子育て夫婦を10倍楽しむコツ イクメンカウンセラー吉村伊織

父親が、
育児を、夫婦の会話を、自分自身が生きることを楽しむ!
日常の体験を添えてお届けします

福岡 ライフワーク コーチング カウンセリング イクメン 育児 夫婦 親子 自信 ワクワク 楽 セミナー イベント 木の絵 心理テスト コミュニケーション


テーマ:

今日は、午前中にメンタルの心理学教室のリピート受講に行ってきました。


長男の小学校の授業参観が昼からあって仕事の休みを取っていたので、

それまでの時間にちょうど受講できた昼クラスに参加です。



今日の講座の中で取り上げられた『森田療法』。


自分の感情のあるがままを受け入れて、

その上でしっかりと行動を起こしていく


という、僕の好きな考え方のひとつです。

この、あるがままを受け入れながら行動に移していくというのは、

「とらわれ」からの脱却

というテーマにつながっています。


たとえば、何か不安なことがある時。

明日の朝礼で当番が回ってくるとか。

不安だななんて気になりだすと、余計に不安になってきた!

なんて経験はないでしょうか?


ひとつの物事や感情にとらわれてしまうと、

他のことまでストップしたりうまくいかなくなったりします。

だったら、一度その「不安だ」ということを自分で認めてみましょう。

そしてその上で、できることをやっていきましょう!

という考え方です。


講座を受けながら、

「とらわれ」という言葉から「執着」の漢字の話

を思い出しました。


執着というのは、何かにとらわれている状態です。

それを表す「」は、漢字の「」と「」で成り立っています。

これは、せに背中をめて必死にしがみついている様子。


幸せにならなければならないと思う感情にとらわれてしまうと、

鼻息が荒くなって身の回りの幸せに気付けなくなるのを、

漢字が表現してくれているのです。


ちょっと肩の力を抜いて、

自分の身の回りことに目を向けてみる。

当り前のことを丁寧に実行してみる。


実は、「幸せ」って、

そんな身近なところで見つけてもらえるのを待っているものかも。


だからといって、

「とらわれから脱却せねば!!」と思い過ぎると・・・


それはそれでとらわれてしまう。


イタチごっこのようになってしまいますね(^^;


不安になったりしてもいいらしいよ

と、そんな風に身軽に考えられたらいいのではないかと思います。


早いもので今年も半分を過ぎました。


残り半分も充実した日々にするために、

いちど肩の力を抜いて身軽になるきっかけになれば嬉しいです。


【関連記事】

>>疲れを活力源にするアプローチ

>>幸せってなんだろう

>>幸せってなんだろう~続編~


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、久々に仕事でこんな時間に家に帰り着きます。

いろいろと考え事をしながら自転車をこぎ、

ふと空を見上げた時に思いました。


夜の空にも、雲があります。

固まって厚みがある雲。

薄く流れていく雲。


昼間の、青と白との差ほど鮮明ではないけど、

はっきりと確認することができます。

この目を使って見ることで。


カメラで写真に収めることができるだろうかとやってみても、

撮れた写真は真っ暗で何も見えませんでした。


夜空の色も、

真っ黒ではなく、限りなく黒に近い濃紺というような

深い色をしています。


そんな微妙な違いを識別できる目って、

やっぱりすごいんだ!


当り前に使っているけど、

人間ってすごいものを持っているんですね。


感謝の気持ちと同時に、

子どもたちにも伝えていきたいと思います。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、友人からの相談(?)を受けて、

洗濯物について考えてみます。


洗濯物を干すのも、たたむのも苦手。

どうやったらできるようになる?


というのが、友人にとってのお悩みでした。


僕は洗濯物を干したりたたんだりするのは、

家事の中では好きなジャンルです。


せっかくならその悩みのヒントになることはないだろうかと

会社の後輩とも話してみたところ、

『いかに楽しみを見出すか』

というところに行きつきました。


楽しみを見出すポイントとして、

具体的なことがいくつか出てきたので書き出してみましょう。


①たたみ方の違いを観察する

後輩は、自分以外の家族がたたんでいた時に、

自分とのたたみ方の違いに気付くとおもしろさを感じる

と言っていました。


思い返してみると、

確かに僕の実家では母と祖母とではたたみ方が違います。

結婚してから、お義母さんとの違いにも気付きました。

そして、そのみんなと僕のたたみ方も違う。


真似してみたり、自分の道を貫いてみたり、

違いを知ることで行動の選択肢が広がります。



②汚れていた服が綺麗になったことに喜びを見出す

これは、子どもがいると感じやすいかもしれません。


我が家の長男も次男も、

外で泥だらけになって遊んだり、家の中で絵具を豪快に使ったり

食べ物をこぼしたりと、

なにかと服を汚します。


だからこその洗濯なんですが、

洗濯前のその状態を目にしておくと、

綺麗になって出てきた服を見て嬉しくなれます。



③洗剤・柔軟剤の香りを楽しむ

現在は、特に香りにこだわった洗剤・柔軟剤も数多くあります。

ひとつの柔軟剤にいろんな香りがあったり。


その中から自分の好きな香りを見つけて使ってみると、

干すたびにその香りに癒されることができます。



④自分の想像を膨らませる

僕は中学・高校時代に洗濯物をたたむ手伝いをしていたのですが、

その頃は勝手に

『もし、【世界 洗濯物たたみ選手権】なるものが開催されたら、

 自分は優勝できるだろうか?』

なんて想像を膨らませていました。


いかに早く、きれいにたたむか。

想像の中の【世界 洗濯物たたみ選手権】では、

そこが審査基準にです。


イメージの中で世界の強豪たちと戦ってきたおかげで、

洗濯物をたたむことが好きになったのはあるかもしれません。



ほかにも、

乾燥機付きの洗濯機に買い換える、

早くたたむ時短テクニックも公開されているのでやってみる、

というのも出てきました。

文明の力を借りたり、テクニックを身に付けるのも

有効な方法と言えそうです。


いかがでしょう?


ひとつでも参考になれば嬉しいのですが(^-^)


洗濯物(家事)だけに限らず、

『いかに楽しみを見出すか』

というのはいろんな場面で重要になってきますね。


ひとりだけで考え込まず、

誰かとアイデアを出し合うとまた違ったものが見えてきます。


イクメンにとって、家事をこなせるのも重要なスキルです。

もしも困った時には、

是非一緒にアイデア会議に取り組んでみませんか?


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。