★繊維質・食物繊維って何だろう★

便秘でツライ時は・・・

とか、

 

飲むセンイ

など、ありますが、

 

繊維質は腸の中で色々な役割をしています。

 

-腸内環境を整える-
食物繊維は動物の消化酵素では分解できませんが、

一部は大腸の善玉菌の栄養素として利用・分解されることで善玉菌を増やし、

腸内細菌のバランスを整えたり、

その分解産物が腸の粘膜細胞のエネルギー源になったりします。

 

不溶性と可溶性・・・

食物繊維は水に溶けるものかどうかで、不溶性繊維と可溶性繊維に分けられます。

セルロースは不溶性繊維の代表です。

人間はセルロースを分解する消化酵素を持っていません。

※ヤギさんはセルラーゼというセルロースを分解する酵素を持っています。

(紙の手紙を食べてしまいます)

 

◆セルロース

セルロースは栄養素としては利用されませんが、

肥満、糖尿病、便秘、下痢などの際にその特徴が利用されます。

 

~体内での役割~
体内における食物繊維の役割は、それぞれの性質によって異なります。

不消化性・不溶性の食物繊維は腸の働きを安定させる作用があり、

収縮(蠕動ぜんどう運動)を助けます。

また、十分な食物繊維を摂取することで満腹感が持続し、

食べ過ぎを防ぐことに役立ちます。

 

以下は、主な水溶性(可溶性)繊維


◆フラクトオリゴ糖(FOS)

フラクトオリゴ糖は発酵性の食物繊維であり、

「善玉菌」と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌の栄養源として利用されます。

しかし、「悪玉菌」と呼ばれる大腸菌やサルモネラ菌は、

フラクトオリゴ糖を利用することができません。

そのため、腸内細菌バランスを良い状態に維持することができます。

このようなものを「プレバイオティックス」と呼び、

フラクトオリゴ糖はプレバイオティックス成分として

腸内環境を良い状態に保つことに役立ちます。

 

◆マンナンオリゴ糖(MOS)

マンナンオリゴ糖は、酵母の細胞壁に多く含まれる食物繊維です。

マンナンオリゴ糖は悪玉菌と結合し、その後悪玉菌とともに排泄されます。

腸内の悪玉菌を減らし、腸内環境を良い状態に維持することに役立ちます。

 

◆サイリウム

サイリウムは水溶性の繊維質で、糞便中の水分を保持し、排泄を容易にします。

 

~体内での役割~
サイリウムは保水力が高く、水分を吸収するとゲルを形成して膨張します。

保水力を保ったまま排泄されるので、糞便中の水分を保持し、便秘の予防に役立ちます。

 

★ビートパルプ

「ビート」とは 甜菜(サトウダイコン)のことで、

「ビートパルプ」は甜菜に含まれる食物繊維です。

ビートパルプには可溶性食物繊維と不溶性食物繊維が含まれており、

フラクトオリゴ糖などと同様にプレバイオティックス成分として働きます。

 

便秘の治療・予防に利用される消化器サポート(可溶性繊維)には、

サイリウムとフラクトオリゴ糖

などの食物繊維が含有されています。

 

下痢や消化不良などの際に使われる消化器サポートには、

ビフィズス菌や乳酸菌の栄養になるフラクトオリゴ糖やマンナンオリゴ糖が

配合されています。

 

Hill'sのi/dやw/dには、セルロースやビートパルプといった食物繊維が使用されています。

 

また、減量用のフードのr/dには、セルロースがかなり含有されています。

ロイヤルカナンの満腹感サポートには植物性繊維という記載があります。

基本的には消化されず、そのまま排泄されますので、便の量が多くなることがあります。

 

 

AD