億万長者になるために~新興市場の注目株~

主に新興市場の中小型株を投資対象として企業ホームページ及びIRセミナー、IR担当者への質問、四季報を利用したボトムアップアプローチによる分析(素人なのでアバウトですが)で投資活動しています。みんなで良い銘柄の発掘に努めましょう!!


テーマ:

昨年、IPOでの上場直後に業績を下方修正する企業が数社見受けられました。



ちなみに本日も昨年10月に上場したばかりのフラクタリストが業績の下方修正を行っています。



フラクタリストの業績下方修正:
http://www.fractalist.jp/release/2007-03-08_53.pdf



昨年、上場直後に下方修正した企業と内容


●昨年4月上場 ビューカンパニー
 →5ヵ月後である9月に業績下方修正
  更に今年1月に再度下方修正

●昨年4月上場 ゴールドパック
 →2ヵ月後の6月に大幅な業績下方修正

●昨年9月上場 ペッパーフードサービス
 →4ヵ月後に平成18年12月期業績の下方修正

●12月上場 T&Cホールディングス
 →1ヶ月も経過していないうちに業績の下方修正



なお、それぞれの主幹事証券会社は以下の通りです。



●ビューカンパニー(JASDAQ)
→野村證券

●ゴールドパック(JASDAQ)
→三菱UFJ証券

●ペッパーフードサービス(東証マザーズ)
→日興證券

●T&Cホールディングス(大証ヘラクレス)
→みずほインベスターズ証券


上場した翌期に下方修正するなら、まだしも上場した期の下方修正だなんて個人投資家騙し

としか思えません。



しかも、それら企業の上場支援しているのは、大手証券会社がぞろりと揃っています。



この様なことで、上場企業のリサーチなんて出来るのですかね~、と思わず文句を言いたく

なってしまいます。



IPOする企業は主に新興市場に上場してきます。



そして、それらの新興企業IPOの公募及びセカンダリーで株を購入しているのは多くが

個人投資家です。



ただでさえ昨年の新興市場の下落で個人投資家のマインドが悪くなっているのに、

この様なことがたびたび続けば、新興市場の企業全体にまで不信感が広がり、

更に需給が悪化しそうです・・・。


個人投資家のマインドが冷え込めば、証券会社としても個人投資家の株式売買手数料収入が

減少するわけですから、この様な不祥事(?)が続くことはあってはならないことだと思います。


証券会社はそれらの将来の売買手数料の減少よりも、すぐにIPOしそうな企業があれば

上場させて、目の前にある上場手数料を得た方が良いといった短絡的な考えでも

あるのでしょうかね?


とにかく何がなんでも、この様なことが発生することが無い様に各証券会社のモラル及び

審査の徹底をして欲しいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、ドリームインキュベータが第3四半期業績を発表しましたね。


ドリームインキュベータの会長は有名なこの方


堀紘一.jpg

<堀紘一氏>


最近、堀さんはTVやマスコミに出てこなくなりましたね。
仕事が忙しいのでしょうか!?



話しがそれましたが、第3四半期の業績は以下の通り。
               
売上    1,355百万円(前期比△55.1%)
営業利益   285百万円(前期比△83.1%)
経常利益   352百万円(前期比△78.1%)
純利益    196百万円(前期比△79.7%)


と前期比で見て大幅に減収減益となってしまっています。
ちなみに期初に掲げている19年3月通期計画は


売上     4,950百万円
経常利益  2,200百万円
純利益    1,270百万円


といずれの項目も18年3月期実績の約20%UPの計画となっているんですよね。


平成19年3月期通期計画に対して、第3四半期実績の進捗状況が良くないため

通期決算に関しては注意が必要だと思われます。


ただ、もともとドリームインキュベータは上場企業株の含み益がありますから、それらの株を

売却してある程度、ツジツマを合わせてくるかもしれません。但し、そうなるとせっかく今まで

丹念に貯蓄してきた将来の利益の源泉を摘み取ってしまうことになりますね。


ちょっと注意が必要かな?


頑張れ、堀会長!!


ドリームインキュベータの第3四半期業績:
http://www.dreamincubator.co.jp/ir/pdf/ir070125.pdf

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メディシノバ・インク(ヘラクレス4875)がNYのNASDAQ市場に上場が承認されました。


12月7日午前9時30分に上場取引開始されます。


これで日本ではヘラクレス市場、アメリカではNASDAQに重複上場となりました。


ただメディシノバ・インクはもともとアメリカの企業なんですよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

㈱サマンサタバサジャパンリミテッド(東証マザーズ7829)が27日に株主優待の一環として

上場一周年記念株主対象優待特別価格販売のIRをしました。


販売会の内容:招待状を持参の株主が対象

          当社グループ商品を優待特別価格にて販売

販売会対象者:平成19年2月末現在の株主

販売会の時期:平成19年6月予定


サマンサタバサHP:http://www.samantha.co.jp/

上場一周年記念株主対象優待特別価格販売のIR:http://www.samantha.co.jp/pdf/061127.pdf




サマンサタバサの寺田社長はマスコミ関係にも多く出演されてるので、ご存知の方も多いかと思いますが

知らない方のために少々企業分析を行いたいと思います。


まずサマンサタバサはアパレル企業です。


基本的にはバックを企画・製造・販売する企業と思って良いと思います。

社名通りにサマンサタバサというブランドのバックを主に20才台女性(←私の推測です)を

ターゲットとして展開している企業です。


サマンサタバサは海外の高級ブランドを強く意識しており、セレブリティルームとオーダーメイドルーム

を設置し、スタッフとゆっくり相談しながら希望のオーダーをすることも出来ます。ブランドイメージUP

のために日本の有名なタレントのみならず、海外のタレントまでも採用し、ワールドワイドなブランド戦略

を現在、展開しています。日本初の本格的なブランドとなりうる企業ではないかと思います。



で、ここからは企業分析です。



売上構成(2006年2月)

 バック 部門  :11,552(85.3%)

ジュエリー部門 : 1,387(10.2%)

 その他 部門 :   612( 4.5%)

(単位:百万円)



ブランド別店舗数(2006年2月)

  サマンサタバサ  :43

  サマンサベガ   :28

バイオレットハンガー:17

サマンサティアラ   :13

  その他       : 1

  合計        :102

以上の売上構成からしても現在はやはりバックの会社と言っても良いのではないでしょうか?



次は売上の推移ですが、


2002年2月期  5,190,152

2003年2月期  6,124,325(前年比118.0%)

2004年2月期  8,590,471(前年比140.3%)

2005年2月期 13,552,212(前年比157.8%)


と非常に急速に業績が拡大しています。


ちなみに私は1999年頃にこのブランドを知り、非常に良いブランドだなぁ~とは注目していましたが、

ここまで業績が拡大し、上場することになるとは想像もしていませんでした。


2006年2月末時点で102店舗ですが、今後20~30店舗ペースの出店計画をたてていると

P11の店舗展開についてで記載されています。

となると普通に考えれば、現在の102店舗に対して毎年20~30店舗の出店計画なので、

今後は2~3割程度の成長になるのではないでしょうか!?


2007年2月期業績予想

  売上   17,006(百万円)

経常利益   2,476(百万円)

当期純利益  1,262(百万円)

EPS      7,516(円/株)


11月27日終値が41万7千円なのでPERは55.4倍と非常に高い評価を受けています。

2005年12月に上場してばかり&企業としての注目度が高いことから高い評価を受けているのでは

ないでしょうか!?


個人的に企業としては注目していますが、株式には・・・って感じですかね~。


寺田社長自体が成長思考を持っていることから、店舗数拡大のみによる企業成長をイメージしている

わけではなく、恐らく今後は洋服や靴などを手掛けたりするなどして、海外ブランドに肩を並べることを

目指して、売上及び利益の最大化をしていくのではないかと思います。


しかし、洋服や靴などの新規事業を手掛けて成長するにしても、費用と時間がかかることから、

現在のPERは割高に感じてしまいます。


日本発(初)のブランド企業になるべく寺田社長、頑張って下さいネ!!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。