子育て夫婦を10倍楽しむコツ イクメンカウンセラー吉村伊織

父親が、
育児を、夫婦の会話を、自分自身が生きることを楽しむ!
日常の体験を添えてお届けします

福岡 ライフワーク コーチング カウンセリング イクメン 育児 夫婦 親子 自信 ワクワク 楽 セミナー イベント 木の絵 心理テスト コミュニケーション


テーマ:

ママに休日をプレゼントする7つのステップ


前回までの記事をまだご覧になっていない方は、

こちら からご覧ください。


第五ステップは、

病院について知ること

です。


以前書いたように、

「子ども」と「病気」が

ひとつのきっかけとなって、

今回の

ママに休日をプレゼントする7つのステップ

に至っています。

パパと子どもだけで過ごす時間



病気はけがは、

予定してやって来るものではありません。

ママが一緒かどうかは関係なく、

来る時にはやって来ます。


せっかく休日をプレゼントしようと思ったのだから、

キャンセルにはしたくありません。


そのために、

事前に心の準備をしておきましょう。



子どもが病気になったり、

けがをしたりした時には、

親の心境としてはとても心配です。


でも、親が不安な状態だと

子どもは余計に不安になるもの。


まずは知ることによって

少しでも不安を解消することができます。


特に、

普段は病院に連れて行くことがない方

にとっては、

知ることによる安心感

より大きなものになります。



■かかりつけの病院を知る


ここでは、

すでに「かかりつけの病院」があること

を前提に話を話を進めます。


病院では、

診察した記録が毎回蓄えられているので、

以前処方した薬、

病気の傾向

(カゼをひいたら鼻水が出やすい、ノドが痛みやすいなど)

などをもとに対処してくれます。


大人でも同じ話ですね。


なので、

まずはかかりつけの病院について

知っておきましょう。



病院の名前

住所、電話番号

診察時間帯

駐車場の有無、台数

待合室の広さ、入れる人数

絵本やおもちゃの量、種類

薬局の位置


数え上げると出てきますが、

それをひとつずつクリアしてけば大丈夫です。


僕の経験から、

とくに重要だと感じたことをピックアップすると、

診察時間帯」と「駐車場の有無、台数

のふたつです。


まず、診察時間帯については、

病院についてホームページ等で調べると

出てきます。


ですが、

ポイントは、

その前後にどれだけ余裕をもたせてくれるか

というところ。


例えば、診察時間が9時からの

A病院とB病院のふたつがあるとします。


A病院は時間通りに診察が始まり、

B病院では早く来た人のために

8時半から診察や受付を開始してくれるとします。


ちょっと早めに着いて待っておこう思って

8時50分に病院に着いたとすると・・・


A病院では1番に診察出来るかもしれませんが、

B病院ではすでに満員で1時間待ちなんてことも!


かかりつけの病院がB病院の場合、

知らずに行くとショックが大きいので

事前におさえておきましょう。


そして、

子どもと一緒に行くことになるので、

交通手段はとても重要。

駐車場はあるのか?あったとして、何台停められるか?


台数は診察時間にも大きく左右されるので

行ってみたけど車が停められない・・・

とならないように、

診察時間帯と駐車場について

知っておくことをお勧めします。


中には、ネットサービスがあって

携帯電話等で待合状況を確認できる

ところもあります。

もしあれば、有効に活用してください。


健康保険証』、『診察券』、
ある場合は『子ども医療証

もお忘れなく。


■子どもの状況を知る


病院に着いたら、診察です。


子どもはうまく状況を説明できないので、

先生に説明するのは親の役目。


先生も、その前提で聞いてこられます。


どういう症状か?

 けがなのか/病気なのか

 (咳?鼻水?下痢?など)


熱はある?

 何度あるのか/いつからなのか、

 続いているのか/上がったり下がったりなのか


下痢は?嘔吐は?

 あったとしたら回数は/今はどうか


食欲・飲み物は?

 食べているか/どんなものなら食べられるか

 水分はとれているのか


体重は?

 処方される薬に関連するので、

 身長よりも体重



症状によって内容は変わって来ますが、

このような内容を組み合わせて聞かれるので

それを説明していきます。


事前準備がない状態で聞かれると、

うまく答えられないこともあるでしょう。


それは、

パパとして困るということよりも、

先生や子どもにとってマイナスです。


的確な対処をしてもらうために

必要な情報だからです。



でも、心配は必要ありません。

ママは最強のパートナー!


もしかしたら、

パパの方が知らないということを

ママは知らないかもしれないので、

上の質問で答えらないところは

確認してみればオッケーです。


ほかにも、

先生にいつも伝えていることが

あるかもしれないので、

聞きだして認識を合わせておきましょう。


一度に覚えてきれなかったら、

メモして持って行けば

それで不安は一発解消です!



いざという時に必要な情報を知っておくと、

気持ちに余裕が生まれます。


お子さんが元気いっぱいの時に、

まずは「かかりつけの病院」のこと

話しておくといいかもしれません。



お子さんの「かかりつけの病院」、

知っていますか?


病院に連れて行く時、

お子さんはどんな状態ですか



次回は、「昼寝」について

お届けする予定です。



今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ママに休日をプレゼントする7つのステップ


前回までの記事をまだご覧になっていない方は、

こちら をご覧ください。


第四ステップは、

笑わせること

です。



子どもと一日過ごすことは

食べ物や飲み物に気を遣ってばかり

というわけではありません。


前回の「遊ぶこと」もそうですが、

子どもと一緒に楽しむ時間がたっぷり

な一日でもあるのです。


楽しいから笑うのではなく、

笑うことで楽しくなる

という言葉もあるように、

是非とも「笑っているパパ」になって

積極的に楽しみましょう!



■どうやったら子どもは笑うんだろう


ただ、いきなり

笑っているパパになろう

と言われても、

「そんなこと言われてもなぁ・・・」

と思われる方がいるかもしれません。


そんな時は、

子どもを笑わせること

を考えてみると効果的です。


子どもを笑わせるには、

大きく2つの方法があります。


①おもしろいこと・楽しいことを言って笑わせる

②くすぐったりして身体で笑わせる

どちらもオッケー。

肝心なのは、

「どうやったら子どもは笑うんだろう」

と考えて、実際にやってみることです。

それでは、

ひとつずつ見ていきましょう。

自分とお子さんのことを想像しながら

読んでみて下さい。



■おもしろいことを言ってみよう


パパ+おもしろいこと

と聞くと、

おやじギャグ!
と返ってくるかもしれません。

いや、

「おもしろいか!?」

とダメ出しされる可能性もありますね(^^;


でも、このおやじギャグダジャレは、

子どもにはなかなか有効です。


特に「言葉」を扱えるようになる年代、

保育園・幼稚園の年中さんくらいからは

言葉での遊びに興味を持ちます。


・ネコがねころぶ

・ワニがわになる

・秘書がひしょひしょばなしをしている

・ツルがつるっとすべる


言い始めると止まらなくなるパパも

いるのではないでしょうか?


子どもと言い合うのも、

お互いにとって頭の体操にもなりますよ。



このダジャレには、

「言葉を使っている」ことに加えて、

「繰り返し」の要素も含まれています。


繰り返すことは

子どもが喜ぶ要素のひとつで、

「言葉」と「繰り返し」は

絵本にも使われるテクニック。


『おおきなかぶ』も

「うんとこしょ、どっこいしょ」

の繰り返しです。


おやじギャグが好きなパパ、

おめでとうございます!

その能力を存分に発揮して下さい。



■くすぐりかたにもコツがある


おやじギャグが苦手なパパは、

子どもをくすぐってみましょう。


さぁ、どこをくすぐりましょうか?



「くすぐる」と言うと

わき腹や、足の裏が想像されます。

それに加えて、

首の付け根、鎖骨あたりも

くすぐりポイントです。


そして、ポイントに狙いを定めたら

ちょっとしたコツを使ってくすぐります。


そのコツとは、

少しだけつめを立てた形でくすぐること。

『ガオーッ、オオカミだぞ~』

と言ってみる時の手の形です。


そうすると、

指先全体を使うよりも

さらにくすぐったいようで、

大声で笑ってくれます。


準備ができたら、

こちょこちょこちょ~



■笑わせている自分は、笑っている


ここまで笑わせることをお伝えしてみました。


自分と子どものことを

想像しながら読んでいただけましたでしょうか?


いかがでしょう?

笑わせることを意識してみると、

しぜんと自分の表情も笑顔になっていませんか?


実際に子どもを笑わせている時もそうです。


おもしろいことを言ったり、

くすぐったり、

鬼の形相で笑わせようと思っても

子どもが笑うはずがありません。

きっと、

自分も笑いながらになっています。



子どもと過ごす一日。

笑いながら楽しみましょう(^0^)



どうやって子どもを笑わせますか?


その時のあなたは、笑っていますか?



次回は、「病院」のことについて

取り上げてみようと思います。



今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、

ファザーリング・ジャパン九州

の一員として

親子イベントに参加してきました。


おやこフェスタ

in海の中道海浜公園


今回の公演は、

大型絵本読み聞かせと、

父親向けのイクメンクイズです。



読み聞かせに使った大型絵本は、

本当にデカい。


イクメンファミリーのココロを元気にする☆-大型絵本読み聞かせ

聞いてくれた子どもたちはもちろん、

読んでいる僕たちも

このデカさに大興奮!


絵本を読みながらの

子どもたちとのやりとりを、

いつもよりスケールアップして楽しめました。



そして、

読み聞かせのあとは絵本Live

ファザーリング・ジャパン九州の

パパたちが、

絵本を題材にした歌を歌います。


イクメンファミリーのココロを元気にする☆-絵本Live

子どもたちも一緒に歌ってくれましたよ(^^)



絵本、歌。

参加してくれた子どもたちの笑顔が、

僕たちにとって

そしてパパ・ママにとって

何よりの宝物です。



イクメンクイズでは、

もうすぐ2歳になる男の子のパパが

積極的に参加してくれました。


パパに抱っこされた子どもの笑顔が、

普段の関わりを物語ってくれた

と思います。



絵本にしても、

日々の育児、家事にしても、

積極的に楽しんで取り組みましょう!



ファザーリング・ジャパン九州では、

今後も

「笑っている父親を増やす」

ための活動を続けていきます。


【関連リンク】

NPO法人ファザーリング・ジャパン

ファザーリング・ジャパン九州



今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。