4日午後4時55分ごろ、宮城県柴田町槻木上町のスーパー「Aコープ槻木店」の駐車場で、同町に住む、男性会社員(37)のワゴン車から出火。車は全焼した。車内には男性の長女(3)と次女(1)がいたが、妻(29)が助け出し、無事だった。妻は右手首に軽いやけどを負った。

 大河原署によると、男性らは子供2人を車内に残して買い物し、約10分後に戻ったところ、車内がくすぶっていたという。

 ワゴン車は3列シート。男性によると、2人は中央のシートに座り、運転席と助手席の間にライターが置いてあった。同署はライター遊びが出火原因の可能性もあるとみている。

【関連記事】
落とし物を届ける間に出火し、ラーメン店全焼 和歌山
ワゴン車炎上 子供だけ…相次ぐ悲劇 専門家「常に危機感持って」
120m手前、不整脈で意識不明か 大阪の送迎用バス衝突炎上で
「生きているのがいやになった」 自宅に放火容疑で逮捕 埼玉・深谷
法の網くぐり抜ける炎 7人死亡、繰り返す悲劇
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

高齢者の7割、将来に不安=健康、介護、収入で-内閣府調査(時事通信)
新党準備、今夜会合=与謝野氏ら-鳩山邦氏の参加焦点(時事通信)
「二十四の瞳映画村」に12匹のこいのぼり(産経新聞)
立ち入り9割超で違反、公表制度の創設検討 高円寺ビル火災受け報告書(産経新聞)
小学教科書検定 神話など伝統文化増えるも、自虐史観は残る(産経新聞)
AD