衆院で審議拒否してきた自民党は24日夜、高校授業料無償化法案などを審議入りする本会議設置を委員長職権で決めた松本剛明衆院議院運営委員長の解任決議案を提出した上で、25日から国会審議に復帰する方針を固めた。谷垣禎一総裁は25日午前の党臨時役員連絡会と記者会見で審議復帰についての考えを説明する。

 自民党は、21日投開票の長崎県知事選と東京都町田市長選で支援した候補が当選したことを受け、民主党の小沢一郎幹事長らの証人喚問などを求め、22日から衆院で一切の審議を拒否してきたが、わずか3日間でピリオドを打つことになった。

【関連記事】
公明党が鳩山政権ににじり寄り 首相も秋波 露骨な自民離れ
個所付け 思惑絡む公共事業予算配分
小沢氏が波紋呼ぶ発言「考えるところある」
自民、審議拒否の方針を確認 午後の本会議も欠席
民主系敗北 喚問拒否は民意に反する

大仁田氏落選も参院選でリベンジ みんなの党と連携も視野…長崎県知事選(スポーツ報知)
<訃報>平野忠昭さん68歳=元宇部興産専務(毎日新聞)
全日空 定期点検怠り欠航 羽田-三宅島など(毎日新聞)
あす男子フィギュア 関大コンビに「金」期待(産経新聞)
<雑記帳>ゴリラの熱中症対策 神戸市立王子動物園(毎日新聞)
AD