参院選に向けて準備してきた民主党の立候補予定者の中には、鳩山由紀夫前首相らと写ったポスターの取り換えなどに追われる陣営も。突然の首相交代の余波が広がっている。

 静岡選挙区から出馬予定の中本奈緒子氏(31)の事務所=浜松市中区=では5日、窓や壁に張った中本氏のポスター8枚をはがし、下3分の1にはさみを入れた。「鳩山由紀夫」「小沢一郎」の名前と2人の写真の部分を切り離し、中本氏の名前と写真だけの小さくなったポスターを張り直した。公募組の中本氏を「2人目の候補」として擁立することを決めたのは小沢氏。スタッフは「鳩山さんと小沢さんが辞めたのは残念で仕方ない」とポツリ。

 一方、菅直人首相の地元・東京選挙区から3選を目指す小川敏夫氏(62)は、菅氏を「東京の顔」として、2人並んだポスターを作製していた。事務所は「何も変えなくていい」と「予想的中」に胸をなでおろしている様子。

 神奈川選挙区で5選を目指す千葉景子前法相(62)の陣営は、選挙運動用法定はがき7万枚余に「法務大臣」の肩書を入れて印刷を済ませてしまった。留任の見通しだが、陣営関係者は「様子見の段階」とやきもきしている。【仲田力行、田村彰子、木村健二】

調理従事者3人からもO157=生徒5人感染の高校―三重(時事通信)
<鳩山首相>方向性打ち出せず 言葉濁す民主議員(毎日新聞)
次男を11日間トイレ監禁、食事は食パンと角砂糖 母と交際相手を逮捕 (産経新聞)
自民、首相問責決議案提出へ…社民にも呼びかけ(読売新聞)
東京・日本橋兜町の覆面強盗で共犯の男逮捕 警視庁(産経新聞)
AD