3月某日

 

 

  ブログを書かなすぎですねわたし。

 

  ツイッターはぽつりぽつりと書いています。

 

  ツイッターは短文、エッセイは長文、で

 

  普段の生活の中で思っていることを書くばしょになっていて、

 

  そうするとどうしてもブログがおろそかになってしまうなあ。


  ブログのみの読者のみなさん、忘れてませんか? わたしちゃんとここにいるよ。



  4月に久しぶりに本が出ます。

 

  といっても、なんだか書き下ろし! っていう感じじゃないの。

 

  書き下ろしなんだけれどね。完全新作なんだけれどもね、 

 

  3年間、ずっとその小説のことを考えていたの。

 

  小説の執筆期間は、4か月くらいだけれど。

 

  


  3年もずっとその主人公の女の子と一緒にいたから

 

  普通に、もう友達みたいな感覚で、

 

  自分が生み出したとかそういう感じもしなくなってしまっています。


  不思議だな。たとえば友達がデビューするみたいな気分だよ。


  


  もう少ししたら、もっと詳しくお知らせできると思います。


  待っててね。

 

  あと、どうでもいいけど、

 

  明後日引っ越しするので家中段ボールだらけで落ち着きません。






 








 

 

 

 

 




 WEBマガジン幻冬舎にて連載させて頂いているエッセイ

 

 「愛の病」更新されました。


 毎月、1日15日更新です。


 「カラオケを憎む」



 http://webmagazine.gentosha.co.jp/ainoyamai/index.html



 読んでみたら、漢字変換ミスしてました。


 すみません。


 刺す → 指す ですね。


 わたし、「さす」で、一番最初にでる漢字が「刺す」なんですね。

 

 「刺す」って、よく使ってるんですね。

 

 いったい、いつもなにを……?












 最近お世話になっている秋田市の皆さんから

 

 こんな企画をやってますよとお知らせ頂きました。

 

 https://www.akitacity-bijin.com/


 秋田の方とお話すると

 

 「いやあ佐々木希は可愛いけど秋田にはあのレベルがごろごろいる」

 

 と、よく自慢されます。

 

 ロシアは本当に大切な美術品は外国に出さないようにするらしいですね。

 

 秋田も美人を県外に出さないようにしているのでしょうか。

 

 わたしの自慢は、この中の4人と宴席を共にしたことがあることです。

 


なんとうなく

テーマ:

 1月某日

 

 

 最近はパソコンの前で毎日朝を迎えている。

 

  

 カーテンは相変わらずつけていないから

 

 朝も昼も夕方も夜も

 

 いつの時間だって空は見放題なんだけれど

 

 やっぱり朝日が昇るときは

 

 少し手を止めて

 

 窓の外を眺めてしまう。

 

 おはようおはよう日本のみなさんおはようございます。


 今日も晴れたね。

 

 東北は雪かな。

 

 皆が少しでも

 

 あたたかい朝を迎えられるといいなと心から思うよ。

 

 こわいことはたくさんあるけれど

 

 目をそらさずに受け止めて

 

 しっかり

 

 守りたいものを守れる自分でありたいと思います。

 

 今年はもう少しだけ

 

 まえにすすもうとなんとうなく思いました。

 

 

 


 


新年のご挨拶(今頃)。

テーマ:

 一月某日

 

 

 今年度は、

 

 おめでとうじゃなくて

 

 「今年もよろしく」

 

 という挨拶に統一しようと思います。

 

 

 今年もよろしくお願いします。

 

 できたら来年も再来年もお願いできますように。

 

 ひとりでも多くの人が

 

 暖かいお布団で惰眠をむさぼるような

 

 当たり前の幸福を感じられる一年でありますよう。

 

 

 狗飼恭子






 11月某日

 

 

 お友だち(美人)に連れられて、

 

 美人界では有名だというマルラニハワイさんにゆきました。

 

 パワーストーンのお店です。

 


 

 お誕生日や願望にあわせて、

 

 お店の素敵なお兄さんが石を組み合わせてつくってくれます。

 

 わたしは、たいへんに欲深い人間ですので

 

 人様をわたしの強欲の渦に巻き込まぬよう、自分で好きな石を並べて作りました。


 石の大きさも色もばらばらで、

 

 ものすごくいびつでわたしらしいお気に入りができました。

 

 

 写真を載せようと思ったら、わたしの携帯からわたしのパソコンへ

 

 メールの受信ができない設定にいつの間にかなっていて(!)

 

 なおせないのでごめんなさいまた改めて載せます!

 

 ほんとう可愛くできたのにな。見せられなくて残念だ。



 つけて三日後、早速お友達(美人)に、

 

 「それ可愛いね!」と言われましたよ。

 

 マルラニハワイさんは、六本木、ハワイ、新宿伊勢丹などにあるようですよ。


 

 これつけて、年末頑張る。





 

 

 

 


 

 




 現在全国公開中の映画、

 

 『ラビット・ホール』のパンフレットに、エッセイを寄稿させて頂いております。

 

 監督 ジョン・キャメロン・ミッチェル(『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』


 脚本 デヴィット・リンゼイ=アベアー(同名戯曲の原作者)


 で、その舞台に惚れ込んだニコール・キッドマンが、

 

 主演・プロデュースをつとめています。

 

 「大切なものを失った、その後」 の物語。

 

 

 どうぞ劇場でご覧になってください。

 

 そして、パンフレットも手に取ってくださいませ。