子育て夫婦を10倍楽しむコツ イクメンカウンセラー吉村伊織

父親が、
育児を、夫婦の会話を、自分自身が生きることを楽しむ!
日常の体験を添えてお届けします

福岡 ライフワーク コーチング カウンセリング イクメン 育児 夫婦 親子 自信 ワクワク 楽 セミナー イベント 木の絵 心理テスト コミュニケーション


テーマ:
こんばんは。
吉村伊織です。


ふと思ったことをつらつらと。



気分転換に洗濯物を干す。



家事はそんなもんじゃない、ふざけるな!
って感じる人もいるかもしれないけど。


我が家では、時間に縛りがない家事は、
やる人が好きなタイミングで好きなようにやってます。

※時間に縛りがある家事 ・・・ 食事、風呂


特に、洗濯物を干すのは、
それぞれのこだわり(使うハンガーとか干す順番とか場所とか)があるので、
「手を出さんで!」と言われたり言ったりしてます。



こだわりをじゃましないのが我が家のルール

といったところでしょうか・・・





今、依頼を受けてるコラムは、パパの家事。


4回シリーズの1回目は「洗濯物」



寒空の下で洗濯物を干しながら、
我が家の洗濯物との付き合い方を見つめてみました。


※我が家では風呂上りに洗濯機をまわして、
 夜のうちに干しています


洗濯物



たたみ方にもこだわりがあるのは、
世間でも割とよく聞く話。


パパがたたむけど、
ママがあとからたたみ直す

とか、

「たたみ方が違う!」
って口出しをする

とか。



それが
やる気をそいだり、
小さなケンカの種になることも・・


夫婦の家事あるあるです(^^;




せっかくやるのに
ケンカしてたらもったいない!!



ポイントは

夫婦で意識合わせをすること

だと僕は思います。



そうすると、信頼関係を深めるきっかけになる!



干し方も、たたみ方も、
効率のいいやり方とか見栄えを良くする工夫はあるでしょうけど、
『これが正解!』
は、ありません。



その夫婦のスタイルを一緒に見つけていくこと
が大事じゃないかな。



そんな想いも含めてコラムを仕上げたいと思いますφ(.. )





追伸。

洗濯物を干すときの我が家の話、

ほんとは
「手を出さんで」
みたいなやさしい言葉ではありません。



洗濯物を干してるところに手を出すと、

「もー!せんでいいけん。邪魔せんで!」

くらいの勢いの時いもあります(笑)




それでは、
今回はこの辺で。





今日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました!


またお話ししましょう。





子育て、父親の育児、夫婦のパートナーシップ、心理学
等のコラム執筆依頼も喜んで受付中です♪

お問合せフォーム




家族や職場、友人関係など
人間関係についてのご相談は
遠慮なくご連絡くださいね。

研修・講演依頼も承っております。

カウンセリングについて

マヤ暦について

お客様の声

研修・講演・セミナーについて

お問合せフォーム

または、メールはこちら
⇒ info@yoshimuraiori.main.jp


WACS 吉村伊織



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。
吉村伊織です。


今日もこのブログを読んでくださって、
ありがとうございます。



今日はクリスマスイブ。


あなたはどんな時間を過ごしましたか?




僕は、
久しぶりに家族とゆっくり過ごせました。


 ・
 ・
 ・
と言っても、



朝は三男の嘔吐で始まり、


病院への行き帰りに
抱っこしてるままリバースをくらい、


昼にはスープを作ったのに
鍋を見事にひっくり返してすべてパーに。。。



そして子どもたちと遊んでいたら
次男の頭突きがアゴにヒット。


地味に涙がちょちょぎれました。




そんなハプニング続きで

一日があっという間(^^;




でも、
みんな揃って夕食を食べて、
三人の写真も撮れて、
親として嬉しい時間を過ごせました。


記念撮影♪





自分にとって大切なものを大切にする。



そんな生き方を続けていきたいですね。




クリスマスの思い出に触れながら
あったかい気持ちのクリスマスイブ。

一緒に味わいましょう。

 ↓
■クリスマスの夜には、あったかいくつしたを
http://amba.to/2hBBmmO




それぞれの家庭に、
素敵な夜が訪れますように。





最後に、
大切な人に夢を届けるサンタさん(あなた)にも
クリスマスプレゼントになるものを
発見しましたのでお知らせさせてください。


電子書籍が無料で4冊ダウンロードできる
「クリスマス特別キャンペーン」
です。


電子書籍の出版を手掛けられている
クリエイターズ・パブリッシング社の企画。

僕が電子書籍に触れるきっかけを作ってくださった会社です。



12月24日(土)17:00~25日(日)16:59

の期間限定なので、お見逃しなく!!
 ↓↓
クリエイターズ・パブリッシング社クリスマス特別キャンペーン
http://bit.ly/2hmqOff




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 電子書籍は、
 こちらもお忘れなく~♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆Amazon「家族問題」部門1位ゲット☆
電子書籍
『子育てにやさしくなれるヒント 45』

 ↑
クリックでAmazonのページが表示されます




それでは、
今回はこの辺で。



今日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました!


またお話ししましょう。




Merry Christmas♪







マヤ暦鑑定、対話型カウンセリングなど
個別セッションのご予約は
こちらからご確認ください。
 ↓
ご予約カレンダー(クリック)
カレンダー






子育て、父親の育児、夫婦のパートナーシップ、心理学
等のコラム執筆依頼も喜んで受付中です♪

お問合せフォーム




家族や職場、友人関係など
人間関係についてのご相談は
遠慮なくご連絡くださいね。

研修・講演依頼も承っております。

カウンセリングについて

お客様の声

研修・講演・セミナーについて

お問合せフォーム

または、メールはこちら
⇒ info@yoshimuraiori.main.jp


WACS 吉村伊織



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
吉村伊織です。


いつも読んでくださってありがとうございます。



家族関係を考える


河合隼雄さんの著書
「家族関係を考える」
を読んで
家族のことを考えるのは、
自分に向き合うことだと改めて感じました。



この本では、
まず家族とは

育児(社会化)と大人の情緒安定機能を果たすもの

という定義が挙げられています。




この本の発行は1980年。

36年前の本ですが、
今の家族や社会のことにもほぼ当てはまります。



いろんな状況は変化したはずなんですけど、
それだけ家族という存在が大きいということでしょう。

当時の課題がほとんど解決されていない
という見方もできるかもしれません。


何も進んでいないとは思いたくないですが・・・




家族の生活には課題がたくさん発生しますが、
表面的な対処ではなくその奥にあるものに目を向けることが必要になります。


子どもの問題(不登校、非行、暴力)でも、
それを通じて親自身の考え方、
夫婦のあり方、
親世代とその両親の関係に向き合うことで
家族として成長していく。


「家族団欒」

にしても、
イメージを押しつけるのは逆効果で
人によって違いがあり、年が経てば変化が伴うものです。


頭では理解できるけど、
家族だからこそ難しいことでもありますね。




高齢者(本の表記では老人)との関わり方も、
改めて考えさせられました。

一部抜粋します。


足腰が痛いというと立派な病院につれてゆかれ、結局は家族からの疎外を経験しなくてはならぬ現代の老人と、痛い足をかばいながらも家業に従い、嫁や孫に足をもんでもらったりしていた過去の老人とどちらが幸福であろうか。

・・・ 中略 ・・・

老人の価値は目に見えにくいものである。老人の知恵は「進歩」につながってゆく知識とは別のものである。






本が書かれた当時の「これからの家族」は、
今の時代の「これからの家族」にも効果的であると感じました。


家族の中心をどこに置くかという話は
覚えておくと支えになりそうです。


本の言葉として出てくるのは、
『永遠の同伴者』


家族の中心は、父親でも母親でも子どもでもない。

中心となる人は固定せず、
そのときの課題に取り組みながら、
その奥にある存在に目を向けること。

家族を持たない人の場合でも同じ。



と述べられています。



家族を通じて自分に向き合うことを
一人ひとりが考えていくべきなんでしょうね。


自分スクールの次の展開や、
子育て関係の講演会でも取り扱っていきたい内容です。



本の中では、
性別ごとの親子関係についても詳しく語られています。


同性である、父と息子・母と娘、
異性である、父と娘・母と息子、
それぞれに存在する心の葛藤や母性・父性について
興味があればご一読オススメです。




今日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました!


またお話ししましょう。



---

『自分スクール』第二期・第三期 受講生募集中!

詳細はコチラ(クリック)

自分スクール





子育て、父親の育児、夫婦のパートナーシップ、心理学
等のコラム執筆依頼も喜んで受付中です♪

お問合せフォーム




家族や職場、友人関係など
人間関係についてのご相談は
遠慮なくご連絡くださいね。

研修・講演依頼も承っております。

カウンセリングについて

お客様の声

研修・講演・セミナーについて

お問合せフォーム

または、メールはこちら
⇒ info@yoshimuraiori.main.jp


WACS 吉村伊織




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。