1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-01-01 17:23:02

韓国式 年代別に見る ”ナイ” シリーズ

テーマ:韓国体験記

 

あけまして

おめでとうございます。

 

ずいぶん、

ご無沙汰してしまいました。

 

 

心臓の手術をしたあと

軽い心の風邪を

引いてしまいまして

 

 

ブログを書く余裕が

ありませんでした。

 

 

この状態ではいけないと

思いまして

 

 

新年を機に

また少しずつ始めてみようと

思います。

 

 

2018年も

よろしくお願いいたします。

 

 

---------

 

 

韓国の友人から

 

これ、ウケルでしょう?と

 

カカオで送ってきました。

 

 

韓国人の

年代別に見る”ナイ”シリーズ

 

 

 

 

直訳してみます

 

 

10代[分別]がない
20代[答]がない
30代[家]がない
40代[金]がない
50代[仕事]がない
60代[楽]がない
70代[歯]がない
80代[妻]がない
90代[時間]がない
100代[全て]必要ない

 

 

 

韓国の

厳しい人生を

表しているようです

 

 

 

10代[分別]がない

 

10代は

この世の物事が

よくわかっていない年代

 

 

20代[答]がない

 

20代は、

しっかりした解答が

わらかないまま行動

してしまう年代

 

 

30代[家]がない

 

30代にはマイホームは

まだまだドリーム

 

 

40代[金]がない

 

家族ができると

自分で使えるお金は

ありません

 

 

50代[仕事]がない

 

不景気のこのご時世

50代でリストラされずに

いられることは

 

幸せなのです。

 

 

60代[楽]がない

 

60代になると

もう楽しみがなくなって

しまうのでしょうか。

 

 

70代[歯]がない

 

インプラント入れるにも

お金がかかります。

 

 

80代[妻]がない

 

そろそろ

ツレがいなくなる世代

 

 

90代[時間]がない

 

人生終了までの

タイムリミットまで

あとわずか...

 


100代[全て]必要ない

 

もう

あきらめの

境地なのでしょう.....

 

 

 

 

皆さんは今年

どれに属しますか

 

 

 

 

ワタシは、

年代的には

 

[金]がない

 

なのですが

 

 

でも

 

焦らず

ゆっくり

生きて行けたらなあ

 

と思っています

≧(´▽`)≦

 

 

------------------------------

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング

------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2017-10-17 21:42:31

韓国の病院食

テーマ:韓国体験記

前回のブログの続きです

 

 

検査の結果

冠状動脈の1つが

つまっていて

 

風船拡張術のあと

ステントを2つ

挿入したワタシは

 

 

 

 

 

 

サムスンソウル病院に

入院しました

 

 

 

 

静かな病室で

 

 

 

 

施術後の

脱力感で

 

 

ボーッとしていると

 

 

少し遅い

昼食を持ってきてくれました

 

 

 

 

 

今日は朝から

禁食だったので

 

まだ何も食べていません

 

お腹は

空いていたのですが

 

 

 

 

食事を見て

 

 

 

食欲がどこかに

すっ飛んでしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシは

長年韓国に

住んでいますが

 

 

どうしても

辛い物が苦手です

 

 

 

 

 

 

なぜに...

病院の食事まで...

辛いのだろう...

 

 

持ってきてくれた

食事を眺めていました

 

 

 

でも

わざわざ

持ってきてくれたので

 

辛くない物には

手をつけました

 

 

 

 

 

 

 

すこしお腹が

満たされると

 

 

睡魔が襲ってきました

 

 

今日は

朝7時半集合だったので

 

 

4時半に起きて

出る支度をして

 

1時間かけて

病院に来ました

 

 

 

施術前は緊張で

眠気はささなかったのですが

 

 

緊張の糸が

途切れたのでしょう

 

 

 

ワタシはベットに

引き込まれていきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「夕食です」

 

という声に

目を覚ましました

 

 

かなり

寝ていました

 

 

 

ベットの脇の机の上に

夕食が置いてありました

 

 

ふたが閉じてあります

 

さすがに夕食は...

と期待して

ふたを開けてみると

 

 

 

 

 

 

 

ふう

ため息です

 

 

 

 

 

 

 

なぜに...

病院の食事まで...

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

これ以外

食べる物がありません

 

 

地下1階に

食堂があるそうですが

 

患者は

行かれないことになっています

 

 

 

しかたない

食べるか...

 

 

辛くない物に

手をつけました

 

 

ストレスでまた

血管がつまりそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病室での時間は

なかなか流れません

 

 

まさか入院するとは

思っていなかったので

 

 

スマホ以外

何もありません

 

 

 

こんなに

ボーッとしてて

いいのかと

 

罪悪感を感じました

 

 

 

休講にしてきた授業

学生に出している課題

 

 

そんなことが

頭を巡ります

 

 

 

でも

今日は

特別な日なのです

 

 

全てを忘れよう

今日は...

 

 

 

自分に言い聞かせて

ベッドに横になり

また目を閉じました

 

 

つづく

 

 

------------------------------

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング

------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2017-10-16 21:39:00

韓国で心臓の手術を受けて入院しました

テーマ:韓国体験記

前回のブログの続きです

 

 

狭心症の疑いがあると

診断されたワタシは

 

 

 

관상동맥조영술
冠状動脈造影術

 

 

という検査を受けに

 

 

大きな病院に来ました

 

 

 

 

 

삼성서울병원

サムスンソウル病院

 

 

 

 

 

韓国で一番いい

と言われている

大病院です

 

 

なぜこんな

有名な病院を紹介して

もらえたのかといいますと

 

 

個人医院のお医者さんが

以前このサムスンソウル病院の

お医者さんだったからなのです

 

 

病院も運なのだな~

と思いました

 

 

 

 

 

 

16階の

待機病室に行きます

 

 

 

 

今日 

同じ施術を受ける

患者さんが7人

 

 

施術をする先生は

1人です

 

 

 

 

ワタシの順番が

5番目でしたので

 

 

4時間待ちました

 

 

 

不安と退屈が

行ったり来たりしていると

 

 

ワタシの名前が

呼ばれました

 

 

 

車椅子に乗せられ

 

3階の

カテーテル検査室まで

運ばれて行きました

 

 

 

 

 

ベッドの上に横になり

右手首を局所麻酔します

 

 

カテーテルを挿入して

心臓の様子を

検査しました

 

 

 

検査は20分ぐらいで

終わったのですが

 

 

 

 

結果が...

 

 

 

 

冠状動脈の1つが

90%つまっているので

 

 

つまっているところを

風船で拡張して

そこにステントを入れる

 

 

それで

ダメなら...

 

 

 

 

先生が

説明してくれた後

 

 

施術が始まりました

 

 

 

局所麻酔ですので

意識は普通にあります

 

 

ステントの長さを

どのくらいにしようか...

 

先生たちが話している

声がよく聞こえます

 

 

 

細い管が

心臓に入っているので

 

 

これが

メチャクチャ苦しい

(ノ◇≦。)

 

 

ワタシは

大きな口をあけて

深呼吸するしかなく...

 

 

 

先生

힘드세요?

しんどいですか

 

 

ワタシ

네, 좀 힘드네요

はい少ししんどいです

 

 

 

声をかけてくれる

ほかないらしく

 

そのまま施術は続き...

 

 

 

1時間ぐらい後

無事に終わりました

 

 

 

 

車椅子に戻され

施術結果を

先生から聞きました

 

 

 

先生

「正直 非常に

危ない状態でしたよ」

 

 

「このまま放置していたら

心筋梗塞になり

 

急死していたかも

しれませんよ

 

 

 

ワタシは

施術後で

体力を使い果たし

 

ボーッとしていて

 

ただ

 

아...네....

あ はい

 

としか

答えられませんでした

 

 

 

入院する

病室は17階で

 

看護師さんに

車椅子をおされ

 

 

3階から

17階の病室へと

向かいました

 

 

 

 

 

 

車椅子で

移動している途中

 

 

 

 

 

急死していたかも

しれません

 

 

 

という先生の言葉が

 

頭の中を

エコーしていました

 

 

 

つづく

 

------------------------------

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング

------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。