58からの続き…。




地元に戻ると、早速、開業に向けた準備を始めた。



休職中に、貯金はほぼ使いつくしていたので、



まずは資金調達。






作成していた『事業計画書』を国民生活金融公庫(現、日本政策金融公庫)に持ち込み、



熱意のままにしゃべった。





が、





世の中そんなに甘くない。


理想と熱意だけでは『起業』は出来ない。





事業計画書があるといっても、


それは『上手くいった場合』の話だ。






国が運営する公庫は、融資には慎重だ。


一般の銀行と比べて利率が低い分、


きちんと返済できるかどうかの審査は厳しく行われる。





たとえ、『事業計画書』がすばらしいものだったとしても、


融資金額と同額程度の資金をもっていないと、なかなかとりあってもらえない現実があると、


『起業』のために買いあさった本の中に書いてあった。







手持ち資金はほぼゼロ。







もう、親には迷惑と心配はかけれないと思っていたが、


やっぱり、頼ってしまうハメになった。







そんなに大きな融資金額ではなかったが、


親に『保証人』になってもらい、融資を受けられる運びとなった。






『お金が貯まったら起業(独立)する。』






俺も、そう考えていた。


普通は、そうだろう。


『オマエ』もそうだろ?








だが、手持ち資金ゼロから『起業』した者から言わせると、



『本気だったら、すぐにでもやっちゃえば??』
ってな感じだ。




多少、借金を背負う方が、



何とかしていかなければと、『自分を奮い立たせ続ける』ことが出来る。


また、『感謝の気持ちを持ち続ける』ことができる。






『若いうちの苦労は、買ってでもしろ。』と言われるが、




『オマエ』も自分の意志と自分の責任で、『苦労』を買ってみたらどうだ?




その経験もまた、『オマエ』の財産と成るかもしれないな。






※自習に来てくれる中1~中3生。

明日まで、定期テスト終了のゴング(チャイム)がなるまで、1点にこだわってくれよ!

俺らは何となく勉強して、何となくテストを受けてるんじゃない。

確固たる信念と、戦略に基づいた勝負を挑んでるんだ。

笑いたいやつには笑わせておけばいい。

俺らは、その先を見ているんだ。

$進学塾ブレストブログ【佐賀県 武雄市  山内町  有田町  伊万里市】


$進学塾ブレストブログ【佐賀県 武雄市  山内町  有田町  伊万里市】


続く…。
AD

コメント(2)