• 27 May
    • 小浜湾の大マダイ

      先日 釣り場でお会いしたSさんとは 昔は一緒にいろんなトコへ釣りにいっておりました。  置き竿がメインの大物釣り。  ワテは小針でおかず釣りに傾いておりましたが。 Sさんはキスを狙う時でもハリスはケブラーという 根っからの大物師。  数年前に色々お話したときに 小浜湾でも 陸からの投げ釣りで大型のマダイが狙えるお話を聞いて 目から鱗。  こんなん釣れるのは 離島ぐらいかと思いこんでおりましたので ワテがおかずを釣っているエリアで 釣れたというこのお姿を見て カルチャーショックを受けたのでありました。  さらにマコガレイもザブトン級の実績があるというので またまたビックリ。   すぐにでも釣りに行ってみたかったのですが メンタルなデンジャラスゾーンだったので 年を追うごとに 肝っ玉が小さくなったワテでは 独りでは行くこともできず。  そのままとなっておりました。  今シーズンはすでに 4月末に  80cmを超える大マダイが出たということですので 期待できそうな感じです。  ここ十数年ほどは 完全に消し炭状態となっておりましたが ちょこっと、 気合いいれてみようかな。  にほんブログ村

      NEW!

      3
      テーマ:
  • 26 May
    • 小浜でキス釣り(数釣りの季節?)

      午前中、 一本の電話に出たところ パソコンの前に座っていても 気になってなにもできません。  で、 午後14時前には小浜に着いておりました。 先行しているNさんは内外海半島で 型の良いキスを釣ってきているので あとはおかず用を釣るだけ。  今日も4色以遠の型の良いキスはいないようですが 小ぶりなキスは順調に釣れます。  世間話をしながらサビいておりますと プルプル・・・ ・・・ プルプル・・・ の後、 竿先をゆっくりと押さえ込むアタリ。 なにやら来ましたよ~ と言っておりますと 竿先が ドンといってそのまま。  巻き上げますと  やあ~ 一匹は首だけ なんか居ますよ今日も。  Nさんも 着底と同時にアタリ。 しばらくして 「なんか来てた」 巻き上げると 針には唇だけ残っていたようです。  同じトコに投げますと 着底と同時にブルルウーンと食い上げるようなアタリ。  その後、 なにかが寄ってきて ガツンといって獲物を強奪されました。 どうやら、 アジがかかって それにフィッシュイーターが食らいついた模様。  ポイントをずらして サビいておりますと こんどはいい感じのアタリで  天麩羅なキス。  Nさんも同様に数を増やしておりますと 竿2本の置き竿のおっちゃんが登場。  ワテ等は斜めに投げておりましたので ちょうどクロスします これを機にポイントを移動することにして 歩いておりますと  置き竿のおっちゃんは 知り合いのSさんでありました。 昨日から夜釣りをした帰り道だとか あまったエサでおかず釣り?  ワテだけしばらくおつきあいしますと 若狭湾でのノッコミの大マダイや座布団マコのお話。(@@; 今回は駄目だったようですが かなり楽しい思いをしてはるようです。  その後、 Nさんの横に行きまして 日暮れまで まったりとキス釣り楽しみましたが サイズは小ぶりになるばかり 型の良いのは シモリ際に隠れてしまっているようです。  【本日の釣果】  キス43匹 (  ~21cm) 938g 2016年累積 15826g      ちなみに、 【Nさんの釣果】  内外海半島では 体をもっていかれる激震が一回あったそうですが 糸を送り込んだら 障害物に入られて駄目だったようですが こちらよりは型が良かったみたい。  帰宅後、 なじみの調理屋さんに持ち込んで 小浜の初キスを堪能したとか。    流石にプロの料理は美味しいそうですねぇ。 にほんブログ村

      18
      テーマ:
  • 23 May
    • 小浜でキス釣り(大きなキスはどこに?)

      相棒と一緒に小浜へ キス釣りに行ってきました。 現地到着11時半過ぎ。  まずは泊からスタート。 手前の根回りを中心に探りますと  二投目に、   本日最長寸の22cm。  三投目に、 天麩羅なキスがきましたが  後は 根でトラブル多発。  いつもなら引けるポイントも引けないところが多く 底が荒くなっております。  しょうがないのでポイント移動。 こちらも数投は  20cm未満の天麩羅なキスが釣れましたが 後は小ぶりなキスだけ。  相棒のほうは 20cm未満のキス2匹と小ぶりなキスのみ  ただ、 前回と同じポイントで 体ごと持って行かれるアタリを掛けたらしいのですが 今回も手前の藻でバラしたとか。  今シーズンはキツイ藻のせいなのか 途中でバラしてばかりです。 相棒と合流したのち 堅海に寄ってみましたが こちらは前回来た時に比べ 底のトロロ藻が増えており 釣りにならなくなっておりました。  14時を回ったところで 予定通り 小浜新港へ移動。  風向きが北西なので 条件が悪いのか 小ぶりなサイズは 釣れるのですが ときめくようなキスのアタリは 一度もないまま 17時にエサ切れ納竿と なりました。  4色以遠ではキスのアタリは少なく 3~2色での釣りでした。 巻き上げ途中に2回ほど フィッシュイーターに襲われましたので 沖めのキスは蹴散らされたのかな?  それにしても、 今回もヒイラギやフグ、ベラの姿は一切無し。 いったいどうなっているのでしょうね。  【本日の釣果】  相棒&ワテ キス44匹 (  ~22cm) 1238g 2016年累積 14888g (相棒18匹ワテ26匹)  にほんブログ村

      16
      テーマ:
  • 21 May
    • 小浜でキス釣り(小浜新港)

      午後から小浜へキス釣りに行ってきました。 現地到着13時過ぎ。  海の状況はといいますとええ感じの潮目ができております。 さっそく潮目に投げますと  20cm級と天麩羅なキスのダブル。 二投目もダブルと絶好のスタート。  そこで、 ちょっと欲張って針の数を増やしましたら アタリがさっぱりありません。 回収しますと仕掛け絡みでした。 これでは釣れません。  天秤と仕掛けを変え 再度投げたときには 目の前の潮目はなくなっており アタリもなくなりましたので 潮目を追って移動します。  その後は単発でポツリポツリ。  14時過ぎには 先行して内外海半島で釣っていた隣のHさんと合流。 あちらは型が良く25cm頭に良型がメインだったとか かなり良いアタリをバラしたそうな。  小一時間 一緒に釣りましたが 小ぶりなキスばかり。  Hさんは15時過ぎには帰られましたが ちょうど車が発進していった頃から 潮目が入りだし  天麩羅なキスと小ぶりなキス三連。  今日いちのキス22cmと ちょっとしたプチ爆に突入。  半夜まで粘りましたが 16時過ぎますとアタリも少なくなり 夜間はさっぱり。 まだまだ夜釣りするには早いようです。 【本日の釣果】  キス34匹 (  ~22cm) 1079g 2016年累積 13650g  にほんブログ村

      18
      テーマ:
  • 20 May
    • 小浜でキス釣り(内外海半島-小浜新港)

      水曜日、 相棒と一緒に小浜にキス釣りに行ってまいりました。  冷凍庫のキスも まったくなくなりましたので 今回も食材確保でございます。  内外半島の仏谷へ到着したのは7時過ぎ。  濁りがけっこうありますが 前回はこれでも釣れたとのことでしたので 数投してみましたが アタリはサッパリ。  相棒を残して ワテだけ堅海へ。  波止の上には イカ釣り師3名と浮き釣り師1名。 エサ屋さんで親イカがあがりだしたという情報を聞いて来たとか。 確かに波止には墨跡ひとつ。  海の状況はベタベタで少し濁り。 早速釣り開始。  5色からサビきますと4色半あたりでアタリ。 でも針にのりません。 そのうち、なにもアタらなくなったので回収してみると ストローな海草、トロロ藻、さらにクラゲの足が 仕掛けにまとわりついております。  方向、投点を変えながら 探っておりますと、 どうやら3色以内にはトロロ藻はないようです。 アタリも出て まずは小ぶりなキス。 南蛮漬けには最適なサイズです。  ポイントをずらしながら 小ぶりなキスをゲットしておりますと かなり手前で良いアタリ。    今日いちとなる22cmのキス。  ストローな海草とクラゲの足が おまけのようについてくる中 なんとかツ抜け。  相棒に連絡してみるとサッパリアタリのないようなので 相棒と合流して泊方面へ移動。   大物ポイントで竿出したかったのですが ユンボが入って工事中のようなので 今シーズンは駄目かも。   普段はあまりやらない波止で竿だししますと 4色より先でキス釣れます。  サイズは、やはり小ぶりですが 20cm前後も混じって ええ感じ。  途中、 二回ほど小激震がありまして 針にはのせたのですが あと2色というあたりで いきなり竿をひったくられて 良型のキス強奪されました。  二回目の奴は なんとか力糸まで巻いてきますと 底から上がってくる大きなマゴチを確認。 久しぶりに見るデカさに 巻き上げるスピードが鈍ったためか いきなり反転するとハリスは瞬殺。 何もなかったように海の底に・・・。   こんなこともありましたので 熱い中でしたが 14時頃まで粘ったのですが スーパーでの買い物のため 小浜市街へ。  ついでに(^^; 新港で竿だします。 相棒は 釣れたら起こしてねとシートで横になりましたが 一投目から天麩羅なキスが釣れましたので 相棒は寝る暇もなく竿を持ってマイポイントへ。  満潮からの下げ潮に東よりの追い風と このポイントでの絶好の条件が揃っております。 最初は小ぶりなキスが単独で釣れておりましたが 潮目が入りだしたとたん  連になり、 型も20cm級が混ざります。 一時は入れ食い状態に。  気合いは入っておりますが なんせ朝からの続投。 気温は低めですが太陽がきつくて あたまフラフラ。  集中力が散漫になってきた頃 いきなりの大激震!  木陰を求めて へんな体勢で座っていたせいか 身構えるまでにワンクッションの遅れが出てしまい。 残念ながら数回巻いたところで針外れました。  これで一気にテンションアップしましたが 釣れるのは20cmまでのキスのみ。  結局、 潮目も消えてしまった 16時過ぎに納竿といたしました。   これは、 リベンジに行かねば! 【本日の釣果】 相棒&ワテ  キス 70匹 (  ~22cm) 1946g 2016年累積 12571g  にほんブログ村

      14
      テーマ:
  • 19 May
    • 能登島でキス釣り(向田漁港~閨)

      日曜日は 片山津方面にするか迷いましたが またまた島まで行ってしまいました。  釣り開始は6時過ぎ まずは漁港の波止からスタートしましたが アタリがありません。 いつもなら良型が期待できるポイントでも エサ取りすらかかってきません。 やな感じを払拭させるためにも クーラー担いで めぼしいポイントを足で探ります。 すると、 > ええ感じのアタリで 一匹目は良型のキス。  落とすといやなので クーラー全開で写真撮影(^^; その後を 期待しましたが・・・ 実はコレが最大長寸 その後はポツポツ釣れるのですが 島としてはサイズ小さいです。  同じトコに何度か投げておりますと アタリが止まりますので ポイントを移動しながら 小ぶりなキス追加していきます。  期待していた良型キスは 釣れないので、 11時前に  昨日ええ感じだった 閨のワンドに移動。 4色にあるかけ上がりを探るものの 今日はここには居ない? どうも 地合い的にズレておるような感じ しょうがないので2色以内を探りますと > 小ぶりですが二連。 たま~に20cm前後がきますが 天麩羅サイズがメイン。 今日は早くに帰らねばいけないので 昼過ぎに納竿。 残念ながら 今の時期の能登島のキスとしては 小ぶりなサイズで終わってしまいました。 まだシーズン的には早いのかな? 【本日の釣果】   キス23匹 (  ~22cm) 866g 2016年累積 10894g  にほんブログ村  計量器 はかり コンパクトスケール 3kg( 調理器具 デジタルはかり )3,780円楽天  DRETEC コンパクトスケール 3kg ホワイト KS-309WT4,410円Amazon 

      14
      テーマ:
  • 17 May
    • 能登島で投げ釣り(向田~閨)

      週末は能登島まで 投げ釣りに行ってまいりました。 現地到着は日付けが変わる少し前、 さっそく、いつものゴロタ浜にて夜釣りを開始するも 小一時間たっても、 アタリどころか海ケムシもかかりません。  しょうがないので 3時過ぎからの地合いにかけることにして 車まで戻っていったん仮眠。  気合いが入っていたのか きっちり二時間ほどで目が覚め 釣りを再開です。  潮の感じも先ほどよりはましに感じておりますと 竿先のアタリとともに小気味いいドラグ音。  やや長さが足りませんが メタボなキスゲット。 白い斑点がありますが 今年はホンダワラ等の藻が多いので 潮の流れが悪いのか 今まであまり斑点付きが 釣れなかったポイントでも 斑点付きが釣れるようになっておるようです。  キスが連荘でくることは稀で あいだに  こんなダブルや胴体が手のひらくらいのチャリコが 退屈しないていどに釣れてきます。  そんな中、 竿先が海に向かって突っ込んで 竿は三脚に水平になったまま ドラグを鳴らしてくれた奴。  いちばん手前のかけ上がりをかわそうと やや強引に対応しましたところ 針、 簡単に折れました。  鯛系の引きでしたので 上あごの硬いところに針先がささっていたようです。 せっかくの活け造りを逃してしまった。 その後は 退屈しない程度に朝を迎え  キスもサイズも20cm前後と小さくなり  デカメゴチがきたところで 竿一本での引き釣りに。  障害物周りを丹念に引きずっておりますと  良型のキスが上がりますが 期待しているサイズではありません。  昼に近づくにつれ アタリがなくなり クーラーに入る魚がまったく釣れません。 昼からも同様で 一時間に一匹くらいのペースでしょうか。  14時過ぎに ポイントを変えることにして 閨のワンドへ移動。  天気も良くて 風はそんなに気になりません。 しばらくすると 潮目が出来始め。  良型キスが混ざるようになり。 2色以内でもサイズは小ぶりですがキスが釣れ   4色くらいにあるかけあがりで 型の良いキスが釣れます。  16時過ぎに クーラーも少し重くなったので 納竿といたしました。  途中、 どうなることかと思いましたが 終わってみればそれなりの釣果。 今日も島の女神様ありがとさんでした。  【本日の釣果】    キス10匹重量 811g   キス31匹 (  ~25cm) 1513g 2016年累積 10028g     メタボなキスは  もちろんお造りでいただきました。 幸い行きつけの酒屋さんに 勝駒の大吟がありましたので 至福の時でございました。  にほんブログ村   勝駒 大吟醸 720ml 【清都酒造】【富山県 日本酒】18,900円楽天    

      15
      テーマ:
  • 16 May
    • 石川県徳光海岸でキス釣り

      月曜日、 朝食までのいっとき 相棒の実家の近くの徳光CCZで キス釣りをしてきました。 釣り開始6時前。 釣り場までは車で5分。 近いのはええですね。 最初のうちは追い風でしたので 普段は見ない色まで飛ぶと 底はガチガチ。 5~6色に沈み堤があるんでした。 慌てて5色から手前を、引いておりますと、 小激震! いきなりのどすこいキスに 期待が膨らみますが あとは、 小ぶりなキス。 3匹釣ったところで アタリがなくなりましたので 浜を歩いて移動。 こちらでも小ぶりなキスを追加した後 時間を見ますと 朝食の時間(´Д` ) 最後の一投で、 丸々太った一匹でシメとなりました。 それにしても、 こんなサイズがいるのなら 日曜日はここにすれば良かったかも。 【本日の釣果】 キス6匹 (  ~25cm) 341g 2016年累積 11235g にほんブログ村

      14
      テーマ:
  • 13 May
    • 小浜でキス釣り(内外海から小浜新港)

      雨上がりの木曜日、 相棒と一緒に小浜までキス釣りに行ってまいりました。 前回は海底のトロロ藻も少なく 天麩羅サイズも揃ったので 今回も期待して行ったのですが・・・ 相棒は仏谷、 ワテは泊からスタート。 釣り開始から2時間経っても キープは一匹のみ。 潮まわりが悪いとはいえ 潮目が出来ても キスの反応はほとんどありません。 前回と別の海。 4月初旬のキス釣りですと 朝があかんことはありますが 雨風のせいで 水温が変わってしまったのかな? 相棒と合流。 こちらは濁りがキツく ワテが行ってからはアタリはありませんでしたが、 相棒は小ぶりなキスを3匹釣ったとのこと。 あまりの濁りに釣れる気がせずポイント移動。 向かった先は堅海の波止。 ようやくキスの活性が上がり始めたのか 湾入り口から入り始めた潮目に投げますと 小ぶりなキス中心にポロポロ釣れます。 昼近くまでやりまして 天麩羅サイズも含めようやくツ抜け。 食材の買い物もありましたので おめあてのスーパーがあります小浜市街へ移動。 ついでに小浜新港で竿だししますと 小ぶりなキス中心ですが キスの活性上がっておりました。 南蛮漬け用に10匹ほど追加しまして 本日のキス釣りは終了。 ときめくようなアタリは まったくありませんでしたが なんとか食材は確保いたしました。 それにしても キスが小ぶりになるの 少し早いんではないの。 【本日の釣果】 相棒&ワテ キス27匹 (  ~18cm) 610g 2016年累積 8515g にほんブログ村

      3
      テーマ:
  • 09 May
    • 小浜でキス釣り(内外海半島がエエ感じ)

      日曜日、 琵琶湖周辺も黄砂で煙っておりましたが 相棒と一緒にキス釣りに行ってまいりました。 10時過ぎにいつもの駐車ポイントに到着しますと お久しぶりのKさんに遭遇。 エイジドピポーライクなお話で盛り上がりましたが お元気そうでよかった。 岡津の浜では 宴の真っ最中とのことでしたので 鯉川に行くことに。 外向きは四色くらいまでは シモリ帯で釣りになりませんが 際にキスがついているようで 天麩羅なキスが 三連荘。 少しポイントを休めるために 内向きを探りますが 近中遠いずれもトロロ藻がぎっしり。 釣りどころではありません。 相棒の得意なポイントも藻がひどくて 小ぶりなキスが一匹だけとのこと。 外向きも、 斜め向かい風が強くなってきましたので 細糸のPE1号スプールに変えまして 5色ほどからサビキますと こちらも藻がいっぱい トロロ藻と流れ藻で 打ち返すときの藻の処理にストレス溜まります。 どうやら、 長めにサビクくと藻がついてしまうので キスの居るシモリ帯の際を 直接狙うのですが 今度は アタリが出ても シモリにキスを獲られたりと さらに ストレス溜まります。 12時過ぎに竿をたたみ 湾口近くの 内外海半島に移動することにしました。 こちらでは、 藻がきつくて釣りができないポイントを覗いて どこでもキスが居る模様 相棒もようやく 小ぶりなキスですが ポツポツ釣っておるようです。 それでも、 大激震の獲物を 力糸のところで藻に獲られたとのこと。 悔しがっておりました。 相棒と合流して 隣でサビいておりますと ワテにも一度だけ激震がまいりましたが 針にかける事すらできませんでした。 16時過ぎに納竿するまでに 天麩羅なキスを数匹追加し、 エエ感じのキス釣りができました。 最初から こちらにくれば良かったかな。 ここのところ どすこいなキスにご無沙汰ですが なんとなく 次回は期待がもてるかも。 【本日の釣果】 相棒&ワテ キス24匹 (  ~21cm) 835g 2016年累積 7905g にほんブログ村

      19
      テーマ:
  • 07 May
    • 小浜でキス釣り(雨の中がんばりましたが...)

      今回のキスも ふっくらしていて テンプラには最高でした。 大葉を巻いて 揚げた後 塩でいただきますと 最高です。 さて金曜日、 午後からは本降りになるとのことでしたので 午前中限定のつもりで 小浜の鯉川・岡津方面へ釣りに行ってまいりました。 雨が嫌な相棒は 今回も自宅待機でございます。 例年ですと GW中から、 良いときには2キロほど 悪いときでもキロアップは釣れるのですが 今年は サイズも量もいまひとつ。 現地到着8時頃。 今日も気合い入ってます! まずは最近入っていなかった デンジャラスゾーンから 20cm前後の入れ食いを夢見てはいりましたが 潮のせいもあるのか サイズ小ぶりのキスが単発で釣れるのみ。 それすら しだいに釣れなくなる中 果敢に藻際を攻めてみますが 以前あれだけあった良いアタリもなく しだいにキスの気配が遠のいていきます。 ねちっこく粘って ようやく18cmほどのキスを釣って ツ抜けです。 でも11時近くになっておりました。 小雨も降りだしてきておりましたので このポイントをあきらめて 岡津に移動。 まずは岡津の浜から でも、小さなアタリばかりで 釣れてもリリースサイズばかり。 先日、 良く釣れた藻際をせめようと 移動しますと 風が強くなりはじめ 道糸が藻に食われ 掛けたキスが回収できません。 南西側を見ますと 黒い雲に 山々のシルエットが白く煙り始めましたので 予定通り帰ろうかと悩みましたが ここは予定を変更しまして 釣り続行やぁ~♪ 雨降りでもOKなポイントに移動することに。 小雨が降り続く中、 道具一式持って徒歩で20分くらい 歩きましたでしょうか。 ここは、 木々が張り出しておりますので 多少の雨は凌げるポイントです。 投げる時は雨を受けますが 巻き上げ時は ほとんど雨にあたらず 雨の日でも 快適な釣り場です。 いつもは良型がメインの釣り場なのですが 当日は アタリは単発で サイズも最大で21cmまで。 ちょっと物足りない釣果ですが 最近の釣況を考えると こんなものでしょうか。 ここも他に漏れず とても小さなキスが多く キープよりリリースの方が多い感じ。 それでもネチネチと 雨の中16時近くまで粘り テンプラサイズを10匹ほど追加したところで 納竿といたしました。 ちょうど雨も小降りとなりましたので 帰り道は濡れずにすみました。 それにしても、 4月末まではエエ感じで 釣れだしておったのですが 5月に入ったとたん 一気に渋くなりつつあります。 どないなっとるんでしょうか? 福井以北の浜からのキスもスタートしたようで 景気の良いお話が入ってくるので うらやましいなぁ。 【本日の釣果】 キス20匹 (  ~21cm) 668g 2016年累積 7070g にほんブログ村 米焼酎 美山 スーパー 720ml 25度 【在庫限りの販売です】 ¥810楽天 月桂冠 米焼酎 美山スーパー 壜詰 720ml/月桂冠 ¥951Amazon.co.jp

      16
      テーマ:
  • 03 May
    • 小浜でキス釣り(キスはどこに居るの?)

      日曜日のキス釣りが 後悔だらけでしたので 月曜日に単独で小浜までキス追加確保に行ってまいりました。 相棒は不運にも「ものもらい」してしまったので 自宅待機です。 現地到着9時前。 いつもより早い到着。 久しぶりの単独釣行なので 気合い入ってます! まずは岡津の浜からスタート。 プルプルというアタリで 小ぶりなキス。 口掛かりでしたが 南蛮漬けサイズの確保命令がでておりますので ご馳走様キープです。 その後、 同じようなサイズを追加しましたが 後は沈黙。 必殺チロリも用意してきたのですが なんか無反応!? 今日も潮が高めでしたので この先への行軍を躊躇しておったのですが 小浜湾ではめずらしく 小一時間ほどで 20cmほど潮が引きましたので これはチャンスとばかり さらに先端の岩場に移動。 今日は沈することなく渡れました。 昨晩、 一生懸命乾かした長靴 今日は濡れずにすんで良かった。 お魚のほうはと申しますと 同じようなサイズのキスしか釣れません。 それでも 少しサイズアップして 20cmほどのキスが釣れましたが 一匹釣れたきり。 10時過ぎに 昨日のリベンジの為 さらに先端へ移動。 最後の難所をクリアして小さな浜へ降りますと 先客の方がおられました。 相手も突然出てきたワテを見てビックリ。 どすこい大物部の特攻隊長Hさんで ございました。 今日はキス渋いようで 釣れても20cm少々のサイズがポロポロとのこと。 お隣りに入れてもらい 先日のリベンジポイントを探るものの お魚はお留守? キスの溜まっているポイントが大幅にズレておるようです。 ウダウダとお喋りしながら まったりと 13時過ぎまですごしまして なんとかツ抜けはできましたが 小ぶりなキスがメイン。 でも南蛮漬けにはピッタリです。 このポイントで 続投するというHさんと別れて 最初の浜まで戻ります。 今度は日陰になっている岩場で釣り開始です。 ここは日中でも木漏れ日程度なので 非常に快適です。 すると、 一投目から ええ感じやなぁ。 しばらくあちこち投げますと やっぱりええ感じです。 さらにサイズアップしたところで アタリ止まりましたので 今度は日なたに移動しますと さらにサイズアップ。 キスの居場所が分かったので ええ感じにキス追加。 でも、 藻の林になっておりますので キス回収時に三匹藻に獲られてしまいました。 それでも 15時過ぎに 今日一のアタリで 24cmのキス。 長さはまだまだですが 体型は十分どすこいです。 昨日の分と合わせれば 十分な量となりましたので ここで一旦竿をしまい 気になっておるポイントへ くるまで移動。 お目当てのポイントは人がおりませんでしたので 細糸に変えまして 遠目のポイントを狙います。 エサは このために残しておいた 太目のチロリ。 前アタリに集中しながらサビきましたが 結局、なんのアタリもなし。 エサ箱の片隅にあったイシゴカイで サビきますと 小さなアタリはあるものの 針が大きめなのか 針掛かりしません。 結局、 17時過ぎまで探りましたが デカギスは未だのようで 納竿といたしました。 それにしても 水温が低いせいか藻のキレが悪く キスが居るポイントでは キスの回収率がメチャ悪いです。 例年のような感じになるのは まだなのかなぁ。 【本日の釣果】 キス18匹 (  ~24cm) 686g 2016年累積 6402g 以前、 能登島で食べたアクアパッツァが美味しかったので キスを使ったアクアパッツァにチャレンジ! 相棒がですが・・・ 貝のだしも効いて、 メチャ美味しいです。 水温が低いので まだまだ、 キスが美味しいですよ~♪ にほんブログ村 米焼酎 美山 スーパー 720ml 25度 【在庫限りの販売です】 ¥810楽天 月桂冠 米焼酎 美山スーパー 壜詰 720ml/月桂冠 ¥951Amazon.co.jp

      18
      テーマ:
  • 02 May
    • 小浜でキス釣り(潮高くて長靴沈しました)

      日曜日、 冷蔵庫のキスも尽きてしまいましたので 相棒と一緒に 小浜までキス確保に行ってまいりました。 現地到着10時過ぎ。 そろそろ常連さんにお会いできそうかな。 と、行きしなの車の中で噂しておりますと そのとおりでした(笑)。 相棒は鯉川へ ワテは岡津へ。 途中、 戻られる釣り人に様子を伺いますと クーラーの中にはどすこいなキスが。 でも、食いが渋いとのこと。 ここのところ 長靴でOKでしたので 潮が高そうでしたが そのまま岩場に向かいますと 長靴に浸水。 しょうがないので そのまま突き進みましたが 思った以上に潮高かったです。 ポイントに着いて 長靴の水を出してから 第一投。 ここは朝に釣り人が入っていたとのことでしたので 遠めに投げまして サビいておりますと 20cm前後のダブル。 今日はどんだけ釣れるんやろ と思いましたが、 その後は沈黙。 近くにはキスの小さいのしかいないようで 小さなアタリのみでキス釣れません。 12時までやってキス5匹。 相棒の方は トロロ藻発生で 釣りにならないようで あちこち歩いて キス3匹とか。 岩場はあきらめて さらに奥へと進みます。 13時過ぎに、 ようやくキスの居るトコ見つけまして なんとか一匹釣り上げましたが、 ここから 怒涛のバラし連続。 シモリ際のキス、 型が良いので 大きくアタるのですが さっぱり針掛かりしません。 二回目のアタリで合わせても 食い込むまでしばらく放っておいても せっかく掛かった奴も 途中で首をふられ バラしばかり。 7回連続で失策した後 オモリと仕掛けを変えましたら なんとか一匹。 イシゴカイからチロリに変えると 針に掛けるのが難しいなぁ。 さらに 本日、最長寸の23cm。 その後は 目の前にあったかすかな潮目が消え アタリ沈黙。 なんとか小ぶりなキスを揃え ようやく ツ抜けした15時半に納竿。 とっても消化不良なキス釣りで ございました。 これはリベンジせねば。 帰りは GW前半とも思えないくらい 渋滞もなくスイスイと帰宅できました。 混雑は GW後半に集中しそうですね。 【本日の釣果】 相棒&ワテ キス18匹 (  ~23cm) 763g 2016年累積 5720g 海水温も冷たく 脂もよくのっておりますので 糸造りにいたしますと 絶品でございます。 にほんブログ村 米焼酎 美山 スーパー 720ml 25度 【在庫限りの販売です】 ¥810楽天 月桂冠 米焼酎 美山スーパー 壜詰 720ml/月桂冠 ¥951Amazon.co.jp

      14
      テーマ:
  • 30 Apr
    • 釣りの合間にオモリ造り

      ここ数日間、 海も荒れていたようなので 市販のオモリを発泡オモリに改造しておりました。 ワテの良く行く釣り場では 砂浜が少なく 防波堤や埋立地等がメインです。 のめり込んでおります釣りは キス狙いでも大型キスを狙っておりますので 必然的に根が多いポイントを攻めるのが 多くなります。 発泡オモリを使いますと ムクオモリでは引けないようなポイントでも 攻めることができ 今から10年近く前には想像もできなかった 釣りとなっております。 オモリ作成に必要な道具ですが これに、 コンパクト万力、ヤスリ、紙ヤスリ、アルミテープ、ステンレス材用ハンダ、フラックス ハンマー等 があればなんとか作ることができます。 まずは 発泡材の円柱部に丸形彫刻刀で穴を開けます。 ニッパー等で中の発泡材を掘り出します。 オモリを差込み。 キャップ側を加工して キャップが嵌るのを確認。 発泡材に爪楊枝2本を 差し込みます。 オモリを何かにぶつけた時、 キャップ部から折れることがありますので 爪楊枝で補強しておきますと折れにくくなります。 キャップ差込の発泡材に 切れ込みを入れておきますと キャップが外れにくくなります。 オモリ、キャップともに接着剤にて接着いたします。 接着剤が固まるまで 1日ほどおきます。 オモリに収縮チューブ用の切れ込みを作ります。 まずは金属のこぎりで切れ目をいれ 金属ヤスリで1~2ミリ削ります。 オモリ先端部は 着水音が少なくなるように 鋭角にします。 まずはハンマーで形を整え 金属ヤスリ、紙ペーパーで仕上げます。 収縮チューブをつける前に アルミテープで補強します。 熱湯で発砲材が膨張するのを防ぐ効果もあります。 収縮チューブを適当な長さに切り お湯の中につけますと オモリ部と収縮チューブに段差がない 発泡オモリとなります。 輪っかを作り 天秤等と一緒にハンダつけますと 発泡オモリの完成です。 大型キスには浮力少な目のもののほうが有効です。 浮力が多い発泡オモリですと 針掛かりしにくいので 自分で掛ける必要があり 集中しすぎで疲れます。 なお、 オモリの改造は ご自分の責任にてお願いいたします。 鉛の塊ですので 負荷がかかるところには十分注意してください。 にほんブログ村

      18
      テーマ:
  • 28 Apr
    • 小浜でキス釣り(岡津のどすこいキス)

      相棒と一緒に 小浜までキス釣りに行ってまいりました。 午後から雨との予報でしたので 少し早めに出発。 現地到着9時頃です。 まずは天麩羅キス確保のため ワテだけデンジャラスゾーンへ。 さっさとキスをツ抜けして 移動するはずが・・・ 本日の海はベタ凪ベタ潮。 今日の潮でも いちばん悪い時間帯らしく ヒイラギもおりませぬ(^^; 10時半まで粘ってキス3匹だけ。 波止で釣っております相棒も 小さいのが2匹だけとか。 これはあかんと ポイントを変えます。 先日、 少し型が良いキスが釣れた岡津へ移動。 釣り場まで着くのに 小一時間かかってしまいました。 さっそく釣り始めますと 前回キスが居た2~3色ラインには なにもおりません。 焦りながらも 色々探っておりますと 20cmほどのキス ようやく釣れました。 その後はポツリポツリと なんとかツ抜け。 対面には移動してきた 相棒の姿。 13時過ぎになりますと 少し潮も入り始め。 シブ~い前アタリ後 本アタリを待っておりますと 竿先に激震。 先日のリベンジ成りました。 相棒と合流して 雨雲本隊がくる寸前の14時半頃まで キスを追加。 潮の流れがあれば どすこいキスにめぐり会えるようです。 【本日の釣果】 相棒 ワテ キス35匹 (  ~27cm) 500+883=1383g 2016年累積 4957g にほんブログ村

      15
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 小浜でキス釣り(おかず浜でおかず釣り)

      連荘で キス釣りに行ってまいりました。 昨日は波止外側遠投でもキスがおりましたので 今回はお隣の岡津で竿だしです。 現地到着10時半。 幸い潮が低かったので まずは 岩場ポイントからスタートです。 一投目から 20cmのキス。 続いて、 いきなりの強烈なアタリをスカしてしまい素針。 アタリがきてもしばらく待つようにしますと 20cm前後のキスが釣れます。 連荘で 同型サイズを5匹釣ったところで ポイント移動。 相棒の方も 出だしは好調で いつものポイントで 素針なしの四連荘だったとか。 いつもなら 良型が釣れるポイントは 藻の張り出しがキツく 釣りにならなさそう。 二投してみましたが 藻際を狙うポイントなので 藻が多い今シーズンは 釣りになりません。 雨が降って 海が少し荒れてくれれば 藻も切れるのですが。 良型を求めてさらにポイントを移動。 ここは、 良型の実績がもっともあるところ。 しかし、 いつもキスがいる藻の際には 生体反応ありません。 遠めに投げて探ってきますと 2色半でアタリ。 小一時間粘って、 ようやく小ぶりのキス追加。 もう一投したら 元のポイントへ戻ろうと思っていたのですが 3色半くらいまで巻いてきた竿に 激震! 竿先が1mほどはいったところで 合わせをしましたが スカしてしまいました。残念。 一気に目が覚め それから小一時間粘りましたが 結局、 アタリはそれっきり。 13時過ぎに 最初の岩場に戻り 先ほど投げていないポイントを探りますと 21cmのキス。 続いて 20cmほどのキスがきましたが 目の前で針外れ。 さらに連荘で失策。 落としたキスは 足元で悠々と泳いでおりました。 アタリは必ずでるのですが 針にのらなかったり 途中の藻にとられたりと なかなか数がのびませんでしたが 14時半過ぎにようやくツ抜け。 今日の納竿予定時間も近づいてきましたので これを機に 未だ探っていないポイントも探ることに 浜の右側の岩場で 20cmのキス追加 さらに連荘で キスをかけたのですが 取り込み中に落下。 使っている針が良くないのか けっこうキスがバレます。 さらに 浜の左側の岩場に 移動しますと キス連荘。 本日最長寸の22cmを釣ったところで 15時を回りましたので 納竿といたしました。 前回よりは型も良いのが混じり アタリは渋いながらも 楽しかったです。 ただ、 アタリの3割も獲れてないのが 悔しいなぁ。 GW前後には 今回は釣れなかった良型のキスも混じりそうですので 楽しみです。 【本日の釣果】 相棒と二人分 キス27匹 (  ~22cm) 956g 2016年累積 3574g にほんブログ村

      11
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 小浜でキス釣り(どすこいキスでました)

      土曜日、 釣り仲間がやってくるというので 相棒と一緒に小浜まで キス釣りに行ってまいりました。 すでに先行して竿を出されていたM夫妻は 一投目で四連とのこと。 聞いたのがエサ屋さんだったので 気合いはいりまくりました。 現地までの道のりの遠いこと(^^; 現地到着は10時半 M夫妻とは違うポイントからスタート まずはおかず分釣らねば。 最初にはいったポイントはいまいち ようやく掛けたキスを 抜き上げ寸前に落としてしまったのを機に デンジャラスポイントに移動。 しかし、 アタリも少なく クーラーの中は空のまま。 12時過ぎに ようやく 小ぶりですがキスが釣れ ヒイラギと交互に キスが釣れます。 サイズ的にはあとひといきですが 先日のキス とても美味しかったので めげずにがんばっておりますと ようやくキスダブル。 到着時から少し荒れ気味でしたので キスは藻際に寄っておりまして それが分かってからは 連荘で釣れ ツ抜け達成。 13時半頃、 これまた釣り仲間のNさん登場。 これを機に M夫妻のいる足場の良い波止へ移動いたしました。 すると、 こちらのキスは型が良く ようやく20cmオーバー。 さらにテンプラ級ダブル~(^^; Nさんも合流して釣っておりますと ワテ等より 一色むこうからサビいているMさんに いいアタリ。 どすこい体型の大型のキス。 いやあ~、 もうこんなのおるのですね。 相棒は釣れているらしく 最初入ったポイントからまったく動かず。 結局、 M夫妻は 大型、良型キス含んで 1.5キロくらい釣っておられました。 遅れてやってきたNさんもツ抜けして 全員ええ感じです。 17時前にM夫妻納竿。 残った我々も17時半過ぎに納竿。 帰る頃には天気も落ち着き 夜釣りでもしたいような 海況でありました。 それにしても アタリもたくさん でてくれましたので ワイワイと楽しい釣りとなりました。 みなさま、おおきにでした。 【本日の釣果】 相棒と二人分 キス37匹 (  ~21cm) 1005g 2016年累積 2618g にほんブログ村

      17
      テーマ:
  • 22 Apr
    • 能登島で初稽古

      久しぶりにどすこい大物部の 皆さまが集まりまして、 稽古をいたしました。 総勢10名。 今年もなかなかの猛稽古でございました。 本日の力水は 大陸のお酒も含んでいろいろ。 初日に摘んだワラビのアク抜きも終わり ワラビはポン酢醤油でいただきます。 焼き物からスタート。 恒例の近江牛。 シロに牛に 定番米久のソーセージ。 揚げは、 越前竹田の谷口屋さんと 南越前今庄の吉五商店さん。 大物部の調理長作成 島の陶工師作の陶板を使った アクアパッツァ。 ワテの釣ったタケノコメバルが入ってます(^^;。 七尾湾で最近豊漁のイワシを使った イワシのトマト煮。 名古屋から山のように届いた差し入れは 「風来坊」の手羽とターザン焼き。 ごっちゃんです。 馬刺しもあり。 定番レシピのホルモン鍋。 お口直しにざざむし(^^; 20時過ぎになりますと そろそろシメの逸品に。 島のAさんが打った 絶品お蕎麦。 初日に掘ったタケノコで 筍ご飯。 デザートは 差し入れの手造りチーズケーキ。 同じく圓八の本店でしか買えない ゴマトーフプリン。 と、 たたみかけるような稽古も 終わり 今年も GW前恒例の春稽古。 きつかったですが美味しかった。 ごっちゃんです。 皆さま お疲れ様でした。 にほんブログ村 『プレミア日本酒』【要冷蔵】※数量限定入荷※まぼろしの米、愛山米使用山廃純米吟醸「農口」 無濾... ¥6,944楽天 農口・山廃吟醸無濾過生原酒720ml/作者不明 ¥価格不明Amazon.co.jp 灘菊きくのしずく純米大吟醸 (なだぎくきくのしずくじゅんまいだいぎんじょう) 灘菊 なだぎく... ¥3,386楽天 渡辺酒造 蔵まつり 号外品

      15
      テーマ:
  • 21 Apr
    • 小浜でキス釣り(キスもサイズアップ)

      先日のエサが たっぷり余っておりましたので 相棒と一緒に 小浜の浅場ポイントまでキス釣りに 行ってまいりました。 現地到着は12時頃 先日の前線通過で海が少し荒れたのか きつかった藻も少なくなっております。 ワテはデンジャラスなテトラ上。 相棒は波止からの スタートです。 さっそく投げ始めますと すぐにアタリ。 18cmとピンのダブル~♪ 今日も開始早々はアタリも多く いい感じです。 小一時間経った頃 最近、大物に好かれているNさん登場。 しばらく話し込んだ後 潮目が出来始めたので 釣りを再開。 すると、 ワテの竿にはヒイラギ。 Nさんの方もヒイラギ二連。 先ほどまでは まったく掛からなかったヒイラギが 湧き出てまいりました。 それでも ポイントを色々変えながら探っておりますと 根回りでいいアタリ。 本日いちの21cmキスが登場。 20cm近いキスの連荘が終わりますと またまた ヒイラギの大群。 Nさんの竿にも キラキラ光ったお魚が。 15時過ぎ、 なんとかツ抜けとなったところで 相棒と合流。 相棒の方はと申しますと L字波止に移動してから サイズは最大で18cmほどですが キス ツ抜けしておりました。 残念ながら 途中でバレたそうですが かなり良型の魚も掛けたとか。 ワテの方はL字波止では 小型が連荘。 その後は、 ヒイラギがわんさかとなりましたので 16時過ぎに納竿といたしました。 Nさんの方も その後、ツ抜けしたとのことで 小浜湾浅場の キスの活性もあがってきたようです。 連休にかけて 良型のキスも釣れるようになりますので これからが楽しくなりそうです。 【本日の釣果】 相棒と二人分 キス27匹 (  ~21cm) 783g 2016年累積 1613g 釣ったキスは翌日に天麩羅に 20cm前後のキスは身も厚く めちゃ美味かった~♪ 小浜の神様、ごっちゃんです。 にほんブログ村

      11
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 能登島釣行 その2

      土曜日、 朝マズメより竿を出すものの 風向きが金曜日とは変わり 波がザワザワしております。 そのせいか、 浅場のポイントはフグだらけ アタリがあっても、なくても 針とハリスがどんどんなくなっていきます。 食材になる魚のアタリは皆無。 8時前に、 あまりのフグの多さに ポイントを移動することにしました。 今回はウェーダーを忘れたこともあり あまり歩くことができませんので 10分ほど歩いた磯場で竿を出します。 先行してさらに奥に入った釣り仲間の状況も かんばしくないようですが 移動したポイントにはキスは居るようで 9時前には キスが釣れ始め 型の良いのが続きます。 今夜の宴に参加する釣り仲間も 近くに集まってきたらしく そちらでもキスは釣れているようです。 今回は常連のタケノコメバルも姿を見せ しばらくしますと良型キスが連荘。 潮目もでき 海がいい感じになってきた11時過ぎ 短いですが重量感タップリのドラグ音。 しばらく待っておりますと 竿尻を浮かして勢いよく道糸がでていきました。 あわせるとかなりの重量感 途中のしめ込みに何度か耐えたのですが 藻の沖で魚を浮かすことができず 手前かけ上がりの藻の中へ。 最初のかけ上がりは抜いたのですが いちばん手前のかけ上がりにつかまって 残念ながらスッポ抜け。 カレイ針が無残に伸びておりました。 12時前にランチタイムのため 車まで戻りますと 近くに参加メンバーが揃っておりました。 キスや小マコは釣れるようですが 大物は上がっていない模様。 しかし、 久しぶりに宴に参加のNさんが 置き竿から目を離していた間に スープルに巻いてあった道糸を全部出されて 竿吹っ飛ばされたとの事。 何やらデカいお魚もおるようです。 食事後、 釣座に戻って釣り再開。 潮目がヨレるようになりますと 小マコや良型のキスが釣れ 型の良いキスも登場。 しかし、 潮目のヨレが移動していきますと こヤツ等の入れ食い状態に しばらく投げ返しておりましたが 仕掛けの消耗も激しいので しばらく休息。 横になったら少し寝てしまったようで。 遠くでかすかに聞こえる ワーワーという声で目を覚ましますと ずっーと向こうで ウェーダーの腰まで使って 竿さばいている釣り人の姿。 午前中に幻の大物を逃した(^^; Nさんの竿に 大物がかかったようで 手前のかけ上がりに入られた大物を 獲るためにウェーダーをまとって 海の中~(@@; 流石にこの根性に島の女神様が 魅入られたのか 50cm近いカレイを無事回収~♪ 久しぶりに見る 座布団級でございました。 再度気合いもはいりましたので がんばって打ち返したのですが 潮目がなくなるとともに 食える魚のアタリはなくなり 結局、 16時頃に納竿。 キスの釣況はええ感じになってまいりました。 引き釣り1本で釣ってもOKの時期となっているようです。 一発大物もどこかにはおるようですが なかなか狙って釣るのは難しそうです。 【土曜日のキスの釣果】 キス10匹重量 830g 能登島0417 そして、 夜の部の稽古に突入です。 にほんブログ村

      13
      テーマ:

プロフィール

りさるあ

性別:
男性
血液型:
不明

読者になる

AD
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

このブログの読者

読者数: 0

読者になる

ランキング

総合ランキング
27472 位
総合月間
19569 位
アウトドア
307 位
釣り
829 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。