こんにちは! iPhone修理ジャパン 渋谷店です!

 

本日二つ目の投稿、先ほど水没修理の記事を書きましたので、

ついでに水没についてもう少し深いところまでお話を軽くいたします。

 

タイトルにもあるように水に落とす以外でも

水没と同様の症状が出てしまうケースがあるんですね。

 

その一番多いケースが 湿気 水蒸気です。

お風呂の中で毎日使い続けている、汗だくの服の中に端末を入れたままにする

などを行うと、端末の隙間に水蒸気が入ってしまい、

内側で結露して水分となってしまいます。

ショートに至るレベルの多量の水分がたまる事は恐らくないとは思われますが、

問題は錆びと、バッテリー劣化のリスクです。

特に前者になります。水分はバッテリーの寿命を急速に縮めます。

 

また錆びはどんどん侵食していき、基盤の根幹まで到達すると、

電源が入らなくなってしまいます。

さらなる問題がありこの深く浸食した錆びは、基盤修理でも除去はほぼ不可能です。

つまり端末の完全な死を意味するんですね。

 

湿気の多い場所では使用を控えることをお勧めします!

 

ちなみにこの湿気に関しては大事なことがもう一つあります。

iPhone7は水には強いのですが 湿気に強いわけではないんです。

 

水滴レベルの大きな水の粒子が入る事は防げますが、

水蒸気という非常に細かい水の粒子は、侵入を許してしまうのです。

 

なので本当はお風呂の中でiPhoneを使うのは7でもあまりお勧めできなかったりします。

お気を付け下さい!

 

iPhone修理ジャパン渋谷店
東京都渋谷区宇田川町16-8
渋谷センタービル5F
☎︎0120-952-202

AD