特許庁より公式解答が出ました。


平成27年度弁理士試験短答式筆記試験問題及び解答


これで点数が確定したと思いますので、短答は忘れて論文対策です!



なお、司法試験や予備試験と違って、弁理士試験短答式試験は、試験の翌日に公式解答が出ます。

この仕事の早さは法務省も見習ってほしいですね。