2010-12-15 13:44:23

集中するコツ

テーマ:仕事術
突然ですが、あなたの部屋の照明、
何ワットですか?

私の部屋は100ワットの蛍光灯です。

本当は2連の蛍光灯になので、
あともう一本付けられるのですが
付けてません。

めんどくさいんで(笑)

ところで、60ワットの明るさ
と聞いて、どの程度の明るさを
想像します?

私の家のトイレの電球がちょうど
60ワットです。

60ワットって、トイレ程度の広さだと
ちょうどいい明るさですかね。

例えば10畳のリビングに
60ワットの電灯一つだったら
どうでしょう?

かなり暗めで、なんかもう少し
明かりが欲しいという感じですよね。

60ワットの明かりって、
そんな程度の明るさだと思います。

でも、

その、60ワット程度の明るさでも、
その光を細く、集中させれば

実は、

月まで届くんです。

月って、かなり遠いですよ(笑)
月までの距離は約38万kmですから。

38万kmと言われてもあまりピンと
きませんが、地球の円周が約4万キロ
ですので、その9倍強です。

もっとピンと来ない?(笑)

でも、トイレ程度の明かりでさえ、
集中すると月まで届くんですねー。

ちょっとビックリしませんか?

そう、何事も、
集中させると思いもよらないところまで
到達するんです。

集中するって、
やはりとても大事なんですね。

で、

「集中」と聞いて思い出すのが
イチロー選手。

イチロー選手は1打席1球毎に
集中するため、決まったことしか
しませんよね。

試合前のお昼ご飯は必ずカレーライス、
いつもと同じ栄養ドリンクを飲み、
いつもと同じ時間までに球場に入る。

球場では、いつもと同じ内容の
ウォーミングアップを順番に
黙々とこなす。

試合が始まり、打席に入る前も、
入った後もいつも同じ動作をする。

これって、すべて

集中するためなんですね。

あなたは、何かしようとする時
集中してますか?

集中って結構難しいですよね。

わたしも集中は苦手です。
かなり集中力散漫傾向です(T-T)

自慢じゃありませんが、
子供の頃の通信簿で
「落ち着きが無い」って
書かれてました(^-^*)/

でも、

「ミョーに落ち着ついた子供って
気持ち悪いっつーの!」

って今になって思います。

脱線してすいません。

話を元に戻します。

誰でも集中することが大事なのは
わかってます。

集中出来るようになれるんなら、
誰だってそうなりたい。

でも実際集中するって難しい。

そう、
集中するってなかなか
出来ないですよね。

しかし不可能ではない。

集中力のある人っているわけ
ですから。

で、

集中するって難しいんだけど、
実はコツがあるんです。

そのコツとは、

「反応させられるモノを排除する」

です。

当たり前の話ですが、
人生って時間で出来ていますよね。

自分の人生なんだから
自分の思い通りに時間を
コントロールしたい。

スケジュール表を作ったり、
To Doリストを作ったりして、
自分の時間を効率よく使おうと
してると思います。

でも、なかなかスケジュール通りに
行かないことってありません?

結局To Doリストをこなしきれない
ことって、ありません?

普通にありますよねー。

では、なぜスケジュール通りにいかず、
Todoをこなしきれないんでしょう?

一つの原因として考えられるのが
やはり「集中出来ていない」
ということです。

集中して取り組めば早く処理出来るものも、
集中出来ないがために余計に時間が
掛かってしまう。

で、

集中出来ない原因の一つ、
それは、あなたが
「反応させられている」
ということなんです。

あなたが集中しようとしても、

あなたの集中を妨げる何かに
あなたが反応する、

だからなかなか集中出来ないんです。

では、
あなたは何に反応させられているのか。

主なモノは4つです。
それは、

1.メール
2.電話
3.人
4.自分の思考

です。

まずメール。
メールはあなたの集中を奪いますよ~。

あなたが何か書類を作成していたとします。

メーラーが新規メールを通知すると
いちいち確認してませんか?

確認するとついでに他のメールも
確認してません?

そして、そのメールはそんなに急ぎの
用件でもないのに、書類作成を中断して
返信メールを作成してませんか?

このようにいちいちメールに反応していると、
どんどん思考が分散されて行くんです。

そこから書類作成の思考に戻るのに
また時間がかかっちゃいます。

そして、そうすることが癖になっちゃうんです。

やばいですねー。

なので、

メールは可能な限り確認する時間を決め、
それ以外の時間はメーラーを立ち上げない。

もしくは、手動の送受信にしておくなど
をお薦めします。

ケータイメールについても同じです。

そんなに頻繁にメールを見なくても
大丈夫ですから。

ホントに急ぎの用事だったら
電話が掛かってきますのでね。

で、次はその電話です。

電話にもかなり反応させられますよね。

でも、電話に出ないわけにはいかない。

あなたがある程度の役職なら
自分直通の電話以外は部下が
電話をとってくれるかもしれません。

でも部下がいない人は
自分が率先してとるしかありません。

ここで、
ちょっと非常識なことを言いますよw(^0^)w

もし、本当に集中して取り組みたい
仕事があるなら、

電話から離れて下さい。

電話のそばにいると、
電話をとらざるを得ません。

ミーテティングスペースや
喫茶室で仕事ができるなら、
そこに逃げるとか(笑)

実際そういう人いませんか?

いると思いますよ。

私がそうでしたから<(_ _)>

要するに、
ここで私が言いたいのは、

「集中出来る環境を作る」

ということです。

集中出来ない環境にいれば
やはり集中出来ないんです。

工事現場の横に机を置いて
集中して仕事しようとしても
無理ですよね?

ちょっと極端な例ですけど。

その為には自分で集中出来る環境を
作るしかないんです。

「でも小森さん、集中出来る環境を
作っても、ケータイもあるし、最近は
内線もPHSだったりしますよね?」

そうなんです。
そうなるともう逃げられない(T▽T)尸~~

その場合、急な用件でないなら
自分から折り返すようにして下さい。

そこで相手の都合に合わせて
その場で応えてしまうと、
集中ができません。

「いい人」は特にそう言う傾向があるので、
要注意です。

「いい人」でも上手な人は、

「ちょっと今手が離せないんで後で折り返すよ」

という手を良く使います。

相手も急な用事でなければ、
そんなに嫌な感じはしないはずです。

で、

あなたが反応させられる要素の3つ目である
「人」も電話と同じことが言えます。

上司やお客さんから言われたら仕方ないですが、
部下や同僚から急に話を持ちかけられた際は、
都合のいい時間を伝え、後で来てもらうか、
こちらから出向くようにする。

相手が自分の都合を考えずに相談にくるたびに
反応していたら、それこそ集中するのは
不可能です。

電話と同様、人が来ない環境に逃げる
という手もあります。

でも、それが出来ない場合、
「忙しいオーラ」を出す
ということも有効です。

ホントにオーラが出るかどうかは別にして(笑)

人が見たら
「なんか忙しそうで凄く集中しているな」
と思わせるような雰囲気作りを意識するんです。

そうなると、相手は
「忙しそうだから後にしとくか」
と思うようになりますよね。

それもある意味、
「集中出来る環境づくり」
だと思いますよ。

で、最後の4つ目の反応させられる要素、
それは「自分の思考」です。

実はこれが一番厄介なんですよね。

ふとした時にいろんな考えが
頭に飛び込んできますからね。

なので、逆を言えば、
頭に別の思考が飛び込むスキを
与えないようにするのが一番有効です。

そこでおすすめなのが、
「タイマーの活用」と「ゴールの設定」です。

人は基本的に50分以上は集中出来ない
といいます。

なので、50分でタイマー設定し、
その50分間でどこまでやるのか
ゴールを決めるんです。

50分という時間制限、そしてその時間内に
終えなければならないゴールを設定すると、
人は思いのほかそのことに集中出来ます。

余計な思考が入り込まなくなるんですね。

例えば、仕事の締め切りが迫っていて、

「どうしても○時までにあの仕事を
仕上げなければ!!」

って経験ないですか?

そういう時って、自分でもビックリする程
集中して仕事したりしてませんでした?

火事場の馬鹿力に近いモノかもしれませんが、
要素は同じ、

時間設定とゴールです。

なので、
「タイマーの活用」と「ゴールの設定」は
おすすめです。

タイマーは100均でもケータイでも
なんでも構いませんので、
ぜひ活用してみて下さい。

以上、集中のコツについて
長々と書きましたが、いかがでしたか?

一番集中出来るのは自分が好きなことを
やっている時ですが、いつも好きなことだけ
やってるわけにはいきませんよね。

ですから、やはり集中するには
それなりのコツが必要なんです。

もちろん集中の度合いによって結果は変わりますが、
集中するコツも知らずに
ただ漫然と仕事をこなしているだけだと、
やはり時間がかかりますし、
短時間で良い結果を生み出すのが難しくなります。

時間をかけてゆっくり良い結果を出したい、
という考えもあるかと思いますが、
それでも早いにこしたことないと思いません?

長い時間かけて熟成させたいワインなどは別ですけど。

時間はお金と違って二度と戻ってきません。

集中することにより、時間を有効に使い、
良い結果も出す。

これがやはり理想と思います。

あなたはどう思いますか?

長くなりましたが、今回のお話はここまでです。
最後までお読み頂き、ありがとうございました!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。