのある渋めの色で大人っぽく。落ち着いた雰囲気でリッチに。


   冬の人のメイク*華やかでクールなメイク、ブルー系をベースに濃い目の色を選んでもok。


  ☆ 自身のアンダートーンとあったお化粧品はほんの少量で素敵に見せてくれます。



  物で溢れている今どんな物を選ぶにしても自分に合うものを探すのは至難の業ですが    

  私自身色について学ぶ前と今では、あらゆるものの見方が変わった気がします。

                                                          

  気にもとめなかったものに興味が沸いたり、今まで好んでいた色が苦手になったり・・

  色って本当に 楽しい♪                   いろあわせ

AD

今回は昨日の続きで、

4つのシーズンカラーのそれぞれの特徴を少し詳しく載せていきたいと思います。


まず、

(目の色の特徴)

 

 春カラーの人    ・明るい茶色、全体にガラス玉のようにキラキラした印象

 夏カラーの人    ・こげ茶で柔らかい感じ 目の印象はソフト

 秋カラーの人    ・濃茶でディープな印象  緑がかった目の人もいる

 冬カラーの人    ・瞳が真っ黒 あるいは暗いこげ茶 白目と黒目のコントラストがはっきり




(髪の色の特徴)    

 

 春カラーの人    ・明るく絹糸のような茶色、ソフトブラウン  髪質は柔らかい

 夏カラーの人    ・ソフトブラウン または ダークブラウン 黒いけど軽くて柔らかい

 秋カラーの人    ・チョコレートブラウン または ダークブラウン 黒くても赤みがある

 冬カラーの人    ・真っ黒で深くつやがある 赤みはない


(肌の色の特徴)   

 

 春カラーの人    ・アイボリー 黄みがかったベージュ  繊細で透き通った肌  頬はピーチ

 夏カラーの人    ・全体にピンクに感じられる肌  青白いくらいの肌  ブルーがかったベージュ

                頬は粉っぽい感じのピンク

 秋カラーの人    ・ダークベージュ  陶器のようにツルリとした肌  頬はオレンジ

 冬カラーの人    ・ブルーがかったベージュ  非常に色白 または オリーブ色から色黒タイプ

                頬はローズ


と、こんなにも細かく分類できるんです・・・

とは言っても

   なかなか素人の目では識別するのは難しいですよね(;>_<;)



つい最近、

カラーに関する書物を購入したんですがそこにシーズンカラーを芸能人に例えると、 

 というページがあったのでご紹介します。


  Example・・・


 春カラー    松嶋菜々子 菅野美穂 中谷美紀 矢田亜希子 伊東美咲 深田恭子

 夏カラー    深津絵里 水野真紀 紺野美沙子

 秋カラー    中山美穂 工藤静香 中村江里子 安室奈美恵

 冬カラー    山口智子 小雪 柴咲コウ 広末涼子 



  

こうやって、人には皆シーズンカラーがあって似合う色似合いにくい色があるなんて面白いですね(^o^)


自分の似合うカラーが分かれば、例え 今年は○○カラーが流行色です。

 なんてあっても

ついつい衝動買いすることはなくなりますね。


無駄使いしなくて済みそうです(^^ゞ


                                           いろあわせ


AD

私たちの周りにはいろんな色が溢れていますよね。

その全ての色について、アメリカのアーティスト ロバートドアーはどんな色にもブルーイエロー

アンダートーンがあると発見しました。 

 同じくアメリカのスザンヌケイギルは身体の色にもブルー系イエロー系があると説いています。


ブルーアンダートーンとは色のベースに青みを含んでいる。

イエローアンダートーンとは色のベースに黄みを含んでいる。


(例として、同じ赤でもポストの赤はイエローアンダートーン 赤ワインの赤はブルーアンダートーンです)


似合うカラーというのは、その人自身の持っている(目の色・肌の色・髪の色)アンダートーンと同じトーンの色であるということです。


更にこの2種類のトーンをシーズンカラーに分類すると


・春カラーの人(イエローアンダートーン) *明るい多色使いが似合う

・夏カラーの人(ブルーアンダートーン)  *淡い色・同系色のグラデーション

・秋カラーの人(イエローアンダートーン) *落ち着いた深みのある色・紅葉の色

・冬カラーの人(ブルーアンダートーン)  *黒・ピュアホワイトなどの無彩色や純色


  ☆上の4つのシーズンカラーに分けることが出来ます。

注)*は似合う基本的カラーです。シーズンごとに似合うカラーは30色程あります。

 統計的に冬カラーの人が一番少ないそうです。


私は色彩を勉強するまで黒は無難で合わせやすいカラーだと思っていたのですが、実は冬の人以外が着こなすのは難しいと知ってちょっとショックでした。(゚-゚)


ここで自身のアンダートーンがイエローなのかブルーなのかの見分け方として参考までに、

ある色を顔にあてると黄ばんだリ逆に青ざめたりする場合は自分のもつトーンと合っていないということが言えると思います。

トーンが合っていれば、顔が明るく元気に見えますよ。(^o^)丿

                                         いろあわせ



AD