Intrepidのブログ

主に、民主主義と再生可能エネルギーについて、投稿します。


テーマ:
Allow me to introduce to you my favorite music.

It is Melodie composed by Pyotr Ilyich Tchaikovsky.

The music is available here.

The violin is performed by Viktor Tretyakov.

Thank you.


photo.JPG


今回も、お気に入りの曲をご紹介させて下さい。

Pyotr Ilyich Tchaikovsky が作曲した、Melodie です。

Viktor Tretyakov のバイオリン演奏です。

とても優しいメロディーです。

こちらから、ご視聴いただけます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
1. Russian President Vladimir Putin made a comment that Russia had prepared nuclear weapons during the Ukraine crisis. This is against a global tendency of nuclear disarmament and non-proliferation of nuclear weapons.

Renewed efforts need to be made to promote nuclear disarmament and non-proliferation of nuclear weapons toward NPT Review Conference of this year.

2. But, at the same time, what is disquieting is that, currently, nations are casually using military forces, conducting air-bombardment, and sending aircraft carriers against terrorism threats. There cannot be seen diligent efforts to solve terrorism by ensuring stable people's lives, protecting minority rights, and allowing minorities to participate in politics.

Also, facing territorial disputes, nations tend to resort to military forces and forceful coercion instead of reasonable diplomatic efforts to solve the problems.

In the Middle East, religious confrontation between Shia Moslems led by Iran and Sunni Moslems led by Saudi Arabia is intensifying. If the confrontation is aggravated by the U.S., EU nations, Russia, and China, there would arise a possibility of de facto Third World War.

Given remarkable cost-reduction of renewable energies, a bloody struggle over oil & gas in the Middle East is ludicrous at best. Diplomatic solutions at the United Nations should be pursued instead.

However, as the Japanese Self-Defense Forces have a base in Djibouti facing Yemen across the Red Sea, the Abe Cabinet of Japan is likely to send additional Japanese Self-Defense Forces to the base in Djibouti as soon as legislations on collective self-defense are enacted.

After the unconstitutional Cabinet decision on adopting collective self-defense, the Abe Cabinet is continuing destruction of the Japanese Constitution by enacting unconstitutional legislations on collective self-defense and calling the Japanese Self-Defense Forces as "our military forces". These are acts destroying people's rights and freedoms.

The Constitution exists to protect people's rights and freedoms. Therefore, acts to destroy the Constitution is acts to destroy people's rights and freedoms. The Abe Cabinet which ignores the Constitution and the Parliament will ignore laws and the people in its operations of the Japanese Self-Defense Forces.

The Japanese people should strengthen their criticism against the Abe Cabinet to force them into resignation as soon as possible. The unconstitutional Cabinet decisions and unconstitutional legislations on collective self-defense should be abolished immediately. And, then, in accordance with the democratic and peaceful Constitution, the Japanese people should exercise their democratic civilian control over the military to ensure a real national security policies. Diplomacy, instead of military, should be put the first priority.

3. On the other hand, in Asia, China is rapidly increasing her defense budget every year and the U.S. is implementing so-called "Pivot to Asia" strategy, which would lead to a new Cold War between the two nations. China is adopting "Anti Access/Area Denial" strategy, and the U.S. is countering with "Air-Sea Battle doctrine" to project power from distant positions.

However, objectively speaking, what is really needed under the current circumstances is a talk between the China and the U.S. to reach an agreement on comprehensive arms reduction including conventional military weapons.

The U.S. is suffering from budgetary crisis after spending trillions of dollars in Iraq and Afghanistan Wars. The U.S. really needs to reduce defense budget dramatically.

Meanwhile, China needs to change her industrial structure and spend more on medical care and social security in order to maintain economic growth and fulfill people's demand. China cannot afford to increase defense budget at the current pace.

Under these circumstances, Japan should not adopt collective self-defense nor enhance a new Cold War by participating in US "Air-Sea Battle doctrine". Japan should rather propose comprehensive arms reduction between China and the U.S.

If a new Cold War between China and the U.S. escalates, Japan would find herself sitting at the front line of the new Cold War. In that case, Japanese domestic and foreign policies would be very restricted with having few choices. Instead, what really conforms to Japan's national interest and the Japanese people's demand is making a proposal on comprehensive arms reduction between China and the U.S.

An era of framing a Cold War and making lucrative profits through defense industries and oil & gas industries is over.

In coming decades, it will be medical industries, tourism industries, IT industries, renewable energy industries that would produce high profits and large rewarding employment worldwide.

Japan should advocate nuclear disarmament and nuclear non-proliferation, proposing the North-East Asia Nuclear Weapon Free Zone. And, Japan should propose and facilitate comprehensive arms reduction between China and the U.S.

As long as special interests control politics, wars will continue. When the people control politics, peace will prevail.

Thank you.


Any views or opinions presented above are solely those of the author and do not represent those of any organizations or political parties.



【核軍縮並びに通常兵器軍縮の必要性について】

1. ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ紛争にあたり核兵器の使用を準備したと発言しました。これは、核軍縮および核不拡散の流れに反し、強く非難されるべきものであると思います。

今年のNPT運用検討会議へ向けて、もう一度、核軍縮および核不拡散の流れを強めて行く必要があると思います。

2. また、それと同時に、私は、世界各国が安易に武力の行使に走る、現在の傾向に強い危機感を感じています。

イスラム国を始めとするテロの脅威に対し、各国は、空爆をしたり、空母を派遣するという軍事行動を取っています。民生を安定させ、少数者の基本的人権を保護し、その政治参加を実現することを通じ、テロを根本的になくすという努力が十分ではありません。

また、各国間の領土を巡る対立においても、武力の行使や武力による威嚇に走る傾向があります。知恵と工夫を凝らし、理性的に、外交的に問題を解決する努力が怠られています。

中東各地では、イランを中心とするイスラム教シーア派とサウジアラビアを中心とするイスラム教スンニ派の宗教戦争が拡大しています。仮にアメリカやEU諸国、ロシア、中国が本格的に介入すれば、さらに紛争が拡大する恐れがあります。

再生可能エネルギーがコスト的に安くなっているにもかかわらず、石油や天然ガスのために戦争を続けることは、きわめて愚かなことです。武力の行使ではなく、国連における話し合いを通じ、紛争の解決を追求すべきです。

ちなみに、自衛隊は、イエメンと紅海を挟んで対峙するジブチに基地を保有しています。安倍内閣は、集団的自衛権に関する法制を成立させたのち、直ちに自衛隊を中東へ派遣する可能性が高いと思われます。

安倍内閣は、集団的自衛権を容認する、憲法違反の閣議決定を行ない、憲法違反の安保法制を進め、国会では自衛隊を「我が軍」と呼び、憲法を踏みにじる行為を繰り返しています。

そもそも憲法は、政府の暴走から、国民の権利と自由を守るためにあります。その憲法と国会を無視する内閣は、今後の自衛隊の運用においても、法と国民を無視する可能性が高いと思われます。

安倍内閣に対する批判を強め、一日も早く、この内閣を退陣に追い込む必要があると思います。そして、集団的自衛権に関する閣議決定並びに関連する法制を、一旦、全て破棄する必要があると思います。その上で、憲法遵守の下、民主的文民統制に則り、国民のための、本当の国家安全保障政策を進めるべきです。軍事ではなく、外交が優先されるべきです。

3. 一方、アジアでは、中国の防衛予算の拡大とアメリカのアジア重視戦略(THE PIVOT TO ASIA)の結果、米中の新冷戦が始まる危険性があります。中国の「接近阻止・領域拒否(ANTI ACCESS/AREA DENIAL)」戦略に対し、アメリカは、遠距離から打撃を加えるエアシーバトル・ドクトリン(AIR-SEA BATTLE DOCTRINE)で対抗しようとしています。

しかしながら、私は、冷静かつ客観的に見て、現在、本当に必要なのは、むしろ米中間での、通常兵器を含めた軍縮へ向けての話し合いだと思っています。

アメリカは、イラク戦争・アフガン戦争での巨額の戦費の結果、深刻な財政危機の状態にあります。本来は、防衛予算を劇的に減らす必要があります。

一方、中国も、経済成長を続け、国民の生活を豊かにするためには、産業構造を転換させ、医療や社会保障を充実させることが必要です。防衛予算の拡大を続ける余裕はないはずです。

このような状況の下、日本は、集団的自衛権を容認し、アメリカのエアシーバトル・ドクトリンに組み込まれて、新冷戦を拡大させるのではなく、むしろ米中に対し、包括的な軍縮を提案すべき立場にあると思います。仮に米中間の新冷戦が進めば、日本は、その最前線に立たされることになります。もしそうなったら、日本の内政外交の舵取りは非常に難しくなります。逆に、米中間の包括的な軍縮を提案することこそが、日本の真の国益に適い、国民が求めていることだと思います。

政策的に冷戦構造を作り、防衛産業や石油・天然ガスで高い利益を上げるという時代は終わりました。

これからは、医療産業や観光産業、情報産業、再生可能エネルギー産業などが、高い収益と雇用を生む時代に入ります。

日本は、核軍縮・核不拡散を主張し、北東アジア非核兵器地帯の確立を訴えるとともに、通常兵器の分野においても、米中の軍縮交渉を促す発言・行動をして行くべきだと思います。

特定利益が政治をコントロールしている限り、戦争が続きます。国民が政治をコントロールすることにより、平和が実現されます。


註記: 上記の見解は、私個人のものであり、いかなる団体あるいは政党の見解をも反映するものではありません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
Allow me to introduce to you my favorite music.

It is "Spring" from The Four Seasons composed by Antonio Vivaldi.

The music is available here.

The violin is performed by Joshua Bell.

With an excellent violin performance, the spring has come!

Thank you.


photo.PNG


今回も、お気に入りの曲をご紹介させて下さい。

Antonio Vivaldi が作曲した、"Spring" from The Four Seasons です。

Joshua Bell のバイオリン演奏です。

素晴らしいバイオリンの演奏とともに、春が来ました!。

こちらから、ご視聴いただけます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇