福岡県久留米市と大牟田市で28日午後、郵便局員などを名乗る複数の男が訪問し、現金などをだまし取る詐欺事件があった。うち1件はあらかじめ被害者宅の電話番号を調べるなど巧妙で、郵便局員を名乗る手口は共通しており、県警は同一グループによる連続詐欺事件の可能性もあるとみて捜査している。

 県警久留米署によると、同日午後2時ごろ、久留米市南の無職女性(83)方に、郵便局員をかたる男2人が訪れ「郵便局の方が利息がいい」と貯金を勧誘した。女性が信用組合の預金35万円を引き出して帰宅すると、1人が待ち構えていた。不審に思った女性が渋ったところ、局員を名乗る別の男から自宅に電話があり「2人は郵便局員で、話は本当だ」と告げたといい、女性は男に現金を渡したという。

 また、県警大牟田署によると、大牟田市ではこの直前の同1時50分ごろ、無職女性(86)方に郵便局員を名乗る男が訪問。女性が「金を預けていない」と言うと立ち去ったが、その直後に、農協職員をかたる別の男が訪れ「担当が代わった。口座番号が変わるから自分が手続きする」などとキャッシュカードを要求し、だまし取ったという。女性が農協に連絡し、口座が凍結されたため現金の被害はなかった。【丸山宗一郎】

【関連ニュース】
恐喝:未公開株詐欺の社長脅し4000万円 容疑で男逮捕
不正接続:知人マイレージで買い物 全日空のサイト使い
動物死骸遺棄:ペット葬儀業者を詐欺容疑で再逮捕 埼玉
詐欺:高齢女性から7000万円 元証券マンを逮捕
振り込め詐欺:泥はね服汚れた…大阪府警が容疑者逮捕

APECに向け初の大規模訓練=本番はSP1000人超投入-警察庁(時事通信)
橋下府知事「まちづくり推進PTは目玉中の目玉事業」(産経新聞)
邦人1人が軽傷=タイ爆発事件(時事通信)
舛添氏「金のかかる政治と決別」 政治とカネ問題に苦言(産経新聞)
支払基金が基本理念を策定(医療介護CBニュース)
AD