日本弁護士連合会は14日、生活保護の支給基準を緩和し、受給者に自家用車の保有を認めるよう求める意見書を厚生労働省に提出した。かつては「ぜいたく品」とされたテレビやエアコンの所有は認められるようになっており、日弁連は「今や自動車も生活必需品。車を保有すること自体が最低限度の生活の保障や自立助長になる」としている。

 厚労省の基準は、障害者が通院で必要な場合などを除き、生活保護受給者の自家用車保有を認めていない。意見書は、約8割の世帯に車が普及していると指摘。保有を原則として認めるよう求めている。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
日弁連:オウム捜査公表を批判
司法修習生:無給あんまり 日弁連が対策本部
日弁連:新事務総長に海渡氏 福島消費者相の夫
警察庁長官狙撃:日弁連、オウム捜査公表を批判
司法修習生:無給あんまり 金持ちしか法律家になれない? 日弁連が対策本部

「宮崎牛」種牛は避難、移動制限区域内だが特例(読売新聞)
<窃盗>和菓子80個盗み、40個食べる 熊本(毎日新聞)
糖尿病治療題材に寸劇 医師らの本音、黒子が代弁(産経新聞)
日米合意出来れば首相の進退問題なし…下地氏(読売新聞)
子宮頸がん ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原(毎日新聞)
AD