億万長者になるために~新興市場の注目株~

主に新興市場の中小型株を投資対象として企業ホームページ及びIRセミナー、IR担当者への質問、四季報を利用したボトムアップアプローチによる分析(素人なのでアバウトですが)で投資活動しています。みんなで良い銘柄の発掘に努めましょう!!


テーマ:

12月4日にマーケティング事業とシステム開発事業を展開するシイエム・シイ(ジャスダック2185)が

上場します。一株純資産が約2,900円程度なのですが、公募価格は1,900円とPBRは

約0.6倍。予想PERも約5倍ととても低いんですよね~。ただ、直近の業績推移を見ると

今後の急成長も期待しにくいため、業績面で人気化する企業にも見えないですね。



初値は公募価格以上は付くんじゃないですかね、たぶん(笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「イナリサーチ」の目論見書をささっと見て気がついたことがあります。


「イナリサーチは企業情報開示に関して、まずまず良い企業だなぁ~と思いました。」



100点満点で言えば80~90点位のイメージの企業です。




理由は



①事業別売上及び営業利益額が開示されている

②事業毎の従業員数が開示されている

③国別売上及び営業利益額が開示されている

④主要得意先売上金額及び売上全体に対する割合が開示されている

⑤主力事業の売上推移が四半期毎開示されている(第4四半期に売上が偏っている)




以上の事柄以外にも商品特徴についてやリスク開示が比較的他社より詳細に明記されています。

これらの項目が開示されているものを見ても、「普通じゃん」って思いがちですが、これだけ開示されている

新規公開企業は意外に多くないんですよ~。




以上の事柄より、「イナリサーチ」はなかなか情報開示に積極的な企業だなぁ~と感じました。




逆にあまり良くないなぁ~と最近、感じた企業は「プライムワークス」です。


事業毎の売上は明記されているものの、営業利益額が開示されておらず、一体どの事業がどれだけ

収益を上げているのかが分からず、将来性を調査しにくい状況でした。またブックサーフィンという技術を

セルシスと共同開発していると目論見書に書かれていますが、正確にはセルシスがブックサーフィンを開発、

特許を保有しており、プライムワークスがセルシスと連携してソフトバンクモバイルのキャリアにブックサーフィンの
技術をカスタマイズし、納品しているというのが的確な表現です。目論見書を見る限り誤解をまねき
易いというか、ちょっと意図的に誇大表現している様に感じてしまいます。



こんな観点から目論見書を比較して読んでみると面白いと思いますヨ!



また、イナリサーチの手掛ける事業は



医薬品の開発工程


●基礎研究(2~3年)
 医薬品候補物質の探索・創製
●非臨床試験(3~5年)
 実験動物、細胞による安全性、有効性の確認

●臨床試験(3~7年)
 人での安全性、有効性の評価
●承認審査(1~2年)
 審査、承認、薬価基準、収載



といった流れで進んでおり、イナリサーチは第2番目の工程における試験を医薬品開発企業から

受託しています。



この事業を営む医薬品非臨床試験事業は前期の総売上に対して88%を占め、利益面では

その他事業が営業損失を出していることから、イナリサーチの主力事業となっています。



ちなみに、この非臨床試験を展開している企業としては5本指に入る企業であるとIR担当者は

話されていました。




平成18年3月期と平成19年3月期の四半期ごとの売上実績明細は以下の通りとなっています。




売上高
(千円)

         平成18年3月期  平成19年3月期

第1四半期     350,894     423,414
            (15.3%)     (16.7%)

第2四半期     459,630     607,233
            (20.1%)     (24.0%)

第3四半期     395,271     461,725
            (17.3%)     (18.2%)

第4四半期   1,085,062   1,042,970
            (47.4%)     (41.1%)




例年第4四半期に通期売上の40~50%が計上されているのが特徴です。これは製薬会社の予算執行

及び次年度予算計上等の都合があるためとのことです。



また、大手医薬品開発企業への売上依存度が高く前期(平成19年3月)の売上実績では


●武田薬品工業㈱
 13.4%
●参天製薬㈱
 10.8%
●塩野義製薬㈱
 5.3%
●アステラス製薬㈱
 3.4%


と特定の得意先企業に偏っている傾向があることも特徴的です。


株主構成を見ると



●中川 博司
 5,822株
●中川 賢司
 4,645株
●イナリサーチ従業員持株会
 2,736株
●八十二3号投資事業有限責任組合
 2,000株
●杏林製薬㈱
 1,530株
●田辺三菱製薬㈱
 1,350株
●ジャフコ・ジー九(ビー)号投資事業有限責任組合
 1,070株
●ジャフコ・ジー九(エー)号投資事業有限責任組合
 930株
●日本チバガイギー㈱
 900株



といった構成になっています。


上記の中では従業員持株会及びジャフコ(両方)、日本チバガイギー㈱にはロックアップがかかって

いないため、特にジャフコは売り圧力となる可能性がありますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがマザーズに上場すると発表されましたね。


きっと株主優待はチケットが貰えるんでしょうね。


ライバルはオリエンタルランドとなるのでしょうが、互いに切磋琢磨してより良い夢のあるサービスを
提供して欲しいものですね!!


㈱ユー・エス・ジェイの会社概要
http://www.tokyoipo.com/top/ja/index.php?id=pre&seqid=1761

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

IPOでタカタ㈱(東証1部7312)が100株

補欠当選しました。予想外の補欠当選でしたが、

公開株数の多さを見て、納得ですね。


PERは低いのですが、業務内容が「シートベルト

およびエアバッグ等の自動車安全部品の

製造・販売等」と地味で公開株数が2200万

~2400万株と非常に多いんです。

市場から900億円吸収することになるので、

初値も大きな期待は出来ないでしょうね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年はもうIPO当選しないと思っていましたが、

ここ最近ブックビルディングに申し込みを再開し、

コツコツと電話していました。

そのようなコツコツとした活動が実を結んだか、

フラクタリストが1株当選しました。


今年はモジュレについで、2銘柄目の当選です。

フラクタリスト銘柄詳細:

http://www.traders.co.jp/stocks_info/ipo/schedule/ipokobetsu.asp?no=3821


公開市場:名証セントレックス

上場日:10月11日

公開株数:1,800株

公募価格:40万円


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

M&Aアドバイザリー事業を展開する

GCAと日本M&Aセンターが上場しますね。


GCAホームページ:http://www.gcakk.com/

日本M&Aホームページ:http://nihon-ma.co.jp/


今までM&A銘柄というと買収される側の企業を

M&A銘柄として取り上げられることが多かったのですが、

この2銘柄が新たなM&A銘柄ということで加わるのでしょうね。


いつも思うのですが、アセット・マネージャーズは

M&A銘柄から蚊帳の外状態です・・・・。

多田建設とキムラヤのどちらかが上場すれば、市場から

M&A銘柄として注目される時が来るのでしょうが・・・。

しばらく先のこととなりそうです。


GCA代表取締役パートナーの佐山展生さんはM&Aに

関するコメンテーターとして良くTVに出ている方ですね。


佐山氏:http://www.gcakk.com/member/ns.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は東京IPOが主催する個人投資家向け

会社説明会に、よく参加しているのですが、

このたび東京IPOの西堀さんがIPOに

関する本を出版された様です虹





IPO株に当選しなくともIPOのセカンダリー・

マーケットでいかに儲けるかについての

手法を書かれています星


過去のデータ等を使用し、分かりやすく、かつ

儲けることが出来る手法を紹介していますお月様


西堀 敬
No.1情報サイト<東京IPO>編集長が教える!「IPO株」の本当の儲け方
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりにIPOをゲットです桜


モジュレを2株手に入れました。


IPO投資を始めて、はや5年経過しますが、

半年も当選しなかったなんてことはなかったです。

それだけIPOの公募株をブックする参加者が

増えたということですねブタネコ


私がIPOを始めたのが2001年で、

そのころはまだ株式投資も今よりはマイナーで、

かつ更にIPOなんて知っている人はいない状態でしたペンギン


ですから初値も公募割れする銘柄も多々ありました雷


でも、そんなIPOでもきちっと


①その時のIPO市場の活気度(人気度)

②ビジネスモデル

③PER評価

④公開株数

⑤IPOで市場から調達する金額の大きさ

⑥上場する市場


を評価できれば、容易に利益が得られる投資先でしたぶどう


ただある時期からマネー雑誌がIPOの初値パフォーマンス

の良さを取り上げ、特集を何度も組み始めた頃から

だいぶ変化の基調が現れ始めました波


個人的にIPOが当選しにくくなった、大きな転換点になったのは

2004年2月19日に上場した新生銀行

であったと思っていますビル


新生銀行以降のIPO銘柄から急に当選する確率が

異様に下がった記憶が明確にあるんですよね~ショック!


公的資金で国有化&外資系ファンド(米リップルウッド系)が

買収した旧・日本長期信用銀行が民間銀行として

上場したということで非常になったということと、

大型企業の上場にも関わらず、初値が1.66倍(525円→

872円)もついたことから、それ以降のIPO銘柄に注目が

集まったと考えています宝石赤


話しが過去のIPOの思い出話しにそれてしまいましたが、

久しぶりにIPOゲット出来て良かったですロケット


P.S.ダヴィンチのチャートにGCが出ましたOK
あとはNY市場が安定→好業績な日本市場が上昇

→絶好調な不動産流動化企業の株価は更に上昇

ってな感じになることを期待(中期的に)していますニコニコ



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月20日に上場するアドウェイズと

オウケイウェイヴの社長の経歴が

話題になってますね。


アドウェイズの岡村社長は最年少上場記録&

最終学歴が中学卒業で、オウケイウェイヴの

兼元社長は元ホームレスという経歴の持ち主

であるとのこと。


このような方々が増えてくると、夢が広がって

きますよね!!子供たちにとっても希望の

星となれますしね!


お二人とも頑張って下さいね!!


P.S.エイチアイテクノロジーの上場延期は

目論見書に書かれている記載事項が間違って

いて、その間違いを投資家全員に上場までに

周知させることが困難であると判断して上場

延期になった様ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月29日、1ヶ月ぶりにIPO再開予定であった

エイチアイテクノロジーが上場申請を取り下げ

しましたね。何か問題でもあったのかな?


公募価格まで決まっていながら&市場も

久しぶりのIPO案件で基調も上がっていたのに

残念ですね~。まぁ、IPO当選していないので、

私には全く関係はないのですが(笑)。


それにしてもIPOが当選しないっ・・・。

今まで平均しても1ヶ月に1度は当選していた

のですが、今のところ半年以上は当選して

いません・・・。今、ちょうど調べたのですが、

昨年12月20日上場したスターティアが

最後でした・・・。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。