2010年度に中学卒業までの子ども1人当たり月1万3000円を支給する子ども手当法案は、参院でも17日午前の本会議で趣旨説明と質疑が行われ、審議入りする。同法案には与党のほか、公明、共産の両野党も賛成しており、年度内に成立する見通し。
 法案は、10年度の支給に限った内容。子ども手当は2、6、10月の年3回、原則的に4カ月分をまとめて支給する。法案が成立すれば、最初の支給は今年6月となる。所得制限は設けない。衆院では、公明党の修正要求を与党が受け入れ、支給対象になっていない児童養護施設の入所者に対する支援の検討などを付則に盛り込んだ修正案が賛成多数で可決された。 

【関連ニュース】
子ども手当法案が衆院通過=公明、共産も賛成、月内成立へ
高校無償化法案が衆院通過=子ども手当法案も
子ども手当法案を衆院厚労委で可決=公明、共産も賛成
子ども手当修正案を了承=公明
満額支給、6月までに判断=11年度以降の子ども手当

高齢者施設、設備費用が重荷の防火(読売新聞)
<大雪>青森・八戸で61センチ 宮崎9年ぶり降雪(毎日新聞)
子ども手当法案修正「検討中」=鳩山首相(時事通信)
「敬愛する金総書記」107回、日米に敵対…朝鮮学校「現代朝鮮史」(産経新聞)
阿久根市長きょうも欠席、特別委審議打ち切り(読売新聞)
AD