IRASの窓

第2次スーパーカーブーム世代IRASの、平凡だけどお子ちゃま要素一杯の日々の雑談です

平凡会社員IRASの

お気楽、テキトー人生日記


息子が小学校の間にスーパーカーに乗る!

が現在最大の人生目標


クルマ家族空想に満ちたブログです^^

よろしければお立ち寄りください。



テーマ:

その昔、遠い世界のどこかで定義された月の暦。1年は12の月。365の日。

それが人の営みの単位。その積み重ねが人の生きた証。

 

そんな与えられた時間軸の上で、生き、生かされている僕達は、"昨日"と何も変わらない、だけど"昨日"とは何一つ同じじゃない"今日"の始まりに「新年」というかりそめの意味を持たされ、全ての数字がリセットされるその瞬間、自分の目の届かないどこかで確実に起きている不幸には知らないフリを決め込み、何を疑うこともせずに・・・こう言うのだろう・・・

 

あけましておめでとう」・・・と。

 

昨日の苦悩はきっと今日もそのままで

今日の後悔は紛れもなく明日も続くというのに・・・

 

そして・・・

そんな時の流れに、僕達は何一つ抗らうことなんて出来ないことを・・・

もうずっと・・・知っているというのに・・・

 

 

こんにちわパー

年末年始、ネットTVの無料放送で「新海誠」作品にどハマりし

42にもなって中二病 ・・・IRASです顔

 

いやー顔 俺みたいな単細胞はああいうアニメ観ちゃダメですね(笑)

新年早々、危うく職場の上司に 「心が・・・・もう心が・・・偽りだらけの自分を許してくれそうにありません・・・」 とかワケの分からん電話かけて仕事辞めるとこでしたわ顔あぶねー超あぶねー

 

さて、皆さん。

改めまして門松・左新年あけましておめでとうございます門松・右

戌年でございます!ゴールデンレトリバー 間違いなくいい年になるでしょうグッド!(←超がつく猫嫌い)

 

昨年は、大切なチンクエチェントを泣く泣く手放しなくNO CAR, NO LIFE を自称するおっさんにとっては痛恨の1年になってしまったが、健康面でも厄明けまであと一歩というところで手術したり、検査であれこれ引っかかってみたりと、人生を考える場面の多い1年でもあった。

 

そんな1年を経て、今年2018年のあいらすの抱負は・・・

最小限の後悔で「」を生きる

 

アニメに感化されて、年甲斐もなく四半世紀も前の青臭い記憶に思いを馳せたついでに中二病風に言わせてもらうなら・・・(でも、実際に見舞われているのは中年病・・・顔わ、笑えねぇ・・・

 

 

人はこの世に"生"を受けたその瞬間から、いつか来る最期の「その時」に向かって歩いてゆく―

それは、明日かもしれないし、10年後かもしれない。

・・・でも、誰にも等しく「その時」はやって来る―

 

そして、時計の針が止まる側にしろ、その針が止まる瞬間を見守る側にしろ・・・別れの水際には必ず・・・「後悔」がつきまとう・・・ふと気が付けば、巻き戻せない時間へのやり場のない怒りが心を・・・縛る。

 

もっとああしておけばよかった・・・

こんなことならあの時こうすればよかった・・・

気が付いた時には、もう全てが遅すぎるのに―

 

人はなんて愚な生き物だろう・・・

そんな当たり前の、誰もが知っているハズのことを、何故かたやすく忘れてしまう・・・

最も忘れてはいけないことから順に、人は見失ってしまう・・・

何よりも大切なものは、ずっと自分の目の前にあるというのにね。

 

いくつかの別れを経験して・・・

何度か別れることを覚悟して・・・ようやく僕はそのことを思い出す。

何故忘れていたのか、いつから忘れていたのか・・・もう分からないけれど。

 

だから、僕は・・・決めたんだ。

どんな時間を歩もうとも、どれだけの迷いを重ねようとも

必ず、「その時」に後悔の念が残るというのなら・・・

それを最小限にする生き方を、一瞬一瞬をつなぎ合せようと。

 

毎朝の、おはよう。

いつもの、いってらっしゃいのハイタッチ。

会話の中の、ありがとう。

そして、また会う約束の、バイバイの笑顔。

 

そのどれもが

もしかすると、最期の一言かもしれないから。

もしかすると、最期のぬくもりかもしれないから。

一瞬一瞬を、ただ真剣に・・・真剣に・・・真剣に・・・

 

難しい心理学的なことは分からないし

単に考え過ぎなのかもしれないけれど

どうしようもなく身勝手な自己満足なのかもしれないけれど

そうして1分1秒をギュッと握り締めてゆくことで、少しでも後悔が少なくなりますように―

 

そんな気持ちでふと目を開き耳を澄ますと

なんだか瞳に映る見慣れた日常の景色も、人生を刻む針の音色も変わった気がする。

楽しい時も、悲しい時も、腹立たしい時も・・・

全てに意味があり自分にとっては価値のある1ページに思えて来る。

今まで目の前に立ち塞がっていた壁が、ほんの些細なことにも思えてくる。不思議だけれど。

 

(そうか・・・そういうことだったのか・・・)

 

まだ会ったこともない誰かが住むどこかの町の上から流れて来た白い綿雲が、青い海原を漂うようにゆっくりと、自分を育んでくれた両親が今も暮らす故郷の空の方へと去っててゆくのをじっと見送りながら、僕はそんなことを思った―

 

 

的な感じです(笑)

いや、歳とって身体のあちこちにガタが来ると、人間色々考えるもんですな顔

特に元来気の小さい俺みたいなザコキャラは・・・汗いやお恥ずかしい・・・

 

ともあれ。という訳で2018年IRAS

遊びも仕事もメリハリつけて常に楽しみながら頑張りたいと思いますヤッホー

 

ここ数年はなかなか一緒にお話する機会もなかったクルマつながりの皆々様とも、今年はどんどん絡んで愛車トークで盛り上がりたいヤッホーと考えてますので、もしお邪魔でなければお相手お願いします土下座

 

ま・・・・愛車ありませんけどね。顔に縦線2(爆)

 

皆さんにとっても、今年一年が実り多き幸せな一年となりますように!お願い

 

いざ!2018年、開幕!クラッカー

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

歳をとればとるほど一年が短くなり、ただ今、俺の感覚的にはせいぜい280日くらいふっ

だが、そんなおっさんのどうでもいい体感はともかく、2017年は容赦なく今日で終わり。

 

そんな2017年、あいらす的 "今年の一字" は・・・・

 

新年早々、これ以上ないくらいのおみくじ結果で、てっきり今年は美女諭吉が群がる悪代官みたいな一年になると信じ心の準備は常に万端だったのだが、いざフタを開けてみれば・・・

 

アテにしていた石油が自宅の庭から湧くことはなく

財政難から家族の一員だったチンクエチェントとお別れ・・・・なく

 

春先から息の長~い原因不明の発熱に悩まされ

人生初の手術で長年連れ添った身体の一部とお別れ・・・なく

 

ついこの間まで仲良かったハズの上司と部下の骨肉の確執の間に挟まれ

何故か何もモメてなかった俺がどう考えても完全なもらい事故上司の信頼とお別れし・・・なく

ついでに、部下の下克上ストレスに敗れ心を病んだ上司と組織的にもお別れし・・・なく

 

嫌だ嫌だという魂の叫びにも全く耳を傾けてもらない職場で

強制的に論文・面接を課され忙しいフリしてサボる日々ともお別れし・・・なく

 

あんなにプクプクで真っ白だった息子の顔もすっかりニキビだらけになり

戦いごっこでも普通に会心の一撃を喰らいなけなしの父の威厳ともお別れし・・・なく

 

とにかく色んなモノを失い倒した、2017年なく

(ちなみに、財政再建のため通勤快足号アテンザワゴンとも来夏でお別れ決定・・・ううっ...

詐欺まがい・・・いや、もはや悪質な詐欺以外の何物でもないおみくじy’sを販売した奴らは全員消費者センター直行決定だんー

 

 

来る2018年がどんな一年になるのかわかりませんが

色々な意味で人生の一つの変化点となる年になりそうな予感ムムム

 

皆様、今年も一年大変お世話になりました土下座

ここ数年は、かクルマ関係で九州の皆様とカラむ機会もなかなか作れてませんが

来年はなんとか仕事を後回しにして、是非もっとお世話になる一年にしたいと思いますニヤッ

まあ、それ以前にカラむための愛車がないんですけどね!笑・はっはっは!笑ろとけ!笑ろとけ!

 

皆様、よいお年をお過ごしくださいニヤッ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(輸入車編のつづき)

 

さっきの駐車場の件でをもお分かりの通り、広島や北九州で懐かしいビンテージな国産車が集まるとあっという間に昔やんちゃやってた人(そして、実は今も丸くなったつもりでいるだけの人)のOB会になるのがオチなのだが、何故かあまりバイオレンスな雰囲気にはならないのがこの岡山ノスタルジックカーフェスティバルのいいところぶ~ おかげで懐かしい幼少期のモデルに因縁つけられる覚悟をを決めることなく近づける登場

 

 

そして、21世紀とは対照的に昭和になると俄然存在感が際立つのが、今や完全に"やっちゃってる"日産で、中でもスカイラインは最大勢力。新旧モデルがズラリと並ぶ眺めは壮観そのもので、高校の頃に憧れ*んまそう・・・当時は(将来絶対乗ってやる!)と思ってた(まさか日産車を乗り回しにくい仕事に就くとは思いもよらず・・・)黒のトミーカイラR32*カオ

 

 

新車から乗り続けてこのクオリティっすか!がーん マジですか!? なんて素晴らしいお方なんだ・・・なく 日本の古き良き自動車文化はこういうオーナーさん達のおかげで後世へと受け継がれて行く。

 

 

昭和スカイラインといえば絶対欠かせないハコスカGT-Rも、今回は前を御開帳で見事なモノを堂々露出*カオ いや、なんか誤解を招く言い方になったけど、変な意味じゃなくてピカピカのエンジンをね・・・顔 普通に走ってる時はともかく、停めてても他人には見えないこういうところにも金をかけてこだわるのが、ちょっと排気音が五月蠅いくらいで人を暴走族扱いするババぁには決して理解することのできない、クルマを愛する者の粋って奴だニヤッグッド!

 

 

そんなスカイライン一族の中で今回の最長老が、初めてイタリアンデザインを採用した国産車として有名なジョバンニ・ミケロッティデザインのプリンス・スカイラインスポーツのコンバーチブル。イタリアンというよりもアメリカンな香りが随所に漂ってる気がするのは俺だけ?ムムム 特徴はチャイニーズ・アイと言われた釣り目のフロントマスクだが、今こんなの出した日にゃあ 「中国人蔑視だ!」 と大炎上メラメラすることは確実である顔 それでもクーペと合わせても総生産台数わずか60台!*カオ  今となっては知る人も少ないマツダ・クレフのさらに10分の1といえば、その貴重さがお分かり頂けるだろう。

 

 

レアという意味では、このフェアレディZ432総生産台数419台というから、こうしてじっくり観察できる機会は超貴重なのだが、いかんせん幼少期から母の洗脳教育を受けて来た俺にとって、"S30"="母の元カレのクルマ"顔 いやもう、マジで息子にとってはどうでもいいんすよね・・・「金持ちのボンボンが私にゾッコンでから・・・ニヤッ」 とかいう場末のホステスみたいな親の武勇伝とか・・・。まあ幸い、俺にはそんな語る武勇伝そのものがないから安心だグッド!

 

 

しかし、そんな"昔はいいクルマ作ってた"日産勢の中にあって、個人的に一番胸アツ恋の矢だったのは、トミーカイラの隣で並々ならぬオーラを放っていた名車イノウエヨースイ。当時はどこか大柄な親父クルマに見えてたが、今ではその微妙なスポーティ感と重厚感のバランスがこの上なくしっくり来る。それだけこっちが親父になったってことか・・・

 

 

元気でーす。( ̄▽ ̄)超ナツい!

さすが!オーナーさんはよーく分かっていらっしゃる。このクルマを語るのに余計な言葉は不要。 「やっちゃえ」なんかより何倍も秀逸な合言葉合格 昔の日産はCMも冴えていたグッド!ニヤッ

 

 

今回、そんな役者揃いの日産の陰に隠れがちだった東海の雄トヨタ軍の総大将は、もちろん稀代の名車2000GT。日本の自動車史に燦然と輝くボンドカーだが・・・・007シリーズなんてほとんど観たことないし、ガンダム世代にとっては地味な鉄人28号みたいなもんで正直イマイチ感動が薄いというか何というか・・・ムムム ただ、プレートを見る限り、どうやらこれは数年前に大阪のG-LIONミュージアムで見たあの個体*カオいや、お元気そうで。お変わりないようで何よりです。

 

 

そんなわけで・・・"女性は160以上、クルマは4000未満"が信条な俺としては、むしろ、こちらのトヨタ・スポーツ800の方がかなり欲しい*んまそう・・・いや、マジで欲しい*んまそう・・・本気で好きなドキドキ数少ないトヨタ車である。最近、どこぞのメーカーの排ガス偽装工作がバレたおかげで一気にEV化の波が押し寄せつつあるが、リーフみたいなドンガメは願い下げでも、ヨタハチの電動機置換なら是非乗りたい*カオ いや、ぶっちゃけその手のビジネスは今後一気に増えると思うけどね。

 

 

それ以外では、このイベントでは毎度お馴染みMUGEN CR-Xが相変わらずGOODグッド! 昭和のクルマ作りはやっぱり遊び心に溢れている。昨今、若者のクルマ離れが叫ばれ、おかげで苦労の割にはなかなか賃金壱萬円も上がらない人生だが、今みたいに右も左も全部地球連邦軍機みたいなラインナップじゃ、そりゃ興味もなくなるムムム 求めているのは、ガンダムモドキではなく、差し色の如きズゴックでありケンプファー!*カオ ちなみに俺はサザビーが好きだ!ニヤッ

 

さほど広くもないコンベックスの会場の真ん中で一人、拳グーを小さく振り上げてみたところで今回のノスタル・フェスは終了フラッグ 今年も、受付が地元のおばちゃんだったり、BGMが天城越えだったり、駐車場含めて素朴なクルマ愛に溢れた時間を満喫しました。もう歳も40超えると、このくらいの規模がいいねフッ東京ビッグサイトとか絶対無理やわ顔遭難する。

 

 

せっかく岡山まで来たので、ちょっと足を延ばして昼食は息子との約束通り問屋町の「GREEN DAYS」へ走る もう何度もお邪魔して味もサービスも店の雰囲気も文句なしなのは確認済だが、相変わらず毎度チャレンジングなのはその高さ顔 しかも、今回は何故か俺のだけ積み上げに失敗したようで、「スイマセン、ちょっとバランスが・・・・・・」 とおねーさんが持って来てくれた時点で既にピサの斜塔がーん

 

2口目でめでたく倒壊しました死…死ぬ!

 

とはいえ、家族3人でいいクルマ見て美味しいもの食べて最高のリフレッシュ*

2017年のクルマイベントも岡山遊びもこれで締め。

 

来年2018年が、よりクルマと食を楽しめる1年となりますように・・・・。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。