新浦安しんもり整骨院 入船院 リハビリケアセンター

・プロスポーツトレーナーのいる整骨院
・スポーツマッサージ、骨盤調整、はり、リハビリ、トレーニング など
・肩 こし ひざ 首 背中 しびれ 足首 など
・交通事故 むちうち 専門治療
・美容鍼、リフトアッププログラム


テーマ:
しんもりです
 
アメリカ アリゾナにて解剖実習にて学んだことを書きます
冷凍保存されたご献体を、自分でメスを握り解剖させていただきました
 
◾️◾️◾️一番衝撃だった筋肉は、「大腰筋」
ー理由は
・太い
・長い
・腰椎にかなり強固にくっついている
・股関節にも関節包の前面に広範囲に着く
 
ーイメージしたこと
・上半身と下半身をつなぐかなり強い筋肉
・走る際にももを引き上げる影響大の筋肉
・腰痛、股関節痛に関与大
 チーターの走るフォーム
 
◾️◾️◾️大腰筋の役割
ー股関節屈曲 と 外旋
 
ー機能低下すると
・ダッシュ力の低下
・階段が登りにくい
・腰痛  など
 
◾️◾️◾️障害例
ーサッカー グロインペイン(鼠径部痛症候群)
ー変形性股関節症(特に 女性圧倒的に多い)
ー腰椎分離症
                   など
◾️◾️◾️大腰筋の柔軟性 筋力強化の必要性
ー上記のように、解剖して見た瞬間に
アスリートならここを強化することが非常に重要と
直感
 
ー一般の方でも、股関節の変形(特に女性)は多く
まだ、アスリートにも大腰筋が絡んだ怪我が多く
トレーニングする必要ありと考える
 
◾️◾️◾️スクワットにて、大腰筋 と 大殿筋を同時に鍛える
ー大腰筋肉離れのリハビリをした際に、
 スクワットのするとかなり、大腰筋がストレッチされ
 痛みが出た
 
ースクワットは、加賀さんのスクワットのフォームでやった場合に
 ストレッチ痛が出て
 他のフォームでやっても痛みは出なかった
 GS Performannce 加賀さんのブログ
 
ーつまり理にかなったフォームでスクワットをすると
 エキセントリック→ アイソメトリック→ コンセントリック
 と一貫して、大腰筋を効率良くトレーニング可能なんだと実感した
 
ーつまり、フォームによっては、大腰筋の負荷は逃げていて
 もったいない
 
ー股関節屈曲してるのに、大腰筋がストレッチされるの??
 って疑問に思うが、大腰筋は腸恥隆起部にて、小転子に向かって背側に
 向かっている。つまり、恥骨を支点にして前方凸の形をしている
 
 お尻を後方に突き出し、上体の前傾を抑えるフォームでスクワットをすると
 恥骨を支点にして、腸腰筋は伸張しているとイメージする
 (単純に、上体の前傾を維持するために、筋収縮しているのか。。痛みの感じ方はエキセントリックの痛みに感じた。この考えは要検討。。)
  
ースクワットのボトムポジションでは、腸腰筋は、股関節安定のために
 働く。特に、股関節内転させ、さらに内旋しすぎないように筋力を発揮
 していると感じる
 
ーOKC の腸腰筋エクササイズは色々あるが、CKCでのエクササイズは
 スクワットが適している(フォームが大切だが)
 
ースクワットのフォームで、殿筋が弱く、腰部背筋が弱いと
 腰が曲がり、腸腰筋は短縮し、力発揮しにくい。
 殿筋と背筋を強化し、骨盤前傾を維持できることで
 腸腰筋の機能は高まると感じる
 
ー大腰筋は、関節包にも付着しており、付着部分は腱組織であり、周囲には
 脂肪も多く固くなりやすい。鍼治療やマッサージにて、外部からの刺激を入れて
 柔軟性を確保する必要性を感じる
 
超音波エコー画像
image
 
◾️◾️◾️まとめ 
・解剖により一番衝撃を受けたのは大腰筋
・大腰筋の柔軟性 筋力の強化はパフォーマンスアップに重要
・強化には、スクワットが効果的
・スクワットはフォームが大切
・鍼治療やマッサージを定期的に行う必要性あり
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

新浦安しんもり鍼灸整骨院 入船院 リハビリケアセンターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。