2006年04月11日(火)

節約を意識して

テーマ:

最近、またアメブロが開きにくい時間が増えつつあるようです。

ご迷惑をおかけしておりますm(__)m


先日、引っ越してから初めてのガス代の通知がきました。

引っ越してから、ガスの会社も変わったし、

お風呂などに関しても使い方が変わったので

ガス代がいくらくらいになるか検討がつきませんでした。


でも、前の住まいに比べてガスを使う時間が少なくなったので

少しは安くなるだろうと思っていました。

ところが通知を見てびっくり!

引越しの時期が半端な時期だったので、今回は1.5か月分くらいの

料金ではありましたが、1ヶ月分に換算してもやっぱり高い!

夫婦2人で唖然としました。


過去にビーズ代に浪費してきた私でも、

生活費に関してはかなりシビアです。

電気代はかなり安く済んでいる上に4月から値下げだし、

水道代もそこまで高くないのですが、ガス代だけがやたらと高いです。
そこで、料理するときに、もう少し電子レンジを活用しようということになりました。


料理に関しては、だいたい適当につくるほうなので、

レシピ本などはほとんど買わないのですが、今回はとりあえず
こんな本を買ってみました。

電子レンジで作るおかず365日―決定版


この本はかなりたくさんの料理が紹介されているので、

ちょっと1品足したいときなどにも活用できそうです。

簡単なお菓子類も少し紹介されています。


昨日は、ぶりの照り焼きと野菜スープをレンジだけで

調理してみました。

量によってはもちろんガスでつくったほうが早いというものもあるので、

ガスとレンジをうまく組み合わせていきたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年02月02日(木)

待っていた本

テーマ:

どうにかオフの輪の作品提出を済ませ、

ほっとしています。

遅くなって、すみませんm(__)m

31日には作品ができあがっていたのですが、

写真を撮ったり、加工したりする気になれず

やっと今日作業しました。

それでも、どの写真も使い物にならず・・・

結局「これでいいや」って感じで提出してしまいました。

できあがりも不満足なままで、提出するのをやめようかと

思いましたが、これまた「これでいいや」と済ませました(^_^;)


最近ちょっと疲れ気味の中、注文していた本が2冊届きました。

1冊は持っていらっしゃる方も多いと思いますが、

↓の本です。

500 Beaded Objects: New Dimensions in Contemporary Beadwork (Lark Jewelry Book)

私の独断的評価:★★★★★


この本は、ずっと買おうか買うまいか迷っていたのですが、

とうとう買ってしまいました♪

これは、作品集といった感じの本で、レシピはありません。

が、その作品たちは、日本ではなかなかお目にかかれない

迫力ある作品たちです。まさに芸術です!

作品の種類もオフルームや刺繍、

ワイヤーワークと多岐にわたっています。

本の厚みもあり、見ごたえ十分です!

というわけで、5つ星評価にしました(^^)

私が過去に手をモチーフにした作品(テグス編みです)を

つくったことがありますが、この本にも手のモチーフの作品があって

ちょっと嬉しかったです♪

ちょっとだけ海外の方の感覚に近づけたかも、なんて思ってしまいました(^^)


もう1冊は、↓の本です。

Barbara Christopher

60 Crocheted Snowflakes (Dover Needlework Series)

私の独断的評価:★★★☆☆


これは、ビーズではありませんが、鈎針で編む

雪の結晶モチーフの本です。

私のお気に入りのDoverシリーズです。

ただ、この本は鈎針初心者にはおすすめできません。

日本の鈎針のモチーフの本は、編み図がとても丁寧ですが、

この本は、説明が英語のみで、図がありません。

そういうわけで星3つにしました。

でも、結晶モチーフはどれもかわいいです。


今日は、この2冊が届いたので満足でした♪

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年12月21日(水)

久々に本の紹介

テーマ:

寒いですね~


今日は展示会用品の片づけをしました。

でも、あまりの寒さと量の多さでなかなか進まず

結局全部終わりませんでした(-_-;)


年賀状も書かなきゃいけないし、

やっぱり年末はやること多いですね。

年末年始って面倒なことが多くて

あまり好きになれません(^_^;)


でも、今週は祭日がありますね♪

朝いっぱい寝て10時間くらい睡眠を取りたいと思います。

やっぱり睡眠が取れてないときは

肌がパサパサしてるし、ツヤもないんですよね。

もうそういう年齢になったんだと実感してしまいます(笑)


しばらく本の紹介をしていなかったので

ビーズではないですが、写真集を紹介したいと思います。

この本(↓)は、過去に友人からいただいたもので、

資生堂のウィンドウディスプレイがまとめられた本です。

30年間(’63~’93年)の中から選びぬかれた100点が掲載されています。

そして、写真の一つ一つが大きくて(もちろんオールカラーで)

贅沢な構成になっています。

何より、その100点の作品がどれも個性的ですごくかっこいいです!!

まさに私が好きな感じのアートの世界です。目標ですね。

行き詰ったときなどに、なんとなく眺めていると閃くことがあります(^^)

見てるだけで楽しい本です。

女性的なかわいさを好まれる方にはちょっと向かないかもしれません。。。

shiseido

Shiseido Window Art 100 1963~1993―資生堂のウィンドウ・アート

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年09月19日(月)

お買いもの

テーマ:

昨日は、主人とお買い物にいきました。

また、ビーズ屋さんと本屋さんをあちこち回りました。

いつも主人を引っ張りまわすので、帰ってきたときには

グッタリでした(ゴメンネ!)


本屋さんで、とあるファッション誌(↓)が目にとまり

それを購入しました。

普通のファッション雑誌はあまり買わないのですが、

この本はDIORやGAULTIERをはじめ、いろんな有名ブランドの

オートクチュールコレクションの作品が載っていて、

色彩や造形の勉強になると思って買いました。

私の中では、色の組み合わせを勉強するには、有名ブランドの

ジュエリーや服を見るのがいちばん実践的でいいかなーと思っています。

また、アクセサリーのデザインも斬新で見ていて面白いです。

洋書っぽいですが、日本語の解説がついているので和書です。


特に、DIORの作品は圧巻です!

色といい、形といい、素材といい、全てが美しくそして斬新です。

(表紙の作品もDIORのものです)

服でも何でもやっぱり芸術を感じさせてくれるものってすごいですね。


gap press

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年08月23日(火)

いいこと&いやなこと

テーマ:

今日は、だいぶん前に予約注文していた本が届きました(^^♪

   
Diane Fitzgerald
The Beaded Garden: Creating Flowers With Beads And Thread


この本は、またお気に入りの本に加わりました。

これ、かなりいいです!

オフルームで作るいろんな種類のお花が、

作図とともに紹介されています。

作図はカラーでとても見やすいです。

Diane Fitzgeraldさんのあの有名な「ROSE」も載っています。

そして最後のほうは作品集になっていて、これまた見ごたえ十分です。

今、すごくお花を作りたい衝動にかられています。



それと今日はちょっと愚痴・・・

上の階に住んでいる住人のことです。

今日はその上の階の人が引越し作業をしているのですが、

ベランダから、外にゴミを投げ捨てているのです。


私のアパートの裏側は草が茂っていて、

小さなゴミだと棄てても目立たなくなります。

最初は箱のようなものが降ってきたと思ったら、

次は、ベランダを掃いたものと思われる砂などのゴミ・・・(-"-)

しかも黒く細かい砂埃のようなものが、

私の家の中にまで入ってきてました(涙)

これって、文句を言いにいったほうがいいのでしょうか?

今までも「?」と思うことが多々あったので、

とりあえず引越ししてくれて良かったです。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年08月14日(日)

月光浴

テーマ:
ここ数日はビーズのほうは順調に進んでいます。
ただ、まだしばらくは作品UPができそうにありません・・・。
次回のオフルームの輪の課題「クロッシェ」も
早く手をつけたいけど、その時間がとれず
ちょっぴり焦っています(^_^;)

  

今日は好きな写真集の紹介をしたいと思います。
石川賢治氏の「月光浴」という写真集です。
これは7年くらい前に会社の先輩に見せてもらったのが
きっかけで買いました。

月の光の下で撮影された写真は、とても神秘的で
神々しさを感じます。
月光を浴びて、青白く光る花や滝は特に美しく
昼間に見ることができない自然の神秘の世界を堪能できます。
自然って、はかりしれない美しさがありますね。

自分がちょっと疲れてるときなどに
たまに開いて見ています。癒しの本でもあります。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年07月30日(土)

ジョン・アルコーン

テーマ:
    

   John


今日は私が好きなイラストレーターを紹介したいと思います。

タイトルに書いている「ジョン・アルコーン」氏です。


学生時代に、デザイン本がいろいろと欲しくて、

古本屋さんをめぐっていたときに、

ちょっと怪しげな古本屋さんで、

「アイデア」というシリーズ化されていた古本を見つけ、

そのシリーズの中から数冊買いました。

「アイデア」にはいろんなアーティストの作品が載っているのですが、

私が目を奪われたのは、ジョン・アルコーン氏の絵でした。


そして、また後日同じ古本屋にいって、

デザイン本のコーナーをじっくり見てみると

そのジョン氏の単独の本(アイデア別冊)があり、即購入しました。

それが写真左の本です。

彼の作品は雰囲気や色使いが独特で、

その個性的で不思議な世界に引き込まれました。

分かりやすいところで言うと、ジミー大西氏の絵と近い雰囲気があります。


今、私がビーズ作品でわりとはっきりとした色使いをするのは

ジョン氏の影響を受けているといっても過言ではないかもしれません。


で、写真右の本はというと、これは学生時代に

父からもらった、これまた相当古い本です。

父が若い頃から持っていた本なので、かなりの年代モノです。

しかも洋書です。発行年は書いてないのですが、

押してあるスタンプより、私が生まれる前であることは確かです。


この本は何も知らずに、「デザインが面白いな~」と思って

お気に入りの本だったのですが、数年経ってから

自分の好きな「ジョン・アルコーン」氏のデザインだったことを知りました。

そこで、私はやっぱりジョン氏の作品が好きなのだということを再認識しました。
でも、親子揃って同じ人の本を選んでいたというのは不思議ですね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年06月12日(日)

ビーズクロッシェ本

テーマ:
今日、注文していたビーズ本が届きました。
それと、5/18の記事 でビーズのお仲間のMadame Kyonさん
アメブロつながりのどんぐりんさん のお2人に教えていただいた本を
買いましたので、あわせて紹介したいと思います。

  

まず左側の本ですが、ビーズクロッシェの本です。
前にもビーズクロッシェの本を1冊買いましたが
こちらのほうが見応えがあります。
ビーズクロッシェというのは、鈎針と糸でビーズを
編みこんでいくものです。
でも、ただ糸にビーズを通して編むものとは編み方が異なり、
仕上がりはオフルームのように目が詰まった感じになります。

この本には材料や、基本のテクニックをはじめ、
たくさんの作品と作図が全てカラーで紹介されています。
洋書の中でも、特に見やすいと思います。
初心者でも十分理解できる1冊だと思います。

右側の本は、ナンシー関さんの「記憶スケッチアカデミー」です。
あるテーマ(ペコちゃんとか、小便小僧とかetc)に沿って、
記憶力に頼って書かれた絵と、その一つ一つの絵に対する
コメントが載っているのですが、絵もコメントもかなり笑えます!
電車の中では読めません(笑)

5/18のブログに書いているように、実際自分も記憶力絵心を
試しましたが、本気で書いているのに、冗談のような絵になってしまいます。
この本は人の記憶力って一体・・・と考えさせられる心理学的な
一冊でもあるような気がします。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005年05月21日(土)

オフルームの本の紹介②&和書紹介

テーマ:
今日は、またオフルームの本を紹介したいと思います。
それと、和書も1冊紹介したいと思います。

    


まず左側の本ですが、オフルームのブリックステッチについて
まとめられた本です。
内容は、ブリックステッチの歴史、基本的なテクニック、
ブリックステッチのグラフ、応用作品、ギャラリーなどです。
歴史に関しては、かなり長い英文なので、
詳細は分かりませんが、所々に歴史を感じさせる
素敵な作品も紹介されています。
基本テクニックには、ポイント部分に図がはいっているので
ある程度は解読できます。図も見やすいです。
減らし目や増し目、エッジのつけ方など細かく紹介されています。
応用作品では、ブリックステッチを使った作品の
作り方が紹介されています。ここでもポイントで図が入っています。
ギャラリーは、オフルームに興味がある方は是非見たほうがいいと思います。
本当に溜息ものの作品ばかりです。
薄くて小さめの本ですが、内容は盛りだくさんでお気に入りの1冊です。

右の本は、「おびどめ」という本なのですが、
その名の通り、帯留めの写真集です。
いろんな材料でつくられた帯留めが
1ページに1つずつカラー写真で載っています。
また、それぞれの作品が着物地の上に載せてあり、
写真がとってもきれいです。
見ているだけで楽しい1冊です。
日本の工芸の素晴らしさを感じさせてくれる1冊でもあります。
ビーズに携わっている以上、こういう伝統美に触れることも
重要視したいな、と思っています。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年05月15日(日)

オフルームの本の紹介①

テーマ:

今、コンテストの作品づくりをしていて、
ビーズ作品の写真をUPできないので、
しばらくはオフルーム関する本を紹介したいと思います。
私が持っている本の中から、
基本的な本から応用に至るまで少しずつ書いていきます。

今日は2冊紹介します。
オフルームの輪のメンバーの方や
最近オフルームに興味を持っている方は既に
購入済みだと思いますが基本的なものなので
紹介したいと思います。
 

  
左の本は、日本で初めて発売されたオフルーム専門の本です。
今までもペヨーテステッチやブリックステッチなどを紹介された本は
ありましたが、この本は基本的なステッチの方法が9種類、
目の増減の図などが掲載されています。
また糸処理や用具・材料についても
とても分かりやすくまとめられています。
洋書の良いとこどりの本だと思います。
「今からオフルームを勉強する」という方はこれから始めるのが
いちばんいいと思います。

左の本で、基礎的なものが勉強できたら、
一歩進んだ右の本をオススメします(洋書です)。
この本は、6種類のステッチで構成されています。
左の本と同じステッチもありますが、基礎を踏まえた上で
挑戦するとわかりやすいという作品が多いです。
カラー写真が多く、作図もとても見やすいです。
英文も多いですが、作図が丁寧なので、
それを見て作品をつくることは可能だと思います。 
また、参考作品もたくさん載っていますが、
これらは見ているだけで大きな刺激を受けます。
大胆で斬新なデザインが多数あります。
オフルームを更に深く勉強したいと思う方には
必見の1冊だと思います。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。