米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先選定が難航していることをめぐり7日、閣僚から記者会見で鳩山由紀夫首相を擁護する発言などが相次いだ。

 前原誠司国土交通相は、首相が沖縄県内移設を表明したことについて「さまざまな条件、すべてが難しいという中で苦渋の判断をされた。首相は大変苦労されている」と理解を示した。その上で、「なぜ米軍が日本に駐留しているのかといった全体像を、国民に示していかないといけない」と強調した。

 原口一博総務相も「日本国内でお互いに『あれもできない、これもできない』と足を引っ張り合うのではなく、多くの国民の皆さんに協力を賜りたい。沖縄県の現状を少しでも前に進めたい」と首相に同調した。

 一方、北沢俊美防衛相は「首相の大きな沖縄に対する思いが、この決断を少し遅らせたことはなきにしもあらずだ」と指摘。首相がこれまで「最低でも県外」と述べていたことに関しては「政治の現場で約束したことは極めて重いが、すべて実現できるかということとは別問題だ」と語った。

【関連記事】
山岡国対委員長、普天間問題“失言”で認識の甘さ露呈
民主、地方議員も与党ボケ? 批判ほぼなし
首相の「努力目標」発言は詭弁 大島氏が批判
鳩山首相の祖父墓に塗料「批判は私自身が受ける」
【週末に想う】いまさら「腹案」とは笑止千万 小林静雄
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<送る会>ばばこういちさん=6月4日・東京のホテル(毎日新聞)
<梅雨入り>沖縄と奄美地方 昨年より12日早く(毎日新聞)
<掘り出しニュース>山梨県民、なぜアサリ好き? 1世帯当たり消費量は全国平均の倍(毎日新聞)
キャバ嬢から天引きの所得税を脱税 経営者逮捕(産経新聞)
<毎日新聞社>1都3県で「MAINICHI RT」創刊へ(毎日新聞)
AD