東京都中央区の晴海ふ頭に寄港中の世界最大級の帆船「日本丸」で15日、マストにセールを張る展帆作業が行われ、真っ白な帆を広げた優雅な姿が披露された。

 東京港の開港を記念して毎年5月に開催されているイベント「東京みなと祭」の一環で行われた。日本丸は、独立行政法人「航海訓練所」(横浜市)が運航する練習船で、全長約110メートル、メーンマストの高さは約50メートルと、帆船としては世界最大級。その勇壮な姿から、「太平洋の白鳥」などと称されているという。

 展帆作業では、実習生らがマストに上り、手際良く帆を広げると、集まった人々から大きな歓声が上がった。

【関連記事】
日本丸が進水80周年 「太平洋の白鳥」に飾り
日本丸のペーパークラフト教室、参加者募集
海王丸、米西海岸に到着 咸臨丸渡米150年を記念
帆船「あこがれ」で上海万博へ 大阪市、親善大使の高校生募集
龍馬ゆかりの鞆の浦、海援隊知らしめた沈没事件 

民主、HP解禁案を提示=ネット選挙で各党協議(時事通信)
中3女子生徒が自殺か「友達ができない」(読売新聞)
もっちり食感がたまらない 米粉パン じわり人気(産経新聞)
自転車で携帯、70歳が「ぶっ殺す」と脅す(読売新聞)
宮崎の口蹄疫、家畜の殺処分11万頭突破へ(読売新聞)
AD