中卒百姓☆常山趙子竜&知的障害者でおなじみAceS。ふたりは仲秋

障害はハンディじゃない。
個性だ!!

※コメントは全部承認しますが、リアル都合により反映に日数がかかることもあります。


テーマ:




リクエストが根強くあったので昔の記事を読み返す。
その途中でみたコレは間違いだった。

ただの詐欺です。
開戦当時から晩ご飯と仲秋の共同作戦チャットはありました。
最初から仲秋の魏を取り込んで共闘として戦争したようです。

そうなると「どうして共闘じゃない」と嘘をついたのか謎ですが、真相は案外「油断させるため」みたいな浅いものなのかもw

ちなみに仲秋から最初に援軍を受けたのは犬の大親友と呼ばれている石ちゃん。
仲秋殲滅+晩ご飯攻城の1秒差合体攻撃をしたのも石ちゃん。

「昔のことをいつまでも・・・」
と言われそうなので本題にいきましょうか^^


過去日記を読み返してね^^


演説の馬鹿あらわる!



演説の馬鹿あらわる!その2


演説の馬鹿あらわる!その3


演説の馬鹿あらわる!その4


少々長いけどネットゲーム・ノンフィクション変人ストーリーと思えば楽しく読めると思う。

要約すると、システムの似たゲームをやっている演説くん(仮名)が、犬に協力を求めてきた。

その準備段階として、ブラ3・ブラ1と行動をともにし、その際敵同盟のチャットを荒らすために言ったこと(「東大の地下にはラーメン屋がある」などなど)に非常に激怒。

まさか怒るとは思ってなかったが謝罪と発言の意味を説明するが「発言した内容そのものに文責がある」と納得しない。

それなら袂をわかつしかないのだが、出ていかない。
演説クンを盟主にしていたので追放も出来ない。
またチャットルームはIPBANしても串刺して入ってくる。

そして空気が悪くなる罵倒の文字を残す。
非常に迷惑。

今回はストーリーを休んで『必勝のディベートテク』を教えよう。


①相手が逃げられない環境を作る。
演説クンは、香ばしいキャラの本性を見せる寸前まで熱心でまともに見えていた。
なので安心してシステム盟主をまかせていた。

しかしコレがマズかった。

盟主になると脱退申請を却下できる。
逃げたくても逃げられない。

そんな状態にしておいて
ひとこと掲示板に演説文を連投。
演説全体メールを送信。

 ひとこと演説

タマったものではないwww


犬や犬の信頼している人間が盟主をやっていれば追放して無視しておけばよいのだが。

それ以来、盟主は安全座標のシステム盟主にせよ信頼できる人にしか任さないことにした。





②人の質問には答えない。


 「犬は文章がうまいからメールで問い合わせたらブラックリスト入りするのがイチバン♪」
と思ってるアホがたまにいる。


アタマの良い人ならもう気付いているだろう。
犬はブラックリスト入りされてからが勝負なのだ。

ブラックリスト入りするということは言葉での反撃を放棄する=相手に言われっ放しになる
ということだ。

犬は悪いヤツ相手にしか戦争しない。
だから同盟員のモチベーションも上がる。
「犬の言い分も尤もだから味方してやろう」という同盟も出る。

だが『盗人にも三分の理』という言葉がある。
極悪同盟のやった事でも少しは理にかなったことがある。
それを反論する機会があれば、相手の士気をくじくことができる。

だがブラックリストに入れず質問に答えなければどうなるか?


 逃げ演説2


上の画像。信じられないかもしれないが30回以上続けて30回以上同じ回答を得ているのだ。

ちなみに上は国士マイケ同盟(現、仲秋の魏同盟)に攻めら圧倒的なデッキ力差で太刀打ちできず嫁smkやチャット凸smkで対抗していた時期。
演説クン:「それは間違っている。あのせいでおっぱぃ同盟はダメになった」
犬:「では対案を言いなさい」
と言っているところである。

こうやって堂々巡りにしておけば、「オレは回答しているが犬が理解できていない」という状況を作れる。

③勝利宣言をする

これは有効な戦略ではないと思うがやっていたので紹介。

 

勝利宣言

 


いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード