iPadGamer

このブログは、iPadに関するゲーム情報、攻略記事、プレイ雑感などをつづっています。取り上げて欲しいゲームがありましたらコメントにて。


テーマ:
Heroes and Castlesで、先日無事全クリすることができた。想像以上にダークなストーリーでビックリ。


全クリ後には、エンドレスモードが解禁された。


ところで、攻略情報をまとめていく、と書いていたものの、最近更新をサボっており、お詫びしなければならない。実は、ヒーローの性能についてまとめていたところ、相当時間がかかることが分かった。理由はひとえにナイトの想像を絶する弱さについて、書いても書いても書き足りない・・・というところにあるのだが、その間攻略情報を滞らせるのも何なので、先にルーンについてまとめておきたい。




●ルーン全般
ということで、今回はルーンの話なのだが、実際のところ、ストーリーを進めていくうえでは、想像以上にルーンが重要である。レベルアップでもらえるポイントでは中々強化できない弱点を補ってくれるルーンは、攻略の鍵になると言って良いだろう。


例えば、Runを強化するラビットのルーンなんかを装備すると、走行可能時間が+5秒や+10秒も延長されるようになる。これはでかい。


この走行可能時間を、レベルアップのポイントで延長しようとすると、せいぜいスキル1ポイントで+0.3秒しか延長できない。それを考えれば、走りの強化はルーンで決まりの様な気が・・・。


iPadGamerの場合、ユニットと建物の強化はあらかた終わったので、今はクリスタルが貯まる都度、ルーンをつくっている。しかし、運任せなところもあり、滅多に良いルーンが出てこないのが悩みどころだ。


ちなみに、レジェンダリのルーンも次第に増えてきた。入手方法は、当初はマルチプレイで入手する方が多かったが、レベルが上がってきて以降は、クリスタルが使い切れないくらい貯まることもあり、クラフトでガンガンつくりまくっている。




●ルーンの基本について

ルーンは、ヒーローに持たせることで、様々な効果を発揮する装備である。一度に一つだけしか持たせられないため、どのようなルーンを装備するかが、各面の攻略の鍵を握る。


各ルーンは、○○ Rune of ○○といった感じで、接頭語(Prefix)と接尾語(Suffix)からなっている(どちらかしか無い場合もある)。この「接頭語」と「接尾語」に何が入るかによって、ルーンの効果が決まる。


ルーンの入手方法は二通り。まずは、ステージ終了後にランダムでもらえる場合。シングルプレイの場合はステージクリア後、マルチの場合はプレイ終了後に、ランダムでもらえるチャンスがある。どうやら、先のステージに進むほど、良いルーンが出るようだ。


もう一つの入手方法は、ルーン装備画面のCraft Runeのボタンを押して、ルーンを作成すること。完成するルーンは、完全にランダムの模様。なお、一つのルーンを作成するには、クリスタルが3つ必要となる。


ちなみにルーンは、Sellのボタンを押せば、売却してクリスタルに替えることも出来る(後述)。不必要なルーンはどんどん売却して、クリスタルに替えてよいだろう。




●ルーンの種類
ルーンには、コモン(白)、アンコモン(黄)、レア(赤)、レジェンダリー(青)の四種類がある。それぞれ、売却すると、1~4のクリスタルに替えることが出来る。


どのようにしてルーンの種類が決まるか、については、どうやら接頭語と接尾語で付加される効果のレベルの大小に応じて決まるようだ。効果のレベルが①コモン・②アンコモン・③レア・④レジェンダリの4レベルあり、それに応じてルーン自体のレアリティが決まっている模様。


売却で得られるクリスタルの数も、ルーンのレア度によって異なる。コモンの1クリスタルから始まって、レアリティが上がるごとに1ずつ得られるクリスタルが増えていく。




●ルーンの効果
ルーンの効果は、接頭語と接尾語で決まる。例えば、Swordという単語が付いているルーンを装備すれば、ユニット召喚のコストが削減されることになる。


しかし、同じ単語が付いていても、効果のレベルが異なる場合がある。例えば、上の画像のTigerは+35%だが、下の画像のTigerは+5%。ルーンの種類のところでも触れたが、この効果のレベルはコモンからレジェンダリまで4段階あり、高いレベルの効果ほど出現しにくく、それが付加されたルーンのレア度も上がる。


プレフィックスとサフィックスは、同じものが重複することもある。例えば、下のルーンは、Hammer Rune of the Hammerというルーンであり、建物の建設コスト削減効果が2つ重複している。(その効果のレベル自体は異なっている。)




以下で、各単語の効果について述べていく。なお、効果のレベルのうち、判明しているものは数字を記入している。また、単語の後ろに付いているマークのSCは、それぞれシングルプレイで効果の高いルーン、Coopで効果の高いルーンを表すお勧めマーク。
(20130226 全般的見直し。直近のアップデートによって、効果の数値が固定ではなく変動幅になっている。そのため、以下の効果の数値はあくまで目安と考えて欲しい。)


【Bear】
体力が追加されるルーン。効果のレベルは以下のとおり。
 ・コモンレベル:+25
 ・アンコモンレベル:+50
 ・レアレベル:+100
 ・レジェンダリレベル:+200

ヒーロー一人で無双するゲームでは無いため、あまり優先度は高くないと思われる。低レベルのレンジャーのように、HPが低すぎてすぐやられてしまうなら、検討してもいいかもしれない。


【Gold】 S C
単位時間あたりの獲得ゴールドを+1するルーン。効果のレベルは以下のとおり。
 ・コモンレベル:無し
 ・アンコモンレベル:無し
 ・レアレベル:無し
 ・レジェンダリレベル:+1

単体でレジェンダリー認定されるL4のレアリティだったため、見つけるのが遅れたが、その効果は強烈そのもの。特に、城壁を修理しながら立てこもって戦うシングルプレイメイジの場合、このルーンの効果は絶大。


【Hammer】 C
建設コストを下げるルーン。効果のレベルは以下のとおり。
 ・コモンレベル:-4%
 ・アンコモンレベル:
-8%
 ・レアレベル:
-12%
 ・レジェンダリレベル:-20%

もともと建設コストを下げるスキルを持つエンジニアに組み合わせると、コストがかなりお得になる。しかし、ゲーム後半にはつくるものがなくなって腐りやすい。


【Lion】 S C
このルーンは非常に重要。装備することで、与えるダメージを増加することができる。効果のレベルは以下のとおり。
 ・コモンレベル:+5
 ・アンコモンレベル:+10
 ・レアレベル:+20
 ・レジェンダリレベル:+35
このゲームでは、ザコを一撃で倒す攻撃力を確保しておくことが必要。そのためにも、ダメージを増やすルーンは役に立つ。ただし、+5や+10程度は誤差の範囲内なので、できるだけレアリティの高いものが欲しい。


【Rabbit】 S
走る時間を延長するルーン。単純に、プラスの数値分、走れる秒数が延長される。効果のレベルは以下のとおり。
 ・コモンレベル:+5秒
 ・アンコモンレベル:+10秒
 ・レアレベル:不明
 ・レジェンダリレベル:
不明
冒頭にも書いたが、走りはこのゲームでは意外に重要な要素であるにもかかわらず、レベルアップのポイントでは中々伸ばしづらい。あまり移動しなくてよいメイジはともかく、エンジニアはラビットのルーンを使うことを考えた方が良いかもしれない。


【Silver】 S
開幕の所持金を増やすルーン。効果のレベルは以下のとおり。
 ・コモンレベル:+20
 ・アンコモンレベル:+50
 ・レアレベル:
+75
 ・レジェンダリレベル:
+100~200
上記の金額が、最初の所持金にプラスされる。他のルーンがゲーム中ずっと効力を発揮しているのに比べ、このルーンのみ、開幕時にしか効果が無い。しかし、開幕での金鉱ブーストの影響は絶大でもあるため、これを装備していれば確実にシングルプレイのクリアは楽になる。


【Sword】 S C
ユニットの召喚コストを下げるルーン。効果のレベルは以下のとおり。
 ・コモンレベル:-4%
 ・アンコモンレベル:
-8%
 ・レアレベル:
-12%
 ・レジェンダリレベル:-20%
エンジニアにおけるHammer同様、召喚コストを下げるスキルを持つパラディンがこのルーンを装備すると、ユニットの召喚コストが激減する。ゲーム中では、ユニットの召喚数の方が多いということを考えれば、むしろHammerよりもこちらのルーンの方が重要度は高い。


【Tiger】
クリティカルの発生確率をアップさせる。効果のレベルは以下のとおり。
 ・コモンレベル:+5%
 ・アンコモンレベル:+10%
 ・レアレベル:+20%
 ・レジェンダリレベル:+35%
これもLionルーン同様、低い数値では目立った効果は無いが、レアリティが上がれば効果は急上昇する。クリティカルのステの伸びが大きいパラディンやレンジャーがこれを装備すると、シャレにならない破壊力を生み出す。


【Turtle】 S
アーマーの値を上昇させる。効果のレベルは以下のとおり。
 ・コモンレベル:+3
 ・アンコモンレベル:+7
 ・レアレベル:+12
 ・レジェンダリレベル:+20~
アーマーの数値を上げると、敵の攻撃によるダメージを減らすことができる。特に、一定以上のアーマー数値では、ザコ敵からの攻撃は全て1ダメになる。また、ノックダウンもされにくくなり、アーマーが10以上あれば決して転ばなくなる。アーマーが全く伸びないレンジャーや、タウントで敵を引きつけるナイトなどは、このルーンのお世話になるだろう。


【Water】
毎秒ごとにHPを回復させるルーン。効果のレベルは以下のとおり。
 ・コモンレベル:無し
 ・アンコモンレベル:無し
 ・レアレベル:+1
 ・レジェンダリレベル:+2

+1の効果ですら、単体でレアになるなど、そもそもレアリティが高いため、なかなかお目にかかれないルーン。しかし、回復量が1~2程度では、あまり装備する気になれないのが現実。体力消費が大きいメイジには良いかもしれない。




●ルーンの裏技(閲覧注意)

最後に、ルーンのクラフトに関する裏技をご紹介。「クラフトの結果が気に入らなかったらやり直せる」という裏技である。バグ技や改造ではなく、ゲームの仕様を利用した技ではあるが、例によって、この技の利用は自己責任でお願いしたい。










(読みたくない人のために、少し間を空けておく。)











皆さんは、ヒーローに装備したルーンを交換したとき、その状態が「いつ保存されるか」ご存じだろうか。実は、ヒーローの状態が保存されるのは、ステータス画面を切り替えた時だ。


・・・ということは、ステータス画面を切り替えないでアプリを強制終了させれば、再起動したときには元の状態に戻っているということである。今回ご紹介するルーンの裏技は、この仕様を逆手に取っている。


クラフトでルーンをつくってみることとする。


気に入らないのが出来た。


ホームボタンを押してホーム画面に戻り、タスクキル


再度、H&Cを起動。


見事に、元の状態に戻っている


今度は、お気に入りを除いて全部売却


貯まったクリスタルを全て使って、次々にルーンをつくる。・・・しかし、ゴミばかりできた


再びタスクキル


ちゃんと、元に戻っている。以下、同じだ。この技を使えば、自分の好みのルーンができるまで、何度でもリトライ可能。




もちろん、ルーンの効果の多少に関わらず楽しめるゲームだし、際限なく強化できるわけでもないので、この技はあくまでお遊びの範囲。しかし、かなり難易度の高いこのゲーム、この技を使えば少しは進めるのが楽になるかもしれない。


・・・特に、メチャ弱いヒーローを選んでしまい、苦しんでいる場合には。

いいね!した人  |  コメント(8)
PR
同じテーマ 「Heroes and Castles攻略」 の記事

[PR]気になるキーワード