お砂場実験、モザイク遊び等_3歳7ヶ月

テーマ:
昨日は久々に晴れたので、お布団や洗濯物を外に干したり、遠出のお散歩をしたりと気分爽快な1日でした太陽

数日前に、増税前に購入してあったホワイトボードを漸くリビングに設置したのですが、それがきっかけで娘がモザイク遊びをする機会が増えました。
{E08E75B2-42EB-4448-9636-BBE115A7F1C6}
{72895F95-60BD-4411-A97F-19D27BB39232}
これまで使っていたA3サイズのホワイトボードだとダイナミックに遊べないせいか、2年近く前に作ったカラーマグネットが殆ど陽の目を見なかったのですが、これを機にカラーマグネットを使った遊びが増えていくと良いなと思っています。

その他、昨日のあれこれを下記します。

1お砂場実験
娘と近所の公園で遊ぶ時はお砂場で色々な実験をしているのですが、昨日は同じくらいの大きさの山を2つ作り、流れる水の強さによって砂の削れ方がどう違うのか観察しました。
{7A4F8B9A-F4F4-43B3-99B2-43923BCF2C0A}
その後は恒例のお砂場&水遊びに突入し、「ここは露天風呂温泉」と言って掘った穴に入り、泥水まみれになっていました 苦笑

2算数(分解&合成、100玉そろばん、点描写)
3国語(音読、運筆)
4知能(めんたるぷれい)
年中No.9-1 図形で関係を集中思考する
年中No.9-2 記号で関係を評価する
年中No.9-4 概念で体系を評価する
5英語(Raz-Kids、WKE)
6巧緻性(はさみのワーク)
AD

絵本記録(2016.9)

テーマ:
前回の記事以降、図書館で借りた絵本の記録です(個別の記事にリンクを貼った絵本は割愛)。

本物の大きさが分かる図鑑の水族館版は、小学館と学研の2社から出版されているものを借りていました。
小学館の図鑑NEO 本物の大きさ絵本 原寸大 すいぞく館/小学館
¥1,620
Amazon.co.jp
ほんとのおおきさ水族館/学研マーケティング
¥1,620
Amazon.co.jp

どちらも娘たちと眺めながら大盛り上がりでした(下娘もなぜか大興奮 笑)爆笑キラキラ
私が子どもの頃と違って図鑑も種類が沢山あり、買い始めるときりが無い(苦笑)ため、図書館も上手に利用しようと思っています。

海つながりで、2冊目はこちらです左下矢印
海のなか のぞいた (福音館の科学シリーズ)/福音館書店
¥1,296
Amazon.co.jp
読んでいる自分自身がまるでシュノーケリングしているかのような感覚を味わえる絵本でした。

『地球のかたちを哲学する』は、様々な時代/色々な国の人々の地球のイメージを仕掛け絵本で見せてくれます。
地球のかたちを哲学する/西村書店
¥3,024
Amazon.co.jp
受験的には殆ど何の役にも立たない知識ですが、空想や想像の世界で遊ぶ時間は年齢問わず貴重で、特に子ども時代に大切にしてあげたいことの一つなので、その意味でお勧めの絵本ですグッ

地球繋がりで、ブロ友さんがお勧めされていたこちらの絵本左下矢印も借りています。
ちきゅう/偕成社
¥1,512
Amazon.co.jp
公転、自転、四季などを分かりやすく解説している絵本です。

『ほしにむすばれて』は、谷川俊太郎さんによる詩的な文章のみならず、挿絵も素敵でした。
ほしにむすばれて (えほんのもり)/文研出版
¥1,404
Amazon.co.jp

その他、以下の絵本も借りていました。
『スズムシくん』は、図鑑+αのスズムシに関する学びがあり、お薦めです。
また、『ちいさいしょうぼうじどうしゃ』は、火事の際の消防士の仕事が分かりやすいお話になっていて良かったです。
スズムシくん (福音館の科学シリーズ)/福音館書店
¥1,296
Amazon.co.jp
ぼくとおかあさん (くもんの絵童話)/くもん出版
¥1,404
Amazon.co.jp
たろうのともだち(こどものとも絵本)/福音館書店
¥864
Amazon.co.jp
ちいさいしょうぼうじどうしゃ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)/福音館書店
¥972
Amazon.co.jp
それ いけ しょうぼうしゃ (講談社の翻訳絵本)/講談社
¥1,680
Amazon.co.jp
きょだいな きょだいな (こどものとも傑作集)/福音館書店
¥972
Amazon.co.jp

『おにぎりぱくりん』は、今西祐行さんによる食育絵本です。
おにぎりぱくりん―おいしいおにぎりをたべるには/全国学校給食協会
¥922
Amazon.co.jp
来年は田植え&稲刈体験をしたいと思っているため、その導入を兼ねつつ、毎日当たり前のように食べているお米は農家の方の大変な苦労を経て食卓に並んでいることを娘が少しでも理解出来たらと思って借りました。

『しずくのぼうけん』左下矢印は、水蒸気になったり、凍ったりと水が様々に変化する様子を物語にしているのですが、リズム感の良い翻訳の文章の上手さもあり、娘から何度も「読んで!」リクエストがありました。
しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―ポーランドの絵本)/福音館書店
¥972
Amazon.co.jp

ネタばれになるので詳細割愛しますが、『光の旅 かげの旅』は、青山邦彦さんの『だまし絵だいく』とも少し繋がるところのある絵本です。
光の旅 かげの旅 (絵本の部屋―しかけ絵本の本棚)/評論社
¥1,404
Amazon.co.jp
『地球の形を哲学する』同様、こういう絵本に触れているとモノの見方が柔軟になる気がします。

『しんせつなともだち』は、『どうぞのいす』に近い印象を受けましたが、小さい子どもに読んであげたい良書です照れ
しんせつなともだち(こどものとも絵本)/福音館書店
¥972
Amazon.co.jp

妖怪が出てくるけれど、怖さは無く楽しいのがこちら左下矢印
めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)/福音館書店
¥972
Amazon.co.jp
うちの娘は絵本や人形劇のフレーズを覚えていて日常生活の中でよく使ったいるのですが、先日私が娘に小言を言ったら、「それを言ったらおしまいだー!!」と返されまして・・・。
笑いそうになるのを堪えながら「何、それ(どういう意味?)」と聞いたら、この絵本からの借用でした (深い意味は無さそうでホッとしました 苦笑)。

紙芝居は以下4冊を借りています。
タポちゃんのたび (しぜんといきもの 第 1集)/教育画劇
¥1,625
Amazon.co.jp
{88E04DED-C74B-419D-9E18-61C3F7ACAEAC}
『はるまでまってごらん』以外の3冊は、1歳後半から楽しめる内容&文字量かと思いますウインク
AD

ORT vs Raz-Kids (ORTモニター vol.2)

テーマ:
**********
Annie Books様よりORT教材モニターのご依頼を頂いたため、3ヶ月間協力させて頂くことにしました。Annie Books様は幾つかのモニター形態をお持ちですが、私は商品勧誘は行わず、純粋にORTの使用感をレポートさせて頂くという条件で参加しています。従い、以下の記事も特定のショップや商品をお勧めする主旨ではありません。万が一この記事をお読みくださった方とショップとの間にトラブルが発生した場合であっても責任は負いかねますこと、予めご了承頂けますようお願い致します。
**********

本日2本目は、Annie Books様のORTモニター2回目の記事です。
 
音読教材ということで、今回はRaz-Kidsとの比較で書いてみようと思うのですが、その前にORTの利用状況について簡単に。
ORTの教材は娘の手の届く棚にいつも置いてあり、特に娘はストラップの付いたリーディングペンがお気に入りなので、一日当たりの利用時間は短いものの、ほぼ毎日触れています(ORTに関しては、私からの働きかけは行っていません)。
{60944D80-882D-45A8-8573-041890607DDE}

Raz-Kidsと比べてリーディングペン付きORTの良い点として感じるのは、以下3点です。

○(まる) (我が家が利用しているのはStage2なのですが、)入門レベルでも会話文が多く含まれている。
⇒Raz-Kidsはaaを行っているのですが、会話文は出てきません。「耳を鍛える」ことに軸足を置いている我が家のおうち英語では私から英語の語り掛けを行っていないので、会話文も含む様々な英語に触れることが出来るのはありがたいです。


○(まる) 文章や単語を一つずつ録音して聞ける
⇒特に単語を録音して聞くことが出来る機能は娘が遊びの延長でよく使っています。Raz-Kidsは一冊の絵本を丸ごと音読&録音する形式で使うことが想定されていると思うのですが、ORTの場合、下の写真のようなセンテンスをヒアリング&録音することが出来ます。
{A88968E2-DA8C-49D4-A7E6-3721995F43D6}
Pros/Consは裏返しの関係でもあるため、通読するのを録音出来ないというのはこれから先、もしかするとRaz-Kidsと比べて物足りなく感じる点になるかもしれませんが、今の娘のレベルだとこの機能は重宝していますし、フレーズを丸っと覚えるのに役立っています。

○(まる) 会話文毎に音声が違う
⇒例えば夫婦の会話であれば、母親は女性、父親は男性の音声になっています。これはRaz-KidsにもCTPにも無いORTのユニークな点であるように感じています。短いドラマを聞いているようで楽しいです。
 
モニター2ヶ月目の感想はざっとこんな感じです。

様々なヒアリング&音読教材があって、それぞれ善し悪しある訳ですが、絵本とリーディングペンの組み合わせで使えるORTは、私が下娘の絵本の読み聞かせをする際にも実は使い勝手が良かったりします。

英語に限らずですが、それぞれの教材の良い所を組み合わせて活用していけたらと思っています。
AD