自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相、無所属の平沼赳夫元経済産業相らは5日に都内で新党結成に向けた準備会合を開き、結党メンバーや新党の名称、基本理念などについて詰めの調整を行う。新党は政党要件を満たす国会議員5人で8日にも旗揚げする見通し。夏の参院選での民主党勝利を阻むため、比例代表や東京選挙区を中心に候補者擁立を目指す。
 与謝野氏は4日のフジテレビの番組などで、結党時期について「今週中」と明言。結成の趣旨に関しては「今のままいくと、衆参両院で民主党が過半数を取る。健全な批判勢力を参院に構築することが日本の民主主義のために大事だ」と強調した。
 新党は与謝野、平沼両氏が共同代表を務め、公職選挙法上の代表は平沼氏となる。さらに自民党の園田博之前幹事長代理、藤井孝男元運輸相が参加する見込みだ。与謝野氏は「まだいる」と述べ、5人確保は確実との考えを示した。先に同党を離党し、新党参加が取りざたされる鳩山邦夫元総務相については「平沼氏が5日か6日に会い、いろいろ話し合う」と語った。
 新党には、昨年の衆院選で落選した自民党の元議員らが加わる可能性があるほか、石原慎太郎東京都知事の関与も指摘されている。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<ロールケーキ>ロールケーキ「お役所仕事」、17日発売 鳥取県伯耆町(毎日新聞)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
<橋下知事>豊中市長と“和解” 大阪空港跡地利用で協議へ(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「地域の力」結実 公衆トイレ完成 三重・伊賀(毎日新聞)
ツイッターで拉致問題関心喚起=「意見広告7人の会」が1日から(時事通信)
AD