子育て夫婦を10倍楽しむコツ イクメンカウンセラー吉村伊織

父親が、
育児を、夫婦の会話を、自分自身が生きることを楽しむ!
日常の体験を添えてお届けします

福岡 ライフワーク コーチング カウンセリング イクメン 育児 夫婦 親子 自信 ワクワク 楽 セミナー イベント 木の絵 心理テスト コミュニケーション


テーマ:
育児にかかわるパパに
「どんなことに取組んでいますか?」
と尋ねると、
上位に来るのが
『お風呂に入れる』
こと。


プカプカとお風呂にうかぶ赤ちゃんは
ご機嫌でいてくれることも多いので
お風呂と赤ちゃんの笑顔のダブルで癒されますよね。


僕も、長男の時から
赤ちゃんと一緒にお風呂に入るのは
楽しみのひとつになっています。


そのお風呂の時って、
赤んちゃんの手はぎゅっと握っていますよね?

宝物を握りしめている
なんて表現もすることがありますが、
その手の中はきれいに洗えていますか?


実は、
ちょっとしたポイントを押さえると
すっと手を開いてくれるんです。


僕は次男の時に知って、
それ以降このポイントに助けられています。


今回は三男に教えてもらいましょう。



いかがでしょうか?


初めて知ったパパさん、ママさん、
今夜のお風呂から試してみてください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お腹をすかした子どもが言います。


『ご飯まだぁ~??』

『お腹減ったぁ~』

『早くしてよ~』


もう出来ていればいいけど、

これから作ろうとしている時に言われると

カチンと来ませんか?


親は嬉しくない。

子どもも退屈そうな顔をして待っている。


そんな時間は、

コレで解消しましょう↓↓


イクメンファミリーのココロを元気にする☆-ホットケーキづくり

写真は、

ホットケーキを作っているときの様子です。


・粉の量を計る

・たまごを割る

・生地を混ぜる

・フライパンに入れる


結構ありますね、安全なお手伝い。


出来るようになったことを褒めたり、

してくれたことに感謝の言葉をかけると、

子どもは嬉しくなります。


そして、

ワイワイ楽しみながら一緒に作っていると、

あっという間にホットケーキが完成!!



そうです。


お手伝い』が、

たいくつな待ち時間を一瞬でゼロにする秘訣

なんです。



大人でも、

何かに没頭しているといつの間にか時間が過ぎていた

という経験があるかと思います。

逆に、

何もしないといつまでも時間が過ぎないように感じます。



待っている時間に何もしていない状態が

退屈な感覚を生むのです。


なので、

行動する状況を作ってあげる。

可能であれば一緒に出来るものを。


「手伝ってほしい」と

ストレートに伝えるのもいいでしょう。


「これ混ぜたい人~?」って尋ねて、

先にパパが「は~い!」と言うのもアリです。

そんなのを見ると、子どもも乗ってきます(^-^)b



楽しみながらお手伝いできる場を

作ってみましょう。


イクメンファミリーのココロを元気にする☆-できたよ


完成したら、

はちみつをかけていただきます♪



今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ママに休日をプレゼントする7つのステップ


前回までの記事をまだご覧になっていない方は、

こちら からご覧ください。


第六ステップは、

昼寝について知ること

です。


特にまだ小さい子どもは、

昼寝の時間に眠くて泣きだすこともあります。

一日の中に「昼寝」の時間があることを知って

焦らずに対応しましょう。

ママがいない時に子どもが泣き出した!どうする?


■寝ている時間は貴重な時間


まずは、

パパにとってのメリットを。

初めて子どもと一緒に過ごすと、

いろいろ大変だと感じるかもしれません。


食事のこと、

飲み物のこと、

遊ぶこと、

笑わせること、

病院のこと。


慣れてしまえば大丈夫だけど、

一気に来るとちょっとひるんでしまうかも。


子どもが休みを取る昼寝の時間は、

パパがほっと一息つく時間でもあります。


コーヒーを飲んでリラックスするのもよし、

読みかけの本を読むでもよし、

子どもの寝顔を見て癒されるのもよいでしょう。

時間にすると、1時間から2時間程度


その時間を有効に使うことは、

普段の時間管理能力を鍛えるのにも役立ちます。


時間的に追い詰められたら一気に仕事が片付いた。

そんな経験ありませんか?


夏休みの宿題を最終日に片付ける感覚、も近いですね。



時間がたっぷりあると

なかなかやりたいことに手を付けずに過ごすことがあります。


限られた時間を有効活用!


意識してリラックスの時間に使うというのも、
有効活用のひとつですよ。


子どもと過ごす一日に、

自信をつけるプラスの要素を加えてみましょう!



■昼寝の時間は夜につながる


寝ている間に自分のことができる

と言っても、

いつまでも寝せておいてはいけません。


寝過ぎてよけいに疲れてしまい

機嫌が悪くなることがあるし、

なにより困るのが夜の睡眠に支障が出ます。


睡眠は約90分のサイクルで推移していて、

昼間にでそれ以上の睡眠をとると

脳が夜の睡眠から1サイクル分差し引こうとする

と言われているからです。



また、時間帯も重要で、

午後3時以降の昼寝は

夜の睡眠の妨げになりやすいそうです。


目安は、午後3時までに1時間~2時間のお昼寝


ただ、個人差もあるので、

神経質になり過ぎる必要はありませんよ。


保育園・幼稚園や、

いつもの休日の昼寝の時間帯に合わせてみるのが

子どもにとっても親にとっても負担が少なくなります。



一日の中に1時間の自由時間があったら、

何に時間を使いますか?


お子さんの昼寝の時間帯は

知っていますか?



さぁ、次回はついに最終ステップです。
お楽しみに!

今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。