仙谷由人国家戦略担当相は20日、国家公務員制度改革に関し「民間(企業)でいう希望退職のような制度をつくる必要があるかもしれない」と述べた。公務員の人件費削減や人事停滞を防ぐ狙いとみられる。
 仙谷氏は「公務員制度改革を考えるとき、民間がどうなりつつあるのか、そこが一番の前提にならなければいけない」として、民間企業を参考に新たな制度を検討する考えを示した。視察先の香川県直島町から岡山県玉野市に向かうフェリーの上で記者団に語った。 

【関連ニュース】
NPOへの出向活用へ=国家公務員の退職管理
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止
スト権付与も検討=国家公務員の労働基本権
国家公務員、採用4割減に=早期勧奨退職廃止で
統計業務の半減を提言へ=渡辺総務副大臣

鳩山邦夫氏、与謝野元財務相らと短時間会談(読売新聞)
<科学技術政策>東大など9大学長が提言(毎日新聞)
昨年衆院選、名古屋高裁も1票の格差「違憲」(読売新聞)
「生方氏、解任ではなく交代だ」…民主執行部(読売新聞)
<福島党首>国会同意人事案に署名「反対だがやむをえない」(毎日新聞)
AD