治まらない原発くん

テーマ:
余震が忘れた頃にやってきてなかなか安心出来ない毎日ですねあせる

ここ数日原発ニュースがあまり流れないな~と思っていた矢先、
福島第一原発「レベル7」に引き上げというニュースが流れました。

この先どうなるのかしらと思っていらっしゃる方は多いのでは。。。



さて、これから発信する内容は
科学的根拠はあまり無いお話で
ブログに載せようか数週間ず~~~っと悩んでいました。

ただ、知っている情報は出来る限り流して
いきたいと思って掲載に至りました。

信じるか、信じないかは読者さんご自身でお考え下さいねべーっだ!

あくまでも個人的見解ですのでご了承下さい。

既にご存知かもしれませんが
チェルノブイリ原発事故の時、「八丁味噌」の注文が殺到したという話があります
$ひろみちゃんと10pooのおきらくブログ-八丁味噌

長崎に原爆が投下され、その爆心地から、たった1.4kmのところで、
当時聖フランシスコ病院医長であった秋月辰一郎博士と病院関係者は全員被爆しました。

秋月院長は、病院関係者に「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。
塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」
(秋月辰一郎著「死の同心円-長崎被爆医師の記録」講談社刊・絶版)

と話し、普通なら徐々に原爆症の症状が出て、進行してしまうところ病院関係者らは、その後原爆症の症状も出ず、ずっと現実に生き延びたそうです。
※)秋月辰一郎博士(1916年~2005年)

塩・玄米・味噌(豆味噌)がそんな解毒作用ある?
と思う方は多いのでは?

今まで代替療法をいろいろと学んできた私にとっては
八丁味噌(発酵するもの)はとても興味深いものがありました。

代替療法というのは、体をひとつのものと考え、体全体の調子を整えて
自然治癒力、免疫力を上げていくという治療法。

最近はこの療法が再認識・再評価され海外でも日本でも
代替療法を用いる傾向が高まってきています。

そこへこの八丁味噌の話しとなると私自身は納得できる話だなと
思いました。

でも動物に味噌はちょっと・・・

とその後いろいろ調べていくと八丁味噌に含まれるジピコリン酸が、放射性物質を体内から排出させる作用があるらしい!
という事が分かりました。

そしてジピコリン酸「納豆」にも共通して含まれている事がラブラブ!

早速それは本当なのかペットに安心のBP納豆を研究されている方に問い合わせました。

納豆を研究されている方達の中でも

「放射性物質をくっつけて排出する作用がある」という方と、
「放射性物質を排出する程のものではない」
という方といらっしゃるようです。

きっと症例があまり無いのでしょうね

BP納豆はネバネバしていなく顆粒ですが、それは納豆菌が休眠している状態!この中にジコピリン酸は数千万個単位のレベルできちんと含まれています。
BP納豆が体内に入り体温と水分と合体する事で納豆菌が活動を開始します。

納豆そのものを与えると菌が強すぎて下痢を起こす子や
匂いが苦手で食べてくれない子、お口の周りがベタベタになってしまう子がいますが、BP納豆はさほど匂いも無く、お口も汚れず、お腹を守る乳酸菌も入っています。

乾燥されているため保存期限も長く、持ち運びにもとても便利で一石五鳥くらい合格


以下、お店で扱っているもので、デトックスや免疫力UPが望める商品を
抜き出しました。少しでも健康な状態でいて欲しいですからねラブラブ
お持ちの方は毎日与えるといいですよ音譜

BP納豆
$ひろみちゃんと10pooのおきらくブログ-BP納豆
ワンコは
フェレトその他小動物は

ペットde酵素
ひろみちゃんと10pooのおきらくブログ-酵素

ワンコは
フェレットその他小動物は

姫マツタケ
ひろみちゃんと10pooのおきらくブログ-姫マツタケ
ワンコは
フェレットその他小動物は

次回は体の外側からデトックスする方法をUPいたします
$ひろみちゃんと10pooのおきらくブログ-クララ





AD