一風父ちゃんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
今年は春先から陽気が進み、仕事が間に合っているのかいないのか実感出来ないまま来週から、桃・なつみらいの収穫が始まります。昨年より1週間も早い出荷になります。そのほか今畑ではりんごの仕上げの摘果が始まりました。春先の凍害によりりんごのくぼみにサビ(私達はツルサビと詠んでいます)が多くサビのないものを選ぶのに苦労してます。最後はあきらめ全てがサビありと思いながら仕事をしています。巨峰は摘房・摘粒が終わり防菌・防虫・農薬による汚れ防止のための袋掛けをやっています。日本の農産物は商品化がすすみ出来たものをただ提供するのではなく品揃えが一番問われます。農業技術も全てそこに集約され昔の㌘売りの品物と違いそれは見事な出来映えです。そのために過度な農薬散布だったりキズもの変形したものは排除されます。同じく手をかけたものが見てくれで差別化される、日本文化美しい日本の変形がこんなところから生み出されるのかもしれません。人間の有り様が意識を規定しています。日本らしい憲法を唱える方々は意識を変えるために条文の見直しに拘るのではなく、日本らしさの崩壊は私達の過ぎた日常生活・経済生活にあることをもっと認識してもらいたいものです。明日はいよいよ参議院選挙の投票日、また過日のイギリスのEU離脱の是非を問おう国民投票のその後の混乱ぶりを見るに付け、改めて民主主義とはなにか私達に問いかけられたような気がします。私は民主主義の根本にあるものは哲学的・認識論的には不可知論の立場にたっているように思います。天上天下唯我独尊を語る仏陀は人間の不可知性の立場から己に拘るのではなく中庸に生きる大切さを唱えているように思えてなりません。小説「鬼平犯化帳・剣客商売」で知られる故池波正太郎は著「その男」の中で「日本人というのは、白と黒の区別があっても、その間の色合いがない。白でなければ黒、黒でなければ白と、きめつけずにはいられないところがある。しかし人の世の中というものは、そのように、はっきりと何事も割り切れるものではない。何千人、何万人もの人びと、みなそれぞれに暮らしも違い、こころも体も違う人びとを、白と黒の、たった二色で割り切ろうとしてはいけない。その間にある、さまざまな色合いによって、暮らしのことも考えねばならぬ。・・ましてや、天下をおさめる政治なら尚さらのことだ」とかたってます。民主主義はただ対立をあおるのではなく両者折り合いどこに求めるのか考えなくてはならないような気がします。憲法改正を心にもちながらも語らない、社会保障の財源をかたらないで選挙目当ての増税延期、それでは折り合いのつけどころがありませんが・・政治が政治家のものとしてかたられると見えないものが多くなって来るように思えます。世の中政治家の計らいで動かされるのはたまりませんね!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年初めての梅雨模様です。柔い雨が渇ききった地面に染み込んでいきます。最近のドカ雨は地を潤すより、殆どが渇いて固くなった地面を洗うように流れていきます。それが昨今の梅雨の風景です。なにもかもが「柔」から「激しく」に変化しています。「諸行無常」変化を当たり前と割り切るのか、「昔は」と愚痴っぽく振り替えるのか、私は限られた自然環境を未来の世代ために、出来るだけ緩やかに変化するように愚痴を通したいと思います。物事を論理的に考えるには演繹法(前提された命題を経験に頼らず結論を導きだす)と帰納法(個々の具体的事実から命題を導きだす)があると若い頃学びました。しかし科学が進行した現代は演繹法より帰納法的思考が重視されてます。「天上天下唯我独尊」仏陀は私達が見える世界は真実そのものではなく、個人個人の目線と語って個にこだわる事を諌めています。人の認識には限界があるにもかかわらず、現代は見せかけの帰納性を重んじるあまり、真実を想像する思考演繹性が観念的と疎んじられているような気がします。かって仏教家は、この曇り多い梅雨の時期を、煩悩に振り回され満たされない人間社会にダブらせ、天気に関わりなく雲の上で照らしつづける太陽を「煩悩に振り回されるあらゆる人々を救いとる阿弥陀物の誓願の光り」にたとえ、人々がその状況を何時気付くのか、感じられればもっと楽に生きれるのにと話します。物に満たされていても満たされていると感じられない今の心を見つめる時としたいと思います。想像が渇いた心を梅雨のように潤してくれるかもしれません。安部首相は、日本の繁栄は人々の物欲を満たすことばかり、それを補償するために海外に出かけてまで戦う集団的自衛権を主張する。又経済環境の悪化(伊勢島サミットとではリーマンショック以来と見解を述べたが他の首脳からは異論が出たと言われてます)?とかで3党合意の消費税増税を再度延期、本来なら再度延長で消費税増税がはたして必要な事なのか問うべきなのに、再延長した安部首相の決断を問うと全くちんぷんかんぷんの選挙理由、国民はなにがどうであれ増税には反対なんです。私には選挙目当て話しにしかおもえません。選挙上手?な安部政権を私達はもっと創造性を膨らませながら眺めたいものです。久しぶりの水分補給で、畑の作物ばかりではなくあらゆる緑が色合いを濃くしてます。また耕運された畑の株間には一気に細かな草が素麺立ちに顔を出してきています。苦労の始まりなんてすが、私達命の源である植物達の勢い回復を歓迎?したいと思います。まあ今年は「あまりにも悟りきった事を」言うとからかわれても恐れず観念の世界をさ迷ってみたいと思ってます。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
例年になくりんごの木の小枝の吹き出しが良く、外から見るとりんごの木全体がこんもりと丸く盛り上がっているようです。風が吹く度ゆさゆさと巨体を揺らしています。今年は暖冬で生育が進んだために、4月中頃の寒波でりんごの花芽への被害が予想以上に大きく、結実不足で養分の消費が抑えられ、りんごの木が活気付いたのです。今畑では摘果作業の真っ最中です。いつもなら落とすことが中心ですが、今年は残す事が第一義です。樹勢を落ち付け来年の花芽を確保するために、果実の良し悪しよりも付ける事が優先されるのです。今日は久しぶりの雨ふりですが、畑の土ぼこりが舞わない程度で(我が地域では埃じめしと言ってます)、春先からの雨不足解消とはいきません。それでも作物が太陽の光を受け生き生きと輝いています。太陽と根から吸い上げた水から自らの命を生み出してる植物にとっては、正に水が命と感じさせられます。他の命を犠牲にして生きる動物と違い、植物の生き生きとした姿は我々の世界の永続性を感じさせてくれ気持ちが落ち着きます。都会の苛立ちは緑不足と関係あるのかもしれません。霞ヶ関で農を語る人間にこの感覚を感じてくれれば、農を成長産業へなんて言う発想は浮かばないのですがね。「無量寿」本来永続的で幸せに満ちたこの世界を、幸せと感じきれない自らの心の有り様を問わないで、果たして人間社会の幸せを追及できるのか?持続可能な成長論議は真逆な方向に向かっているとしか思えません。「天上天下唯我独尊」お釈迦様は一体我々に何を問いかけているのだろうか?成長成長・俺が俺がと唱える人間社会に謙虚さをもとめているように思われます。成長の裏で税金逃れを考える心が問われているのです。グローバル経済は誰のため?日本経済の行き詰まりを近視眼的な財政出動で乗り切ろうとするサミットでの安部首相、各国の思惑で一層の混乱を産み出さねばと願うのみです。今は外向きの議論よりも内向きの議論を、大よりも小を問うときと思うが如何に?
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。