一風父ちゃんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
大雪で中断していた剪定ですが、時間に急かせられるように再開しました。高いところは2メートル近いハシゴを使っての作業です。急にハシゴの足が雪の中に沈まないないように安定させるのに一苦労です。私が農業をはじめたころは、降る雪も軽く吹けば飛ぶような実体に感じられたモノでした。しかし昨今の雪は地球温暖化現象のせいか水分を多く含み、木々に積もった雪は強風が吹いてもなかなか落ちません。夜中に畑を見ると木に積もった雪はまるでモンスターが何匹もノソッと立っているようでビックリさせられます。そんな積もった重い雪でりんごや桃の太い幹が裂けたり枝が折れ、次年度の始まりだけに気持ちが削がれます。我が家の桃は樹齢30年、なかなか状況を確めため畑に出かける気持ちになれません。折れてしまったものは仕様がない「楽が一番」と「諦め」の決心がついたとき出かけようとおもってます。年寄りの農業には本当に「楽が一番」なんですが何時までも欲望に振り回されている自分がいます。またところによってはブドウ棚が雪の重みで潰れているのも見かけます。支えている鉄のポールが曲がり一面たいらになっているブドウ畑を見るにつけ他人事ながらウンザリしてしまいます。今年は何を思ったのか(神のおつげけいじ?)、正月が明けると混んだところの枝を切っておいたので、我が家のブドウ棚は難を逃れる事が出来ました。神?の加護に感謝感謝です。それでも今年は2月半ば過ぎると一気に春がやって来て、一気にこの大雪を溶かし春が早いとの長期予防がだされてます。昨年同様春先の冷温の被害が心配されますが、自分の力らでは自然現象をどうすることもできません。しかし今世界を震わせている「トランプ旋風」は皆が声を上げれば、止める事ができないが弱める事ができます。トランプ大統領は就任するやいなや、公約実現と「中東7ヶ国の入国禁止令」と「メキシコとの国境の柵建設令」を発表し世界を混乱させています。それらの地域の実体を何も検証しないまま「悪の枢軸」と断定しての大統領令です。親鸞は「嘆異抄」の中で「人間は他の命を奪い自然を犯さずには生きられない存在である悪人」と言っています。誰かが悪人なのではない自分含めて人間自身が悪人なのです。俺が俺がの「が」ではなくおかげさんの「げ」で謙虚に生きよと諭しています。しかし私達人間は「煩悩(むさぼり いかり おろかさ)」に振り回され益々「悪」を拡大しているのが現実です。この事は社会を仕切る施政者にとって、何時の時代でも大きな課題であり、宗教・道徳・倫理などで社会の混乱を鎮めようとしてきました。地域のそれぞれ在り方・歴史によって、経済の発展で解決しようとする動きと別に、さまざまな国々が存在しています。経済優先の自由主義社会と違いイスラム教・キリスト教等宗教の教えを信じる者にとっては戒律の中での自由であり、それは個人の存在そのものです。また宗教国家にとって国家基盤そのものです。自由主義貿易体制の障害と、単純に自由主義社会の論理を強制することは個人の否定であり国家の否定です。私達の自由主義の押し付けに正当性があるのか、私は疑問に思います。力を盾に強く押せば押すほど反動として過激な対抗(テロ)の論理の正当性を与えているように思います。本来宗教そのもには虐殺の正当性は書かれてないのだと思います。現世に生きる人間の都合です。かの大戦で日本は神のために命を捧げよと多くの若者を戦争にかりたてました。五穀豊穣を願う庶民の心に寄り添う「日本神道」に人を殺す正当性が一体どこに書いてあるのだろうかしりたいものです。感情にまかせず互いの違い認める事・融和が人類の発展であり真のグローバルリズムと思います。今日本には日本文化を知りたくてたくさんの外国人がやって来ています。まさにこの多様性を求める人々の心がグローバルリズムです。グローバルリズムここにありです。政治は片方の論理に与するのではなく、両者の違いの中に接点を見つけ事が使命と思ってます。そう意味では「アメリカファースト」を掲げるトランプ政治はビジネスであって政治ではありません。確かに一極集中のアメリカ貿易は異常です。日本企業も利益第一主義でアメリカにこびるのではなく、格差でもがく若者世代のためにも日本社会発展にもっと目を向けてもらいたいものです。真のグローバルリズムを目指すためにも、グローバルと言う言葉に足をすくわれないように、まず確りと自分の足元を固め「日本ファースト」と行きたいものです。安部政権はさかんにアメリカとの同盟を強調します。それが謂うグローバル社会に向かってのステップなのか疑問です。旧社会党がかって「全方位外交」と唱えてましたが、これこそがグローバルリズムを目指す外交の本質だと思います。今グローバルよりも日本の有り様が問われてます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。本年も「一風父ちゃん」の訳のわからない?ブログをよろしくお願いいたします。本年は積雪10㎝寒さもピリッと刺激的で穏やかな始まりでした。しかし先週末の、ここ数年来最大級の寒波到来で一気に積雪が1㍍、街の中は雪の要塞で囲まれています。道の除雪も厚目で雪が緩んでくると道が波をうっているようで、車で走るとガタガタとハンドルを取られそうになります。昨年の気象を予防官は「変」と表していましたが、今年はその前に「激」と付け加わらない様に願いたいものです。でもこんな厳しい生活も、北国に生活にするものにとっては当たり前の事で「ちょっと過ぎた」なと言う感じです。かえって年初の「穏やか」の状態のほうが気になります。昔から「大雪」は豊作の吉兆と言われ、水源地である山に潤いをもたらし春の雪融けが里の作物に栄養を届けます。自然の中で生活するものには何事もほどほどにが一番です。しかし国土全体にまで都市化のすすんできた日本では何事も目先の効率が優先、自然と共にいきる「共生」という言葉がどんどん失われていくようなきがします。人間にとっての究極の効率化は自然との一体化と思うのですが、人間の本性とは真逆のことです。ただ常に新しさを求めてつきすすむのでく、先人が心情としていた「身土不二」「温故知新」に心向ける余裕が今の日本に求められているように思います。かってJR日本のコマーシャルに「狭い日本そんなに急いでどこに行く」とありましたが、グローバルグローバル一辺倒の安部首相は、我々国民を一体何処に連れて行こうとしているのか気になります。昨年末に先の大戦の開戦のきっかけとなった日本海軍の奇襲地ハワイの真珠湾を訪れ、「融和と不戦の誓い」を誇らしげに語りました。その舌の乾かないうちにフィリピン・ベトナムに出かけミサイル・巡洋艦供与の話し、安部首相の演説には常に主語が抜けています。誰に対してへの「不戦の誓い」の発信だったのか本心をひた隠しです。同じタイプでもトランプ氏とは随分違いますね!でも2人の戦争もい問わないと意気がる国にはなりたくないものです。今畑では年始の穏やかな陽気につられて例年より早く剪定が始まったのですが、この大雪で一休みです。でもブドウの剪定を早くやったぶん棚の上に積もる雪が少なくちょっと一安心です。陽気につられてよかった、何事も転ばぬ先の杖と行きたいものですが・・皆様のご多幸と平穏を祈ってます!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
冬将軍からの威嚇の一発はあったものの無事リンゴ「ふじ」の収穫が終わりました。周りの園でも収穫がどんどん進み、里の風景は賑やかさから一気に冬モードで、さみしさが漂い始めています。今年は暖冬で異常に生育が進み、リンゴ りんごの花芽が膨らみ始めた4月半ば頃に異常低温がやって来て、花芽が凍害に遭いその後十分な受粉が確保できず異常な状況での出発でした。そのために収穫されたリンゴりんごは大小不揃でサビ・変形の多いリンゴりんごです。リンゴりんご生産者にとっては、凍傷害に遭いながらもよく頑張ってくれたリンゴりんごという思いがありますが、「食べ物」というより「商品」という物流の世界では結果が全てです。「私食べる人私作る人」自然を共有する意識がどんどん薄れてきています。最近「食育」とよく耳にします。私達人間はリンゴりんごなど植物と違い自らの力で命を維持する養分を生み出す事はできません。私達の身の回りから産み出される他の「命」を食べなくては生きていく事はできません。その成り立ちを、勉強することが「食育教育」と理解してます。しかし何もかもお金が基準、自然が生み出す当たり前が当たり前として感じられなくなってきています。人間の歴史は物をつくり出す事から始まったと言われてます。その仕組みを考える事が経済と私は思ってます。人間の本性・出発を考えれば、自然を人間化して行くことはやむ得ないように思えます。しかしそこには常に後戻り出来る範囲ではなくてはなりません。ましてや自然界に存在しないプルトニウムを産み出したり遺伝子を組み換え新たな命を産み出すは、人間を生み出した自然にする犯罪行為であり、人間の長者としての驕りそのものです。先のアメリカ大統領選挙では、予想に反して?自由貿易の象徴であるTPP反対を唱えたトランプ氏が当選、またその前にはEU離脱をきめたイギリス国民、世界的にも行き過ぎた自由貿易構想(実際は格差拡大をもたらしているだけ)がもたらす混乱を拒否する動きが盛んです。自由を追及しつつも逆に一国主義を呼び戻してます。極端な民族主義に走らねばと案じてます。日本の安部政権は行き過ぎた・人間力の限界を超えた自由貿易主義を何ら反省することなく、自由主義圏防衛のために?新たな任務を負わせ自衛隊をアフリカに派遣しました。憲法を改正に際しあなた達は、自由の前には常に規律と責任が必要と国民に語りますが、何か自己矛盾を起こしてませんか。今問われているのは経済の自由でなく節度ある規律・人間主義です。私は人間主義は科学技術の発展ではなく考えの自由と思うが如何に?考える事の自由は武力では解決できません。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。