12月18日にラクロス全日本選手権 決勝戦が江戸川陸上競技場で行われました。

男子決勝は慶應vs.ファルコンズ。

ファルコンズは全日本選手権8連覇中の絶対王者。

対する慶應は18年ぶり6度目の日本一を狙う挑戦者。
2年ぶりにこの決勝の舞台に戻ってきました。
今年の慶應は例年以上に個々の力が強いチームでした。



慶應OBのファルコンズATミキスケくんは全日本クラブ選手権決勝で腕を怪我したそうで欠場だと思っていましたが、先発出場したので驚きました。
大舞台ですので、きっとテーピングで固めて強行出場したのでしょう。



試合は開始10秒でファルコンズ本下くんがランシューを決めました。
慶應OBに活躍されると困りますね…。

0-2とリードされてから慶應の反撃が始まりました。
慶應AT9番野上くんのジャンピングクイックシュートが炸裂しました。



しかしファルコンズも追加点を決め、再び2点差に。

その後、慶應9番野上くんが豪快なダイビングゴールを決めました。
再び1点差に。



第1Qは2-3で終了。
しかも慶應がマンナップの状態で第2Qが開始。
いきなり慶應が同点ゴールを決めたかに見えましたが、無情のノーゴール判定。

すると慶應に傾いていた流れが一変し、ファルコンズへ。

慶應も何本もいいシュートを放ちましたが、ファルコンズゴーリーのナイスセーブの前に得点を阻まれます。



結局、ファルコンズに3連続ゴールを決められ、スコアは2-6へ。

ファルコンズMF松下くんに豪快なミドルシュートを何本も決められてしまいました。



しかし、第3Qは再び慶應が流れを取り戻しました。
慶應9番野上くんがこの日3ゴール目を決めました。



さらには慶應51番仁熊くんのゴール裏からのダイビングゴール。
そしてマンダウンからの速攻で慶應8番大坪くんがゴール。

第3Q終了時点で5-7と点差を2点に詰め、最終4Qに望みを繋ぎました。



いよいよ勝負の第4Qが始まりました。

先にどうしても得点したかった慶應でしたが、ここでゴールを決めたのはファルコンズ。
5-8となり、ここから流れは一気にファルコンズへ。

ボールを二人かがりで奪いにいく慶應ですが、ファルコンズのカウンターに合い、失点を重ねてしまいました。

これで勝負あり。
最後まで懸命に戦った慶應でしたが、ファルコンズの前に5-12で破れました。

18年ぶりの慶應の日本一はなりませんでした。



最終スコアは離されましたが、内容的には過去最もファルコンズに肉薄していたと思います。

オフィスだけでなくディフェンスのレベルも高いチームでした。
ゴーリーはまだ大学2年生という若さにも関わらずスーパーセーブ連発でした。

日本一になる力を持っていたチームだったと思いますが、やっぱりスポーツの世界は厳しいですね。




でも、学生日本一、全日本選手権準優勝という結果には胸を張って欲しいです。

4年生は本当にお疲れ様でした。
来年、3年生以下の後輩がきっとこの舞台に戻ってきてくれることでしょう。

その時こそ江戸陸で勝利の若き血を歌いたいですね。




MVPは4ゴールを決めたファルコンズの松下くん。
VPは3ゴールを決めた慶應の野上くんが受賞しました。

今年も全日決勝5ゴールの記録は破られませんでした。
タイ記録を持つファルコンズのミキスケくんとSNS上で喜びを分かち合いました。(笑)
私のはレトロ記録ですが。






この日、江戸陸に集まった慶應1992年卒メンバー。↓

25年前の慶應が全日本選手権で初優勝をしたメンバーです。(上は1991年の全日本選手権初優勝のチーム画像)

ブンジとモモは試合会場にいましたので撮影できず。
カンタ(右端)は高級革ジャンを着ていました。昔はMA1かスタジャンだったのに。




その後、一之江二郎で残念会を開催しました。(笑)





許せないことに麺大盛は売り切れ。
仕方ないので小ダブルを食べました。
量が少ないのでスープまで完飲しました。
美味かったけど。



一之江二郎残念会メンバー。↓
ただし、1991年当時のもの。(笑)
私はわかると思いますが、他の二人は何番かわかりますか?(笑)


AD
慶應ラクロスにとって今年の全日本選手権は21回目の出場になるそうです。
これは最多出場記録です。

2009年から始まった全日本大学選手権により、関東学生リーグからは優勝チームしか先に進めなくなりました。(2008年までは関東学生リーグの上位2チームが全日本選手権に出場できました)

そういう意味では、全日本選手権への出場ハードルはかなり上がったと思います。

慶應は私が大学4年生だった1991年(第2回大会)から2008年まで18年連続で全日本選手権に出場していました。

しかし、2009年以降は、2012年と2014年のみの出場にとどまりました。
そして今年、2年ぶりの出場となりました。

本日、大井第2球技場で行われた男子準決勝は、慶應(学生一位)とスティーラーズ(社会人二位)の対戦となりました。
2012年の準決勝も同じ組み合わせでした。(このときは慶應が勝利)
4年ぶりの再戦となりました。

いよいよ試合開始。
最初はスティーラーズがボールをキープする時間が長かったのですが、慶應がファーストシュートを決め先制しました。




第1Qは4-1とリードします。
慶應AT陣は井上くん、野上くんの力強いゴール。
そしてMF山田主将のキレのあるランシューが決まりました。



第2Qはしばらく両チームとも無得点の時間が続きますが、慶應がさらに追加点を決め、6-1とリードを広げて前半が終了。

慶應はシュートチャンスをしっかり決めるのに対し、スティーラーズは決め手がなくやや混乱しているように見えました。



第3Qも差を広げ、いよいよ最終4Q。
スコア差はありましたが、スティーラーズは追い上げに定評があります。

最終4Qはお互いに点の取り合いになりました。



スティーラーズ主将の健くんは次々と凄いシュートを決めました。
バックシュートやダイビングゴールという魅せるゴールでした。



この試合で一番強烈だったのが、慶應AT9番の野上くんの第4Qのゴール。
この試合3ゴール目だったと思いますが、左上から一人で中に持ち込み、スティーラーズDF陣の隙間を突破して叩き込んだゴール。
あれは世界に通じるプレーかと思います。



13-7で試合終了。
慶應が見事に勝利し、2年ぶりに決勝進出を決めました。




若き血を熱唱。
次の江戸川陸上競技場でも歌いたいです。



慶應ラクロスOB(オジサン組)も大喜び。
次の全日本選手権決勝にはたくさん集まることでしょう。




試合後に慶應AT9番の野上くんと。
ラクロスは大学から始めたそうです。
そして左利きだそうです。
私と一緒ですね。(笑)

慶應ATからは井上くんが既に日本代表入りしてますが、野上くんの日本代表入りは十分に期待できますね。
あの突破力、決定力は日本代表の武器になると思います。



野上くんには、25年前に慶應が全日初優勝を飾り、MVPになったのは私だとアピールしておきました。(笑)
とてつもなくレトロ過ぎる過去の栄光について。



そう言えば、ハーフタイム中にスタンドにいたファルコンズのミキスケくん、モトシタくんと全日決勝での個人ゴール数ネタについて話しました。

25年前の全日決勝で記録した私の個人5ゴールはいまだに抜かれておりません。
しかし、2年前にミキスケくん、リョウスケくんに並ばれました。それまでの23年間は誰にも並ばれませんでした。





今年の全日決勝はどうなるのでしょうか。

個人ゴールについては、私は慶應AT野上くんか井上くんが個人6ゴールを記録するのではないかと期待しています。
是非とも記録を塗り替えるくらいゴールを決めて欲しいです。

そして何よりも慶應の18年ぶり6回目の日本一を切に願っています。
頑張れ慶應ラクロス!

なお、翌日のもう一つの男子準決勝ではファルコンズ(社会人一位)が神戸大学(学生二位)に17-1で圧勝し、決勝進出。
慶應の相手は全日8連覇中の絶対王者ファルコンズに決まりました。

最高の相手ですね!

AD
今日は第8回全日本ラクロス大学選手権の決勝でした。

会場は駒沢オリンピックスタジアム。
とても立派な会場です。

男子決勝は慶應vs.神戸。
過去7回はいずれも関東代表と関西代表の顔合わせ。

しかし、それ以外の代表も年々力をつけています。今年の準決勝では東海代表の名古屋大と東北代表の東北大が大健闘しました。

いつまでも東西対決が当たり前というわけではない感じがします。(女子では東海代表が決勝に進んだことがあります)







神戸OBの高瀬くんに久々に再会しました。
FBではよくやり取りしますが、リアルに会うのはかなり久々でした。
20数年前のJAPANの関西遠征で大変お世話になりました。(高瀬部屋は関東のラクロッサーに重宝されていました、笑)



いよいよフェイスオフ。



フェイスオフは神戸に取られるものの、慶應ゴーリー杉本くんのナイスセーブが連発し神戸に得点を許しません。

一方で慶應の強力アタック陣は着実にゴールを重ねました。

井上くん、野上くん、仁熊くんの三人は強烈ですね。
誰からでもゴールが奪える感じでした。
ゴール裏からの力強い1on1は個人的に大好きなプレーです。



第1Qは4-0。
続く第2Qも慶應がゴールを重ね、4-0。
前半を8-0で終えました。



今日は安心して観ていられました。





後半は慶應のメンバーが変わったこともあるかもしれませんが、神戸も落ち着いてきたようにみえました。
ようやく神戸が反撃開始となりましたが、肝心の場面でクリアミスを何度もしてしまい、ゲームの流れを引き寄せることはできませんでした。



個人的には神戸AT19番のゴリゴリ1on1が好きでした。あと一工夫あれば、さらに化けるタイプだと思います。
我々の時代で言えば、早稲田の和泉選手に似た感じのプレーヤーでした。

後半はお互いに得点を重ねる展開となりました。

試合は13-4で終了。
慶應が三度目の大学日本一に輝きました。
これで優勝回数は早稲田と並んで最多タイとなりました。





MVPは慶應ATの仁熊くん。
おめでとう!



大学日本一、本当におめでとう!







アンダーアーマー製の優勝Tシャツを買いました。







帰りに優勝Tシャツを着たまま目黒二郎へ行きました。
小ダブルなのに麺量がメチャクチャ多くてビビりました。
ラーメンの汁をTシャツに飛ばさずに完食できました。(笑)





いよいよ来月からは社会人代表を加えた全日本選手権が始まりますね。

頑張れ慶應ラクロス!
1998年以来となる六度目の日本一へ!
AD