9月に入って台風ラッシュ

テーマ:
9月に入って台風ラッシュです。7月と8月は、あまり雨が降らず、ダムの貯水量等を気にしていましたが、9月に入っては、洗濯物に困る天気が続いています。

今回の台風は、珍しい進路も多く、北海道や岩手県で甚大な被害を生み出しました。また、広島県や宮崎県でも堤防が決壊する等、大きな被害が出ました。通常、台風のコースといえば、南側を通る沖縄、高知、徳島、和歌山等に上陸または近づくケースが多いです。

これらの県では、日頃から強風や大雨で慣れているせいもあり、大量の雨でも大きな被害につながらない場合が多いです。今後、都市部直撃の台風やゲリラ豪雨が起こる可能性が高く、10年とか20年以内に都市部で大災害が起こるのではないかと心配します。地球温暖化の影響で世界的に大干ばつや大豪雨等、異常気象が普通になっていると感じます。
AD
今朝、仕事をしようとパソコンを立ち上げ、まずは日課であるyahooニュースのチェック。

すると、大好きな「真田丸」のお父さん・昌幸ロスについての記事がありました。
そう、昌幸さんは、次回、亡くなってしまう予定なのです。
世間は既に昌幸ロスになっているのでした。

例年、大河は見ていないのですが、なんだか今年は三谷幸喜さんということもあり毎週欠かさず見ています。
ひどいときは、土曜日の午後の、いわゆる「後丸」(NHK総合の日曜日20時からのものが「本丸」。これに対してちょっと早いBSの日曜日18時からの「早丸」、おさらい的に次の土曜日の「後丸」)も見て復習してしまいます。

ああ、今度の回で昌幸も亡くなってしまうんだなあ、と寂しい気持ちになりながら記事を読んでいました。

記事には、今までの「真田丸」での亡くなった登場人物についての紹介があり、その度にロス現象が世間を賑わせた、と。
私も世間の皆さんの一部で、その度に悲しみに暮れた一人でした。
そして今朝のニュースを見ながら、そのときの悲しみを反芻し、
朝からひとりさめざめと涙したのでした…。
AD

生涯忘れられない人

テーマ:
それはまだ私が大学生だった頃のお話です。
彼との出会いは大学祭でした。友人に連れていかれた学祭で出会った彼はわたし好みの背の高いスレンダーな人でした。某有国立大学に通う名古屋出身の人で、大学のクラブでロックバンドもやっていました。当時私には同郷の先輩で気になる人がいたためそんなに彼の事は気にしていなかったのですが、学祭に連れて行ってくれた友人からその彼が私を必死で探している、と言われ意識し始め、もともとど真ん中にタイプの人だったので付き合い始めるのに時間はかかりませんでした。
お互いに一人暮らしでお互いの部屋を行ったり来たり・・当時は携帯も無かった為、会いたい時はよく彼の通つけのロック喫茶で待っていました。(昔はロック喫茶、ジャズ喫茶全盛だったのです)一緒に寒い冬の夜に歩くだけで幸せでした。
付き合い始めて2年が過ぎたころ、私の妊娠が発覚しました。悩みました。大好きな彼の子供だしどうしても産みたかったのです。でも彼は賛成してくれず、「どうせ俺たちは結婚するのだからそうなればいくらでも産めるじゃないか」という彼のことばを信じおろすことに・・泣きました。辛かった。でも彼の結婚という言葉を信じてたえました。
ところが退院して(4か月過ぎていたので入院が必要でした)しばらくたっても彼からの連絡は途絶えたまま、会うことができず、やっと会えたと思ったら「以前のようにお前と向き合えない」と言われ、結局別れることになりました。
辛い思い出ですが、今までの恋愛の中で生涯忘れることのできない大恋愛でした。
AD

心配されるコミュ力

テーマ:
私自身、LINEってやってません。
Twitterはやってるんですけど。

家族は24時間通話もメールも無料だし、特に他に、そこまでして繋がっていたい人なんていないですよ(笑)。

まあでも、学生ともなると少し事情が変わるようです。
少し前に10代の子にLINEについて聞いてみたら、やりたくないけど友達に誘われて断れないんだそうです。
断ると「面倒な人」って思われるそうです。

あー、聞いている方が面倒になってきますよね(笑)。
誰かに気を使いながら、やりたくもないことをやっている。
そしていつの間にかずるずるとやっている・・・

そういうものなんですね、今どきの子たちのコミュニケーションって。
本来は、やりたくない子も多いのかなって思うと、何だか不憫に思えました。