国際結婚手続き アルファサポート行政書士SAKUMAのブログ

国際結婚手続きや配偶者ビザ、在留特別許可、上陸特別許可を専門とする東京のアルファ・サポート行政書士事務所SAKUMAのブログです。



国際結婚手続き配偶者ビザ上陸特別許可在留特別許可を専門とする

東京の行政書士 佐久間毅 のブログです。



事務所ホームページは、こちら>>>配偶者ビザ


事務所ホームページは、こちら>>>国際結婚手続き



アルファサポート行政書士事務所

● 六本木オフィス ● 六本木一丁目、溜池山王駅より徒歩4分

● 池袋 ご相談用会議室 ●  JR池袋駅より徒歩6分



【免責事項】

当ブログの内容の正確性には万全を期しておりますが、個別具体的なケース

についてのアドバイスは一切ご提供しておりません。したがって、当ブログを

参考に行った行為により生じた損害の一切について、責任を負いません。

在留資格に関するご相談は、弊事務所の無料相談をご利用ください。


テーマ:
みなさま、こんにちはビックリマーク

行政書士の佐久間です。


6月、3回目のブログ更新となります。

1か月に3回更新することはあまりないのですが、

本日、同性婚をされたご依頼者の

配偶者に無事、在留資格が許可されましたので

うれしいご報告ですアップ


まず、同性婚の配偶者の方が

許可された在留資格は、

特定活動」となります。


同性婚の「配偶者」ですので、

身分系の在留資格を審査する「永住審査部門

の担当であると思われている方も多いのですが、

担当部署は「就労審査部門」です。


なぜ、就労審査部門なのかというと、

同性婚配偶者への在留資格の付与は、

家族滞在ビザ」の

代わりと位置づけられているからです。


通常、日本に就労ビザで在留している外国人の方は、

配偶者と子供を家族滞在ビザで日本に呼ぶことができます。


ところが、家族滞在ビザで呼ぶことができる「配偶者」とは、

日本の法律でいう配偶者、つまり異性婚

前提としているため、

同性婚をされた方が配偶者を日本に呼ぶ際には、

家族滞在ビザ」を申請することが

できません。


ここで出番となるのが特定活動ビザです。

この在留資格は、最後の駆け込み寺のような役割を

果たす在留資格なのですが、

同性婚の配偶者もこの在留資格によって

救済されます。


この申請の難しいところは、

そもそも申請自体が圧倒的に少ないことと、

就労審査部門に配偶者ビザ類似の案件を

審査してもらう点にあります。


今回のお客様もはじめは

ご自身で申請をされようと

入国管理局へ出向かれたものの、

自力での申請は難しいとご判断されて

私の事務所にご依頼されました。



ご本人に在留カードをお渡しするのは

数日先になりますが、

良い結果をお渡しできて、

とてもうれしいです。


それではまたビックリマーク

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさま、こんにちはビックリマーク

行政書士の佐久間です。


今日も朝4時起きで東京入管へ申請に行ってきました。

こちら、朝4時48分の町田の朝。
4時台なのに、こんなに明るいんですビックリマーク



品川スタバでの朝活の後、

入管へ出陣ビックリマーク




左から、Aカウンター、Bカウンター、Cカウンターの番号札。

Bは変更・更新申請のカウンター、

Cは認定申請のカウンターです。

Aは許可を受けるカウンターです。

これがほぼ同時に呼ばれるのであせる

冷や冷やすることもしばしば。



入管を出るとこんなに爽やかな空が
広がっていましたビックリマーク

* * *

昨日は、ベトナム人のお客様から

ベトナムの珈琲をいただきました。



箱の絵が突っ込みどころ満載でしたが

とても美味しかったですビックリマーク

それではまたにひひ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさま、こんにちは。

行政書士の佐久間ですビックリマーク


今日は、入管あるある、という話題をお届けします。


先日、東京入管から1通の封書が届きました。

ビザ専門の行政書士をしていると、

そのタイミングや封筒の形状などで、

封筒を開けなくても中身がおおよそ分かります。


その封筒は明らかに、

追加資料請求を意味していました。


えっ、追加資料請求されるような案件って

最近あったかなはてなマークはてなマーク

と訝しがりながら開封すると、

やはり追加資料請求でした。


内容としては、

外国人とご結婚されている日本人の奥さまの「課税証明書」を

追加で提出してくださいとのこと。


し・か・し、

私の記憶では、この書類は申請時に(先回りして)

提出したはずでした。

念のためクライアントにお電話をして

確認してみると、

取得して先生にお渡ししましたよビックリマーク

とのこと。

そうですよねえ。。。


私もクライアントも提出したと考えている書類を、

入管の審査官から「提出してください」という

請求がきている状況。。。

なんか嫌な状況です。


そこで入管に確認してもらうべく

電話をしてみると、、、

申請時に受領していました、

こちらのミスです、とのことあせる


まあ、入管の方も人間ですから

そういうこともありますよね。


国家公務員というと、

ロボットのようにミスなく仕事を

こなすイメージがありますが、

実際はそんなことはありません。


在留カードの名前の表記ミスも、

受領時によく確認しないと

非常にまれではありますが、ありますね。


まあ、お互い人間なので、

目くじらを立てることではないと

思いますが。。。


さて、昨日は、ある方の永住許可が無事におりました。

この方は最初の配偶者ビザの取得時から

更新のたびに継続してご依頼をいただいており、

この度、めでたく永住許可を獲得され、

今週末に「永住者」と記載された在留カード

お渡しする予定になっています。


マラソンのスタート地点から伴走をさせていただいて、

無事にGOALにたどり着いたような、

そんな嬉しい瞬間です。


ではまたビックリマーク
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。