Intrepidのブログ

主に、民主主義と再生可能エネルギーについて、投稿します。


テーマ:
In democracies, the government is organized of the people's power, by the people's participation, and for the people's welfare.

Therefore, in democracies, the government has an obligation to explain their decisions and actions to the people they serve. Citizens expect to be informed about decisions and actions the government makes on their behalf.

The press facilitates this "right to know" by serving as a watchdog over the government and questioning the government's policies. The press helps citizens to hold government accountable. In a democracy, the press should operate free from governmental control.

After the nationalistic and undemocratic government was established in Japan, the government control over the press seems to be tightened. A nationalistic person was appointed as a chairman of NHK (the Japan Broadcasting Corporation). The undemocratic "reporters' club" is maintained. Senior bureaucrats retire to high-profile positions in the press.

Under these circumstances, members of the press are expected to recognize their responsibility in a democratic society and organize a democratic compliance committee inside each company so that they can vindicate their democratic role to facilitate the "right to know" by serving as a watchdog over the government and questioning the government's policies.

In democracies, the press should help citizens to hold government accountable, not help the government to control the people.

And, the people should support and protect the freedom of the press, which, in turn, will protect the people's rights and freedoms.

The freedom of the press is one of the most important principles of democracy. Strengthening the freedom of the press would lead to strengthening other principles of democracy such as government accountability, free and fair elections, rule of law, protection of minority rights, an independent judiciary, civilian control over the military, federalism, and protection of fundamental rights.

Thank you.


Reference:
A Free Press, The Principles of Democracy, April 2005, InfoUSA, U.S. Department of State



【報道の自由について】

民主主義の下、政府の全ての権限は国民に由来し、政府は国民の参加により組織され、政府は国民の福利のために行動します。

このため、民主主義の下、政府は、その決定と行動に関し、国民に説明する責任があります。一方、国民は、政府が、国民のために行なう決定と行動に関し、情報を得ることを求めます。

報道機関は、この国民の「知る権利」に奉仕するため、政府に対する監視役として機能し、政府の政策に対し質問を行ないます。報道機関は、政府に説明責任を果たさせることで、国民の権利と自由を守ります。そのため、民主主義の下、報道機関は、政府から独立して活動する必要があります

民族主義的で反民主主義的な政権が成立して以来、政府の報道機関に対する統制が強化された気がします。民族主義的な人物が、NHKの会長に選任されました。反民主主義的な「記者クラブ」は維持されたままです。報道分野への天下りも続いています。

報道機関に従事するみなさんには、民主主義社会における自らの責任の自覚が期待されています。国民の「知る権利」に奉仕するため、政府に対する監視役として機能し、政府の政策に対し質問するという、報道機関の役割が再確認されることが重要です。社内に民主主義的なコンプライアンス委員会を設置することも有効かも知れません。

民主主義の下、報道機関は、政府が国民を統制するために存在するのではなく、政府に説明責任を果たさせ、国民の権利と自由を守るために存在します。

そして、国民は、報道の自由を支持し、守ることが必要です。それが、翻って、国民自身の権利と自由を守ることにつながるからです。

報道の自由は、もっとも重要な民主主義の原則のひとつです。報道の自由を強めることが、政府の説明責任、自由で公正な選挙、法の支配、少数者の権利保護、独立した司法、文民統制、地方分権、基本的人権の保護など、他の民主主義の原則を強めることにつながります。


参照資料:
A Free Press, The Principles of Democracy, April 2005, InfoUSA, U.S. Department of State

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
As I indicated in my paper provided in the previous blog article of September 3rd, 2014, I understand that the Abe Cabinet's undemocratic and unconstitutional adoption of collective self-defense is not a mere agency-centric issue of Prime Minister Abe but a more fundamental and institutional, constitutional issue of Japan's civilian control over the military.

In other words, unless the existing institutions of civilian control over the military including the existing Constitution of Japan are improved, we would allow another nationalistic and undemocratic prime ministers to emerge one after the other in future.

Therefore, taking the Cabinet's decision as a trigger, the Japanese people should launch political actions to establish a thorough legal and constitutional system of civilian control over the military so that such an undemocratic and unconstitutional Cabinet's action would never be made again.

$Intrepidのブログ-photo.JPG

For your information, after the previous blog article of September 3rd, I have improved my draft model articles on civilian control over the military for the Japanese Constitution that I attached as Appendix to my paper. So, let me explain about it.

Previous Article 91-7 of draft model articles on civilian control over the military for the Japanese Constitution provided that, "The Diet shall have power to approve or not military operations in overseas area."

However, unlike the United States where a presidential system is adopted, Japan adopts a parliamentary system. In a parliamentary system, the legislative and executive branches are not entirely distinct from one another, since the prime minister and the members of the cabinet are drawn from the parliament. Therefore, previous Article 91-7 might not provide effective checks and balances between the legislature and the executive.

photo.JPG

Thus, I decided to introduce a stricter requirement and amend Article 91-7 as follow: "The Diet shall have power to approve or not military operations in overseas area. An approval of military operation in overseas area shall require a concurring vote of two-thirds or more of all the members of each House."

Under the amended Article 91-7, the Japanese people can choose a government that seeks for economic growth while restraining the Japanese Self-Defense Forces' overseas operations.

Accordingly, I revised my paper to reflect the above amendment. Except for amending Article 91-7. the paper is exactly same as the previous one.

The original English version of the paper is available here.

The Japanese translation of the paper is available here.

Thank you.



前回のブログ記事でご紹介した弊論文でお伝えいたしましたように、今回の集団的自衛権に関する、現政権の反民主主義的で憲法に違反する閣議決定は、単に首相個人の問題というよりも、より根本的な、憲法を含む日本の文民統制の、制度上の瑕疵によるものと、私は理解しています。

言い換えますと、現行の法制度のままでは、安倍首相にとどまらず、今後、第2、第3の民族主義的・反民主主義的首相の登場を許すことになると思います。

そのため、二度と今回の閣議決定のような反民主主義的で憲法に違反する行政行為が行なわれないよう、これを機会に、憲法を含め、徹底的な文民統制の制度を整備するべきであると思います。

ちなみに、前回のブログ記事掲示ののち、弊論文の文末資料「日本国憲法に規定されるべき、文民統制に関するモデル条項」の一部を、さらに改善いたしましたので、ご報告させてください。

先に、モデル条項・第91条の7において、「国会は、自衛隊海外派遣の可否を決定する権限を有する。」と規定いたしましたが、大統領制をとるアメリカと異なり、日本は議院内閣制であり、立法府の多数派が内閣を構成するため、この規定のままでは、立法府と行政府の間で、十分なチェック・アンド・バランスが効かないかも知れません。

そこで、より厳格な要件を設けるために、第91条の7を改定し、「国会は、自衛隊海外派遣の可否を決定する権限を有する。自衛隊海外派遣の決定には、各議院の総議員の三分の二以上の賛成を必要とする。」と規定することといたしました。

改定後の第91条の7の下では、経済成長を重視する政権を成立させつつ、自衛隊の海外派遣を抑制することが出来ます。

上記改定を反映させた、弊論文を作成いたしましたので、ご参照下さい。なお、モデル条項・第91条の7を改定した以外、他の部分は、前回お伝えした内容と同じです。

オリジナルの英語版の論文は、こちらでご参照いただけます。

論文の日本語訳は、こちらでご参照いただけます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
As I advised in my blog article of July 15th, 2014, I had an opportunity to write a paper on Japan's adoption of collective self-defense and a crisis of democracy under supervision of Harvard professors and instructor this summer.

photo.PNG

photo.PNG

The title of the paper is "Belated Democratization of Japan in the Area of National Security – A Constitutional Perspective".

The paper is about an institutional and constitutional flaw in Japan's national security process. It is an academic paper, not a policy paper. It was written from a democratic standpoint, not from a partisan standpoint.

photo.PNG

photo.PNG

After reading my paper, a Harvard instructor provided a comment saying, "​I found this paper to be terrifically interesting—thank you for that. And, in general, it is well-argued and the institutional perspective you deploy was persuasive. So I commend you for it and wish your success in getting your ideas out to a wider audience."

A Harvard Professor provided a comment that my comparing Japanese Constitution with the US and German Constitutions was perfect.

Thus, I would appreciate it if you would kindly read it. Especially, please pay attention to the Appendix "Proposal: Draft model articles on civilian control over the military for the Japanese Constitution".

photo.JPG

photo.PNG

I would like to keep my study on the subject and improving my paper.

I hope that the paper would contribute to the peace and stability of the East Asia.

The original English version of the paper is available here.

The Japanese translation of the paper is available here.

Thank you.



7月15日付のブログ記事でお伝えしましたように、私は、今夏、ハーバード大学の教授・講師のみなさんのご指導を受けながら、日本の集団的自衛権容認と民主主義の危機について論文を書く機会がありました。

論文のタイトルは、「安全保障の分野における日本の民主化の遅れ ー 憲法の観点から」です。

論文は、日本の国家安全保障過程における、制度的な、憲法上の瑕疵(かし)に関するものです。学術的論文であり、政策的文書ではありません。民主主義の観点から書かれたものであり、党派的文書ではありません。

同論文読了後、ハーバード大学の講師の方から、「TERRIFICALLY INTERESTINGな論文です。感謝します。全体的に、良く議論されており、制度的観点からの論述は、説得的です。賞賛に値する論文です。ご自身の主張が、多くのみなさんの目に触れることを願っています。」とのコメントをいただきました。

また、ハーバード大学の教授の方からは、「日本国憲法とアメリカ合衆国憲法・ドイツ憲法との比較が、きわめて的確です。」というコメントをいただきました。

このため、みなさんにも、ぜひ同論文をお読みいただければ幸いと思っています。とくに、文末資料の「提案: 日本国憲法に規定されるべき、文民統制に関するモデル条項」をご参照いただくよう、お願いいたします。

今後も、このテーマに関して研究を続け、同論文をより良くして行きたいと思っています。

同論文が、東アジアの平和と安定に、少しでも役に立てば幸いです。

オリジナルの英語版の論文は、こちらでご参照いただけます。

論文の日本語訳は、こちらでご参照いただけます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード