極上体験で磨かれる女神の美


あなたは存在するだけで
世界を無限にうるおす美しき女神です


徳住さとみのブログ

NEW !
テーマ:
{83C9B3A2-173E-45AA-AEA6-4AF5C1098850}





「わたしのことを認めて。」

「わたしのことを見ていて。」

「わたしこんなに頑張っているんだよ。」




いつも気にかけていて欲しくて

褒められたいという欲求。




じぶんを育ててくれる

親や先生といった関係性の方に

それを無意識に求める方もいます。




承認欲求




エネルギーが重く

向けた対象者のエネルギーを奪います。

ちょうだいよって、言っているのと同じ。




外に向かっていくエネルギーは

拡大していきますが

内へと沈んでいくエネルギーですね。




基本、ひとは

おやこであっても

先生と生徒の関係であっても

じぶんを生きることで精一杯ですから

ひとのことには深く構っていられません。




そのことを

いい意味であきらめましょう。笑




ひとに委ねている部分を手放すことは

じぶんへの信頼と力をとりもどすことです。





そして、他者に求めている

褒められたい欲求があると自覚したら

じぶんでじぶんを褒めぎってください!




ちょっと、痛いよね。。

ってくらいでちょうどいいです。笑





そうしている内に

他者に向けているものが

完全にじぶんに向かってきます。




本来のパワフルさを常に発揮して

軽やかにいきましょうね〜♡


いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
{61E422DF-0F0B-46A7-A8B3-AF744FDD4DD5}




意識を優位にさせることで

与えられたコンラッド東京の極上空間!




*関連記事*

意識レベルでの選択をする




家具はいたるところにカッシーナ。

座り心地は語るまでもありませんね。。



どこからの眺めも美しくて

東京に住みたい!と、はじめて思いました。




{2F37FF76-8290-48AC-AE9D-92C7475374F6}





{536DADD0-B14A-4337-83D5-56248139066A}





{12BD9617-B63A-4F4B-B51E-0FB9E3880A38}





{8B2454C9-08DF-47D2-9299-3A9970A6D1E7}





{7A3BD10A-AD0D-46CC-83F0-1B0FAD3B8180}



{2CAC9C15-D694-4059-8298-B49ACD6AB067}





{F76F80E8-03A2-4E6B-86C7-ACAFDC0CB6EB}





{335ECE25-B0CA-4525-8092-C512ACAC13A4}




デスクに座って、たそがれてみる。笑

なじんでいますでしょうか。。。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{061D85EC-2F9D-48F5-A4F0-C0AC96FAA3E4}




東京でのギフト。



今回、数え切れないほどあるのですが

そのなかでも鳥肌がたつほど感動したのは

東京滞在に選んだホテルでの出来事です。



3年前の夏に、

ものすごく背伸びをして

アフタヌーンティーをした

コンラッド東京に滞在してみたい。



そんな気持ちがわいてきて

検索して気にいったお部屋はスイート。



少し勇気のいる価格帯でも

お仕事を兼ねればありだよなーと。

じぶんなりのルールで予約してました。




滞在するところを決めた時に

東京に足を運ぶたびに気になりつつ

していなかった土地の神様にごあいさつすること。

今回は、学びでの滞在だったのですが

前泊してでも、一番に足を運んで手をあわせたい。



そう想ったときに

お顔が浮かんだクライアントさまに

道案内役をお願いしたい旨をお伝えしたら

快く引き受けてくださったのです。




そういえば・・・



これまでも何度もそうやって

わたしとの時間を過ごすために

お仕事の調整をして逢いにきてくださっている。



まっすぐな愛を行動で示してくれる

その姿をおもうとすごく感動してきて。

予定していた仕事をいれることをやめて

その方との時間を優先しようと決めたのです。




わたしからできること。

いつも与えてくださっている

愛への感謝をカタチにしたいとおもって。




それでもはじめての選択に

脳内ではすこし葛藤しましたよ。笑




仕事をいれないなら贅沢なんじゃない?

お部屋のタイプを変えてもいいんじゃない?

そもそも、ホテルを見直しする?


とか。




最終的には

そもそもなんで東京に行くのか

その目的に意識をあわせたときに

泊まりたくて気にいったその空間に

身を置く経験をじぶんに与えたいという

欲求をも同時に叶えることにしたのです。




完全に意識レベルでの選択。




それが今回のギフトにつながって

スイートの中でもコンラッドで一番広い

130平米の(30万クラス)お部屋に

アップグレードされたのです!




思考優位をやめたからこそ

意識レベルで求めている世界が

今ここに現実のものとして現れてくれた。



そのことも教えられた出来事でした。





{ACD26C7C-E590-49A6-8C52-A2A5102D7FCF}




いいね!した人  |  リブログ(0)