億万長者になるために~新興市場の注目株~

主に新興市場の中小型株を投資対象として企業ホームページ及びIRセミナー、IR担当者への質問、四季報を利用したボトムアップアプローチによる分析(素人なのでアバウトですが)で投資活動しています。みんなで良い銘柄の発掘に努めましょう!!


テーマ:

⑥売上に対するアセットマネジメントフィーと

キャピタルゲインの 割合は?

アセットマネジメントフィーとキャピタルゲインフィーの割合は

50:50程度が理想であると考えている。ファンドの残高を

増やせば、アセットマネジメントフィーも伸びるし、キャピタル

ゲインを増やすための原動力にもなるので、残高を堅調に

伸ばしていきたい。

(中原COO)


⑦メザニンファイナンスへの取り組みについて

メザニンンファイナンスは中途半端なリスクを抱えて

中途半端なリターンになる場合がある。

アセット証券で手掛ける可能性はあるかもしれない。

(中原COO)


メザニンの資金の効率性からほとんど考えていない。

短期で利益が確保出来るメザニンであれば行うかもしれない。

アセットが筆頭株主に近いイーバンク銀行は既にメザニンを

行っており、アセットと協業で取り組む可能性はある(既に

行っている?)だろう。

(青木社長)


⑨次なるIPO企業は

キムラヤは監査法人のショートレビューを終わっている。

上場へ向けての、第2ステップの段階であると考えている。

社内体制を整えて、ショートレビューを受けて、改善策を出して、

主幹事証券に評価してもらう流れとなっている。

キムラヤ経営陣に早期上場目指して頑張ってもらっている。

(中原COO)


イーバンクが今年は、上場出来るという様に聞いている。

(青木社長)

⑩人材採用計画について


昨年はコアな人材を約25~26名採用した。一人当たり1億円の

利益がベースとなっているので現在、社員全員がフル回転で

働いている状態である。良い人材がいれば採用していきたいが、

当社の考え方や文化に馴染む人材であるかが重要であると

考えている。人材採用する際も人事部任せでは無く、チーム全員

で面接する機会をもうけて、当社でやっていける方かも判断して

いるため、離職率も低い。

(中原COO)


⑪投資銀行ベスト10入りに向けて


不動産ファンド事業とM&A事業以外の3つめ、4つめの柱を

育てることは必要課題であると考えている。

(中原COO)

投資銀行ベスト10入りするために必須条件として、

成長する市場でどれだけポジションを押さえることが

出来るかが重要であると考えている。

特に中国と架橋のエリアを押さえていくことが重要であり、

このエリアでアセットマネージャーズの評価を高く上げて

いくことが大切であると考えている。


本日、配布した「円、元、消滅」という本は、

我々(古川会長)が中心となりアジア共通通貨を

作ることを提言して、書いた本である。

その本を出版後、アジア開発銀行がアジア通貨にあたる

通貨の理論値の計算を開始した。

日本の有名な政治家にも配り、提唱している。

現在、ドル、ユーロの2通過が基軸通貨となっており、

円もこれらの2通貨の影響を大きく受けている。

現在の円が弱い通貨のため、アジア共通通貨を

作れば、これらの2つの通貨に影響されない通貨が

誕生することになる。

(↑古川会長がアジアへの強い想いを力説していました)

(古川会長)



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
~~~~~質疑応答~~~~~


①日本でカジノ計画があり、面白いと思うが?


香港の子会社にてeSUNホールディングスという

香港の大手財閥の1社の上場株式を所有している

この企業は香港リッツカールトンホテルの大株主であり、

マカオに15万平米の土地(中国本土から来る橋の

隣の場所)を持っているが、その土地付近(?)にカジノ

建設計画がある。

そのマカオの土地にeSUNがホテル3棟、コンベンション、

サービスアパートメントを建設計画を予定している。

これらの様にカジノ計画に対する投資銀行としてのノウハウも

あることからも日本のカジノ計画に対応出来ると考えている。
(古川会長)


②世界ベスト10の投資銀行になるまでの過程を

 詳細な事柄を付け加えて説明をして欲しい?


バブル期の大手銀行の投資銀行業務部門の利益目標は

200億円位(1億円/人)であった(元長銀の時代の話の様子)。

アセットマネージャーズの2007年2月期の経常利益が140億円

としているが、かなりの規模の投資銀行であると思う。恐らく、

経常利益が140億円という数値は、日本の投資銀行のベスト

10入りする順位付けになっていると思う。


M&A事業では、特にアジア圏の成長力に注目しており、

アジアでM&A事業を大きく展開することを考えている。


不動産ファンド事業で経常利益500億円を達成するためには

ファンド管理残高は2兆円位は必要ではなかろうか?

また、その際は自己資本は最低1000億円、1500~2000億円

あれば十分2兆円位のファンドの管理は出来るだろう。


経常利益1000億円の達成は201X年となっているが、

古川会長は2011~2012年のイメージ

中原COOは管理部門のため保守的に数値を捕らえており、

この目標に向かう途中で経済環境も変化することも必ずあると

想定していることも含め、硬く見ると

2015~2016年に達成するイメージ

でも良いのではないかと夢を抱いている。
(中原COO)


当初、中期経営計画の第3フェーズの終わりが2008年2月期の

経常利益150億円であったが、2007年2月期の経常利益140

億円で第3フェーズを終わりの時点と変更した(前倒しした)。

(↑それだけ事業の進捗度合いが順調に進んでいるということ)


今期の経常利益140億円は上期中

来期の経常利益の150億円も今期下期中

には見えて来る(仕込み終えれる?)だろう。


第4フェ-ズでアジアの投資銀行のベスト10入

第5フェーズで世界のベスト10入りを目指す考えである。


以前は、世界ベスト10入りという目標自体が、かなり遠い夢で

あったが、少しずつ近い夢になって来ている思う。

(古川会長)


③敵対的買収についてはどのように考えるか?


敵対的企業買収は成功率が15%と言われている。

当初から敵対的買収になるような案件は手掛ける考えは無い。

友好的買収からスタートして、結果的に敵対的になってしまった

場合はしょうがないと考えている。

(中原COO)


④キムラヤの出店戦略について


県庁所在地を中心に年齢・人口分布等のデータを

考慮に入れて出店計画を立てていきたい。

(中原COO)


⑤エンジニアリングレポートを作成する人は社内にいるのか?


第3者機関の企業に作成してもらっている。

(中原COO)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

⑦M&A事業

(国内事業再生案件)


キムラヤ:百貨店出身者を4~5名送り込み、

      事業を立て直している。

      GW前、岐阜県の大型ショッピングセンターに出店。

      来月福岡県中州に出店予定。

      今後は札幌、仙台、神戸に出店していきたい。

      年商300億円弱あるので、利益率が改善すれば、

      確実に上場出来ると考えている。


多田建設:案件の内容も良いが、リーマンブラザーズ証券と

       対等に再生事業を取り組めた(組む実力が出来た)

       ことが大変自信になっている。

       3年後を目処に上場したい。


宮交シティ:産業再生機構に再生プランを認められ、

      日本政策銀行共に取り組んでいる。

      将来はREITに組入れることも検討。


経済が回復してきているため、再生案件が減ってきている。

このため、負け組企業への投資を考えている。

ただし、自信を持って事業を伸ばすことの出来る

負け組への投資となるだろう。

⑧M&A事業の概要

(海外投資)


中国本土・香港の成長性に特に注目している。

古川会長が1ヶ月のうち3週間は香港を中心に取り組みに行って

いる。古川会長が直接人脈作りをし、パートナーとの信頼関係を

深めている。即断・即決出来る古川会長が行くことも重要である。


プレIPOで投資した企業が予定通り2社上場した。

China Medical Technologies Inc.

Wasion M

20~30億円含み益を持っており、

今期中にロックアップ解除されるため、

いつでも収益を取り込める状態となっている。


⑨ホスピタリティ&ウェルネス事業


オペレーションする事業を子会社で保有することで

シナジー効果が発揮出来ている。

消費者向けのオペレーション事業を所有することで

最新の消費者動向等の情報も入手出来るため、

次なる投資案件の戦略を練る&調査する上でも

貴重な情報源となっている。


⑩2007年度2月期の取り組み


介護・福祉業界に注目している。

デイケア施設を運営している企業のビジネスモデルを

半年間精査したが、非常に面白いと考えており、

不動産ファンドにて介護・福祉施設を取得していきたい。

実際、この事業をIR発表した1週間は生保・損保企業

から一緒に取り組みたい&手法を教えてくれといった

アプローチが非常に多かった。早期に500億円規模

まで拡大したい。


⑪中期利益計画

2007年度の売上・利益計画は積み上っている数値ではあるが、

2008年度分はまだ数値の積み上げが完全に終ってない状態。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、10時からアセット・マネージャーズの

株主総会&事業計画についての説明が

ありましたので、ご報告致しますビックリマーク


~~~~~株主総会前~~~~~


まず、会場の手前では無料で本を配っていました。

ちなみに配られていた本はというと、


一橋総合研究所 通貨戦略部会
円、元、消滅!
前田 裕之
地域からの金融革命―関西アーバン銀行の成長戦略


まだ中身は読んでいませんが「円、元、消滅!」

は一橋総合研究所が編著となっていますが、

古川会長が中心となったメンバーがアジアの

共通通貨をつくり、通貨統合・実現することの重要性を

記した本の様です(本日、古川会長もアジア通貨が

実現する様に政府に働きかけていると話してました)ビックリマーク


なお、配布された資料の中にキムラヤセレクトの

1000円商品券が入っていましたよ。


~~~~~株主総会において~~~~~


株主総会の進行及び回答は青木社長が担当され、

緊張した雰囲気の中、進められました。


そして、各議案は予定通り決議され、

次の質疑応答においては、決議案に関連する

質疑だけ受け付けるとのことでした(実際は、

年配の方が全く質疑とは関係のない質問も

され、青木社長も心地良く回答され、紳士

だなぁ~、と思いました)。

質疑において、個人的に印象的だったものとして、


①ストックオプションの費用計上はどの位予定しているのか?

→年間最大3億円を計上する。

②監査法人が中央青山である点について?

→現時点(5/30)では問題なく監査が進められている。

今後、問題なく他の監査法人へと移行する(?)。


~~~~~事業計画について~~~~~


株主総会終了後、10分程度の休憩があった後、

中原COOにより、少々砕けた雰囲気の中、

事業計画の説明をして頂きました。


①ビジネスモデルについて


2つの大きな事業で成り立っている。

一つ目の不動産ファンドビジネスは、

ゼネコンのフジタ出身の青木社長が中心であり、

二つ目の国内外M&Aビジネスは、

長銀出身の古川会長が中心となり事業を進めている。


②アセット証券の位置付け


個人が付き合っている通常の証券会社とは違い、

機関投資家向けに証券化商品を組成するために設立した。

また、投資家保護政策が進められており、その流れに

対応するためにも設立した。


将来、アセット証券をグループ会社の中核としたい!

(マーチャントバンキングとして拡大していくために大切な会社)


3年後以降に収益を上げれるだろう(当初1~2年は絶対赤字に

しない様に運営したい)。キムラヤのIPOの引き受け証券会社に

したい(IPO引受けするためには、まだまだ整備しなくては

ならない問題はたくさんある)。



③業績の推移


本年度の経常利益を140億円と計画しているが、第一四半期を

終了した時点で経常利益計画の大部分の契約や資金の引受け

しており、確実に達成出来ると考えている。


④2006年度2月期業績ハイライト


本体のバランスシートにて不動産を保有&売却したため経常

利益率が一時的に低くなってしまったが、今期以降は従来

通りの利益率に戻したい。

本来、ファンドビジネスが本業なので、今後極力、バランスシート

抱えない様にしたい。


⑤不動産ファンド事業


ファンド残高は2月末時点で、


流動型ファンドが822億円

私募ファンドが2,779億円

eASSET(REIT)が559億円

合計4,161億円積み上がっている。


3月以降に私募ファンドが更に1000億円積み上がっており、

合計すると残高は5000億円を超えた!


不動産価格上昇しているが、それ以上に物件の賃料も

上昇しているため、現在の環境下であれば問題はない。


中核都市不動産投資が活性化しているため、

地方より集められた物件情報に個別に対応している。


⑥不動産ファンド事業

(開発型ファンドの特徴)


価格下落リスクの低い都心部及び大都市圏で展開。

ターゲットは200~300億円規模の不動産開発。

隣接する古い建物を数棟購入し、再開発してバリューアップ。

開発した物件は完成して終わりではなく、テナントを集客して

リスクリーシングすることが重要である。テナントが多く入って

賃貸の質を上げれば、REITへの売却も出来る。

そもそも開発物件の事業の進め方はゼネコンの手法であり、

青木社長と岩崎副社長がゼネコン出身でネットワークを

持っているのが隠れた強みである。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、フィンテックがクレジットカードの

ファクタリング・ビジネスへリーマン・

ブラザーズ証券会社と提携して、

参入することを発表致しましたチューリップ赤


ファクタリング・ビジネスって何っ!?

て疑問に思ったのですが、IRの内容を

読むとさほど難しい内容ではなく、

従来、私がレストランA店にてクレジットカード

で決済すると、A店は月に2回しかクレジット

カードで利用された支払いを受けれず、

資金繰りに困っている企業にとっては、

この支払い期間の長さが致命的であったと

思われますガーン


が、今回のファクタリング事業においては、

カード会社と支払いと受ける企業の間に

フィンテックが入り、カード売上日の3営業日後

には支払いを行うといったもので、受け取る

企業には非常に都合の良いビジネスであり、

かなりの需要があるものと思われますハロウィン


なお、3年後には、このファクタリング事業の

年間取扱高目標を2,000億円とするとのこと。


今まで、この事業を行っている企業って、

なかったのでしょうかね!?




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

30日にアセット・マネージャーズの

株主総会が開催されますね黄色い花


アセット・マネージャーズの株主総会は

初めて出席することになるため、経営陣の

話しを直接聞けることが非常に楽しみです音譜


今日は経営陣に聞きたい質問事項をまとめて

総会当日に質問したいと思っていますフグ

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
060527_213532.jpg

最近女性の間でツバキ油が流行っていますよね!?

私もハマって使っていますわんわん

主に整髪材の代わりに使っているのですが、

髪にツヤが出ることと自然な付け心地なため、

非常に気に入ってますてんとうむし


是非、お試しあれビックリマークビックリマーク

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日のNY相場も反発しました。

どうやら短期的には多少の戻り相場に

入ったのではないでしょうか?


徐々に株価は16000円台へと上昇するので

しょうが、残念ながら懸念材料(ゼロ金利解除、

信用取引規制等)もありますから、残念ながら

また15000円台に戻ってきてしまう想定をして

います(悲観的でスミマセン、是非、この予想は

外れて欲しいのですが・・・)。


でも、こんな環境下でも私は変わらない考えが

ひとつあります!不動産流動化事業はまだ、

これから伸びていくであろうということ!!

ですから不動産流動化銘柄群には相変わらず

強気ですよっ!!

P.S.最近、株価下落に伴い長期金利も

    下落してますね。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月20日に上場するアドウェイズと

オウケイウェイヴの社長の経歴が

話題になってますね。


アドウェイズの岡村社長は最年少上場記録&

最終学歴が中学卒業で、オウケイウェイヴの

兼元社長は元ホームレスという経歴の持ち主

であるとのこと。


このような方々が増えてくると、夢が広がって

きますよね!!子供たちにとっても希望の

星となれますしね!


お二人とも頑張って下さいね!!


P.S.エイチアイテクノロジーの上場延期は

目論見書に書かれている記載事項が間違って

いて、その間違いを投資家全員に上場までに

周知させることが困難であると判断して上場

延期になった様ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月29日、1ヶ月ぶりにIPO再開予定であった

エイチアイテクノロジーが上場申請を取り下げ

しましたね。何か問題でもあったのかな?


公募価格まで決まっていながら&市場も

久しぶりのIPO案件で基調も上がっていたのに

残念ですね~。まぁ、IPO当選していないので、

私には全く関係はないのですが(笑)。


それにしてもIPOが当選しないっ・・・。

今まで平均しても1ヶ月に1度は当選していた

のですが、今のところ半年以上は当選して

いません・・・。今、ちょうど調べたのですが、

昨年12月20日上場したスターティアが

最後でした・・・。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。