民主党の川上義博参院議員は22日、都内で開いた自身の会合で、永住外国人への地方参政権付与法案について「閣法(政府提出法案)でいく大方針だが、これが放棄されたら議員立法で提出し、ガンガン議論できるよう準備している」と述べ、独自に法案を用意していることを明らかにした。

 この会合で国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は、参政権法案について「賛成しない。巨大な民主党といえども(国民新党の反対で)成立させることは絶対できない」と強調。千葉景子法相が推進する選択的夫婦別姓制度導入を柱とする民法改正案についても「身も心も一緒になりたいと結婚するのに、姓が別なんておかしな話はない。国民新党が(連立から)さようならと言えば法案は通らない」と反対した。

<普天間移設>「ベストを探す」首相が強調(毎日新聞)
Aiの保険収載を望む専門医が75%―救急医学会(医療介護CBニュース)
<敦賀原発>1号機の6年間運転延長了承へ 福井県知事ら(毎日新聞)
<労働者派遣>改正法案妥当の答申出す 労働政策審(毎日新聞)
北陸大教授の解雇無効=学部再編で授業廃止-金沢地裁(時事通信)
AD