tittle‐tattle~徒然のままに記す

基本的にコラムというか雑文をつらつら書いております。ジャンルは料理やら映画やら小説やらアニメやらゲームやら漫画やら音楽やら料理やら猫やらと、無尽蔵にキリがないので暇つぶしにでもどうぞ。ではでは。

ちなみにそんなに面白くはないです。


テーマ:
あてにしていた連絡が来ないというのは、誰もが腹立たしいことかと思う。
例えば電話にしろメールにしろ、こちらから連絡をとってもレスポンスがない。繋がらないなど。
時間が経てば立つほどに、何か病気や事故で連絡ができなくなったのではないか? などと不安の雲すら浮かんでくる。同時に不快な気持ちも高まる。

とにかく、状況や心理状態によって伸びたり縮んだりと正体なく変化し続ける”時間”という怪物の中で、どんな形であれ相手に連絡をするということは唯一の形での決着の付け方でしかない気がする。

俺は先週から5日ほどちょっとした契約書の資料と電話連絡を待たされている。相手はいい大人だ。そろそろ勘弁してもらいたい。こっちの用意する物はもうすっかり仕上がっている。無駄に推敲をなんどもするほどだ。

とにかく、もう真夜中だ。明日を期待するしか手の打ちようがない。さあ、ブログでも何でもない愚痴です。

machibouke

以上。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この2ヶ月ちょいで生活費を除いて30万円くらい散財した。

事の発端は3月頭ころに結構な怪我をしてしまい、15万円は身動きがとれなくなったための医療費である。
入院費まで払うほど余裕がなかったので、とりあえずはどっちにしろ寝るしかない病気なので自家療養。
仰向けに眠り見えるのはずっと同じ天井。砂壁がキラキラと美しいではないか。肺が痛い状態なので呼吸がきつい。食事は買い置きの冷凍食品と缶詰。時折スーパーの宅配サービスで食品や飲み物を買い込む。輸送費500円が痛い。カップラーメンを啜りつつ録音しておいたラジオをBGMにとにかくぼーっと過ごす。本を読む気力もない。ネットも見るが、興味がすぐ失せてしまう。多分アパシーの状態に入っているのだろう。

うちには猫が2匹いるのだが悪いことをした、最低限の餌やトイレの面倒は出来る限りしたが何もかも足りていない。いつも元気な灰色の長毛種もあまり元気が無い、白黒の方は寝てばかりだ。心配しているのかなんなのか。すまない。

ある程度傷も癒え、痛みは薬でなんとかなるようになった。しかし、ずっと1っヶ月近くほぼ室内で寝たきりで暮らしていたので、直立不動というか、普通に立って歩くのも慣れてないエヴァ初号機みたいになってる。思いの外筋力が落ちてるというかバランスが悪くなってる。

近所をぐるりと短い距離ながら散歩。少し感覚が戻ってくる。というか、割と普通だ。

来週から仕事が入っている。今とりあえずリセットしよう。
少ない知人を上野の方に呼んで、皆で大衆酒場で飲んで、キャバクラ。全部奢っても5~6万程度。まあ、うえのだしな。ここで連れとは別れて、上野駅前に向かう。黒いハイアーが停まる。特に言葉もかわさないまま鶯谷方面に車は出る。そのまま着いた先は(旧)吉原。ずいぶんと昔より寂しくなったが、その分きちんとした店が多い。案内された店には、あらかじめ予約していた嬢がいた。細かいことは野暮なので120分のサービスで指名料込みで27,000円という値段設定だ。しかし、一昔前の高級店は6万円超えは当たり前だったので、このレベルでこれは破格だろうかと思う。いつの間にか胸の痛みも消えた気がした。

このバカバカしい散財は要するに無意味だただ無駄の中に宝がある。だからこれからもその宝を探そうと思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
タバコと明けの天使

真夜中のベランダ。上着を着ててすら肌寒い。けれどなぜか隣の家の壁をボンヤリ眺めて、アタシはタバコに火を点けた。すっとニコチンを吸い込み、肺に満ちた煙を一気に吐き出す。

星もまばらな夜空に白い吐息とタバコの煙が星々と寄り添うかに天に散りゆく。四階からの眼下に見える数台の客待ちのタクシーもアタシと同じように白い息を吐き出し談笑している。
「おじさん達もタバコ好きだねぇ」
声をかけると一斉に三人のドライバーが手を振った。
「俺はショッポ」
「むか~しからわかば」
「アメスピだよ」
そう、それぞれにタバコをすっとふかし、一斉に吹かした。
「おねえちゃんはなんだい?」
すっと吸い込み、吐き出す。
「ラッキーストライク」
ふわっと広がる煙をみて。
「おねえちゃん渋いねぇ、今度負けるからのってきな」
髭の似合う薄毛のおじさんが手を振ってクルマに乗る。他のメンツもそれぞれ愛車に乗った。

「じゃ~ね~、ダンディさんたち」
フィルター根本まで吸い込んだラッキーストライクをいつか誰かにもらった猫の灰皿に放り込み、明かりの消えたベランダから部屋に戻る。

今日はシャワーはいい。ただただ眠りたい。

入り込んだベッドには黒猫の先客。温かくていい。

明日は何が変わるんだろう。何も変わらないのだろうか。

きっと夜にはベランダでたばこを吸っているんだろうな。それは間違いない。

おやすみなさい。





ねてるやつ



とはいえ俺は酒飲みだがタバコはやらんw
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。