Intrepidのブログ

主に、民主主義と再生可能エネルギーについて、投稿します。


テーマ:
Anti security bill movements such as local assemblies' resolutions and citizens' rallies and demonstrations are now spreading all across Japan. Approval rates of the Abe Cabinet have plunged after they had forcefully passed security bills in the lower house of the Japanese Parliament.

Japan's democratization should always start and accumulate from local areas and ultimately ensure an establishment of democratic central government. We need to establish this as a tradition of Japan's democracy for the sake of coming generations.

And, if the Japanese people succeed in eliminating ultra-right politicians such as Sinzo Abe through democratic processes, it would have remarkable effects toward neighboring countries.

In other words, if the Japanese people succeed in blocking resurgence of fascism and protecting people's rights and freedoms through democratic principles such as federalism, freedom of assembly, freedom of expression, and free press, it would have enormous impacts toward democratic movements of neighboring countries,

China is watching Japan carefully. For example, Deng Xiaoping asserted that China should learn from Japan's economy. Also, having Chinese letters as a common basis, China learned from Japanese laws especially in the area of civil and commercial laws.

However, in the area of politics, China, having witnessed Soviet Unions' failed experiments of glasnost and perestroika, decided to consolidate their one party dictatorial system.

If Japan, under the Abe administration, fully implements the Specific Secret Act and send the Japanese Self Defense Forces aggressively to overseas areas, China would guard against Japan and concentrate more powers to the Chinese Communist Party and the People's Liberation Army.

In contrast, if Japan succeeds in eliminating ultra-right politicians and blocking fascism through healthy democratic processes, China would reappraise democracy as a positive political system that leads to stabilization of a society.

Japan's democratization should always start and accumulate from local areas and ultimately ensure an establishment of democratic central government. We need to establish this as a tradition of Japan's democracy for the sake of coming generations.

And, Japan, as a good neighbor, should demand and recommend diplomatically toward China that China should protect fundamental human rights and foster democracy gradually because it would ensure stabilization and prosperity of China herself and contribute to peace of Asia in a long term perspective.

Democratic movements have "snowballing" or demonstration effects toward neighboring countries. China's democratization would not be made through some political conspiracies nor plots. Instead, China's democratization would be realized gradually through setting good examples for her.

Thank you.

References:
(1) Democracy's Good Name: The Rise and Risks of the World's Most Popular Form of Government, Michael Mandelbaum, August 14, 2007, PublicAffairs

(2) The Third Wave: Democratization in the Late 20th Century, Samuel P. Huntington, March 15, 1993, University of Oklahoma Press


Disclaimer:
Any views or opinions presented above are solely those of the author and do not represent those of any organizations or political parties.


photo.JPG


【日本における健全な民主主義の実現が、中国に影響を与えることについて】

地方議会における反対決議、全国各地における集会やデモなど、安保法案に反対する運動が日本全国に拡大しています。安倍政権による、安保法案の強行採決を受け、安倍内閣への支持率は急降下しています。

日本の民主化は、地方から始め、地方から積み上げ、そして、中央政府の民主化へ進むべきです。それを、日本の民主主義の伝統として、今後の世代のために、今、確立すべきです。

そして、今後、日本国民が、安倍晋三を始めとする、極右政治家を、民主主義的プロセスを通じて、平和的に、政府から取り除くことに成功した場合、それは、周辺各国にきわめて大きな影響を与えると思われます。

言い換えると、日本国民が、地方分権、集会の自由、表現の自由、報道の自由などの、民主主義の原則を通じ、戦前のファシズム体制の復活を敢然と阻止し、立憲主義、民主主義を維持することに成功した場合、それは、周辺各国の民主主義運動に、きわめて大きな影響を与えると予想されます。

中国は、日本を非常に良く見ています。改革開放路線の実施にあたっては、鄧小平などにより、「経済は日本に学ぶ」ということが強調されました。また、同じ漢字文化の下、日本の民商法の用語が利用されるなど、法律面でも、中国は、日本に学んできました。

これに対し、政治面では、中国は、80年代に、ソ連が、グラスノスチ(情報公開)やペレストロイカ(改革)など、性急な民主化の結果、体制崩壊したことを見て、逆に、体制の引き締めに動きました。

もし仮に、今後、日本が、安倍政権の下、特定秘密保護法の運用強化、集団的自衛権に基づく自衛隊の海外派兵の活発化など、民主主義を否定し、軍事力を前面に出す方向へ進めば、中国は、ますます共産党と人民解放軍に権限を集中し、中国の民主化は遠のくでしょう。

逆に、もし日本が健全な民主主義的プロセスを通じ、極右政治家を取り除き、戦前のファシズム体制の復活阻止に成功すれば、社会の安定をもたらす政治システムとして、中国における民主主義の再評価につながるでしょう。

日本の民主化は、地方から始め、地方から積み上げ、そして、中央政府の民主化へ進むべきです。それを、日本の民主主義の伝統として、今後の世代のために、今、確立すべきです。

そして、日本は、良き隣人として、中国に対し、外交的に、一貫して、基本的人権の保護とゆるやかな民主化の進展を求め、勧めるべきです。なぜなら、それが、長期的に見て、中国自身の安定と成長、アジアの平和につながるからです。

民主主義的運動には、周辺各国への波及効果があります。中国の民主化は、政治的陰謀や策略では実現しません。中国の民主化は、民主主義の良い手本を示すことを通じ、実現されるでしょう。


参照資料:
(1) Democracy's Good Name: The Rise and Risks of the World's Most Popular Form of Government, Michael Mandelbaum, August 14, 2007, PublicAffairs

(2) The Third Wave: Democratization in the Late 20th Century, Samuel P. Huntington, March 15, 1993, University of Oklahoma Press


註記: 上記の見解は、私個人のものであり、いかなる団体あるいは政党の見解をも反映するものではありません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
Allow me to introduce to you my favorite music.

It is Overture from the Barber of Seville composed by Gioachino Rossini.

The music is available here.

Thank you.


photo.PNG

photo.PNG

photo.PNG


今回も、お気に入りの曲をご紹介させて下さい。

Gioachino Rossini が作曲した、Overture from the Barber of Seville です。

Seville(セビリア)は、闘牛やフラメンコが有名なスペイン屈指の観光名所です。港湾都市で、大航海時代に繁栄を極めました

こちらから、ご視聴いただけます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【与党政権の残る手は、限られつつあること】

現在、安保法案は、衆議院を通過し、参議院において審議が始まりましたが、国会前での抗議行動の激化、全国各地における安保法案反対の声の拡がり、安倍内閣支持率の急降下、等々の結果、安保法案は、必ず廃案になると思います。

安保法案を、原案のまま、参議院で可決すること、あるいは、衆議院で再可決することは非常に難しくなりつつあります。再び強行採決したら、安倍政権の支持率は地に堕ちるでしょう。

与党政権にとって残る手は、野党との修正協議に限られてきます。

しかしながら、対案を提出した維新の党の参議院議員には、リベラル派が多く、修正協議に応じる可能性は低くなっています。

仮に橋下大阪市長が再び介入し、維新の党を強引に修正協議へ参加させようとすれば、党内タカ派(大阪系議員)と党内リベラル派(結いの党・民主党出身議員)の対立が先鋭化し、維新の党が割れることにつながるでしょう。

そうなったら、たとえ自公と維新タカ派(大阪系)との間で修正協議が行われても、事実上、強行採決と同じです。分裂してタカ派一色となった維新の党(大阪系)と自公が修正協議しても何の正当性もありません。国民に見捨てられるでしょう。

他方、与党との修正協議を拒否し、維新の党から分かれたリベラル派は、国民の広範な支持を受けるでしょう。維新の党から分かれたリベラル派が中心となり、平和を志向する新党が生まれ、政界再編の核となる可能性があります。


註記: 上記の見解は、私個人のものであり、いかなる団体あるいは政党の見解をも反映するものではありません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇