2017-06-28 20:04:31

他人の期待には応えない

テーマ:引き寄せの法則

”愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。”

 

 

 

(*。◇。)ハッ!

 

 

 

これはドイツの名宰相ビスマルクの言葉とされています。

 

 

 

 

 

 

馬鹿は死ななきゃ治らない〜(^ε^)♪、のかっこいい表現って感じですかね。

 

 

 

確かにひと一人の生涯で経験できることは限られているので、過去の歴史に学ぶことでより多くのノウハウが得られます。(*^o^*)

 

 

 

どんなノウハウかというと、「こうした方が上手くいく、この方が失敗しない」というノウハウです。

 

 

 

で、実際にビスマルクが語った言葉も以下のような言葉らしいです。

 

 

 

”愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。”

 

 

 

これがより格言らしく短縮され、”愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。”となったんですね。(^_^)

 

 

 

そういう意味では、ビスマルクが言いたかったことは、「失敗しないためには、他人が過去に失敗した例とか、上手くいった例を参考にしたいんだよねー。それを参考にしないなんてもったいないでしょ〜?(´∀`)」ってこと。

 

 

 

もちろん、こんなチョー軽い感じではないと思いますが。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

 

 

 

より上手くいくよう、より失敗しないよう、賢くなる。

 

 

 

これはこれで大切なことであることは確かです。(・ω・)b

 

 

 

でもその一方で、いわゆる「愚者」と呼ばれる人たちが、革新的なことや、この世の仕組みを変える発明などをしてきたことも事実です。

 

 

 

そんなこと無理だ、出来ないに決まってる、正氣じゃない、なんて言われることにあえて挑戦し、それを成し遂げることで世の中の常識を一変させる。(゚Ω゚;)

 

 

 

こんなこと賢者じゃ出来ません。

 

 

 

賢いので、失敗する可能性がはるかに高い方を好んで選択しないはずですから。

 

 

 

そういう意味では、馬鹿、変人、非常識、愚か者と言われる人たちがこの世の変革を支えてきたんです。∧( 'Θ' )∧

 

 

 

ライト兄弟、エジソン、アインシュタイン、スティーブ・ジョブズなどなど、いずれも常識人というよりは変人呼ばわりされることの方が多かったはず。

 

 

 

そしてその本人たちも変人扱いされることを厭わなかってでしょう。(・∀・)ニヤニヤ

 

 

 

でも多くの人は変人、愚か者と呼ばれることを恐れます。

 

 

 

できるだけ賢い人、良い人、常識人であろうとします。

 

 

 

なぜなら、その方が楽だし安全だからです。

 

 

 

人から後ろ指さされる心配や、見下される心配が減るからです。

 

 

 

そして、その楽で安全な環境を一番求めがちなのが、自分の親だったりします。

 

 

 

なぜなら、親にとっては子供の安全確保が第一の優先事項だからです。

 

 

 

私も二人の子を持つ親なので、この氣持ちはよくわかります。(*'-'*)エヘヘ

 

 

 

だから、親は子供に出来るだけ、安全で楽な道を選ばせようとします。

 

 

 

「良い学校行った方が就職が楽よ」、「大企業に入った方が安全よ」、「こういう資格を持ってた方がつぶしがきくよ」などなど。(*゚ー゚*)

 

 

 

そして真面目で良い子ほどその教えに従おう、期待に応えようと頑張ります。

 

 

 

親の愛に応えよう、と頑張るんです。(((( ;°Д°))))

 

 

 

でもここではっきりしておかなければならないことがあります。

 

 

 

それは、子供は親の期待に応える必要がない、と言うことです。

 

 

 

なぜなら、親の期待に応えること=子供の幸せな人生という図式はないからです。

 

 

 

むしろ、「安全に、楽に」、という助言で子供の選択肢を狭めている可能性がある。

 

 

 

子供に「安全、楽」を選択させることで、その子供が本当に感じたい喜びや幸せの機会を奪っていることも考えられます。(*゚ー゚*)

 

 

 

最初は「夢を見なさい」とか、「好きなことをやりなさい」なんて言っていた親も、子供が成長するにつれ、「現実を見なさい」とか、「大人になりなさい」なんて言い出す。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

 

 

 

子供に安全な道を進ませようとすると同時に、世間への体裁なども見え隠れし出します。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

 

 

 

「あなたのお子さんは素晴らしい、優秀ですね」と言われたいという欲求も顔を出すわけです。(#^ω^)

 

 

 

そして、そのような期待に応えよう、ということを人生の目的にすると、その人生は苦しいものになります。

 

 

 

何も親の期待だけではありません。

 

 

 

自分の子供、お世話になった人や恩師の期待にも応える必要はありません。

 

 

 

なぜなら、あなたの人生は誰かの期待に応えるためにあるわけではないからです。

 

 

 

あなたの人生はあなた自身の期待に応える人生であるべきなんです。

 

 

 

あなたの期待に応えるということは、あなたにとっての幸せや喜びを選択する、と言うことです。

 

 

 

他人から見たら危なく見えても、不幸に見えても、かっこ悪く見えても、あなた自身がそこに幸せや喜びを感じているなら、それをひたすらやり続ければいいんです。

 

 

 

親や子供でさえ肉体が離れているので別人格、すなわち厳密に言えば他人です。(。・ω・)ノ゙

 

 

 

だから「親の期待には応えない」という親不孝も全然OK。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

 

 

 

ただあなた自身の期待にだけ集中すればいいんです。

 

 

 

あなた自身が本当に喜びや楽しさを感じ、夢中になれることに集中するという充実の意識が、さらにそのような状況を引き寄せます。

 

 

 

あなたの体や周りの環境を作っている素粒子の時間と位置が、「喜び」や「楽しさ」、「充実」で確定し続けるからです。(*^.^*)

 

 

 

そして、そのような状況がより多くの人の期待に応えることに結局つながっているんです。

 

 

 

あなた自身を幸せにすることが、結果的に他人を幸せにする。

 

 

 

これが真理だと思います。(・∀・)/

 

 

 

だからまずは親のためでも、子供のためでも、世間のためでもなく、まずは自分のため。

 

 

 

本当のあなたが喜びや楽しさを感じ、興味をそそられ探求したいこと、夢中になれることに集中するんです。

 

 

 

あなたはまだ誰かの期待に応えようと頑張ってませんか?(^ε^)♪

 

 

 

 

 

 

*7月から始まる量子論的引き寄せコンサルタント養成講座の次期募集を開始しました。(*^.^*)

 

火曜コース(定員18名)

 

土曜コース(定員18名)

 

木曜コース(定員18名)

 

詳細はこちら

 

 

 

 

 

*セッションメニュー

継続「引き寄せ」セッション(継続、合計6回のセッション)

本当の自分発見セッション(継続、合計3回のセッション)

潜在能力の覚醒セッション(継続、合計3回のセッション)

セッション開始はお申し込みいただいてから1、2ヶ月先になる場合もあります。その旨事前にご了解の上でのお申し込みをお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 




 

【関連記事】

惰性で生きるか、人生を創造するか

楽しい人生を引き寄せる秘訣

違和感はヒント

何が君の幸せ 何をして喜ぶ

犠牲者として生きる?ヒーローとして生きる?

感性を研ぎ澄ます重要性

本音で生きると引き寄せる

幸せでいられることに努力を注ぐ

自分自身を救済すると引き寄せは加速する

 

 

 

 

 

 

 

 


【その他の記事】

目次ページ
アクセスTOP3(直近1週間)









ブログで使用しているイラストが

LINEスタンプになりました!!

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


読者登録お待ちしてま~すにひひ
    ダウンダウンダウン
読者登録してね

 

 

 

 

 

 

AD
2017-06-26 19:45:00

安全圏内では変わらない

テーマ:引き寄せの法則

引き寄せ力を上げるポイントの一つが実感値を高めることだと思っています。(・∀・)

 

 

 

自分の内側の意識状態が、環境という外側の状態を変化させていく。

 

 

 

そのような実感値が高まれば高まるほど確信が高まり、結果、自分の意識状態のコントロールに注意を払うようになり、さらに良い状態が引き寄せられる。

 

 

 

そんなスパイラルが働くようになるからです。(^O^)/

 

 

 

ただしですよ。

 

 

 

じゃあひたすら内側だけをコントロールしていればいいのか、というとそういうわけでもないと思っています。(*゚ー゚*)

 

 

 

当たり前ですが、私たちは身体を持って生まれてきて、時間も含めれば4次元という時空間で生活しています。

 

 

 

そして、その時空間は量子力学だけでなく古典物理学もきちんと機能している世界です。

 

 

 

そのような世界で暮らしているのに、ひたすら身体を動かさずに意識だけ、というのもおかしな話ですよね。(・∀・)ニヤニヤ

 

 

 

身体を動かすこと、すなわち行動する、ということも大事なんです。

 

 

 

でも注意が必要なのは、恐れと不安ベースで闇雲に行動することは止めたほうがいい、ということ。

 

 

 

量子論的には「そもそも意識ありき」の世界ですので、意識が不安や恐れにフォーカスした状態で行動してもなかなか上手くいかなかったり、大変だったりするからです。(((( ;°Д°))))

 

 

 

なので、行動するのも大事なんですが、その前提の意識がもっと大事ということなんです。

 

 

 

単純にやりたい、面白そう、興味がある、という感じがするものはどんどんトライしていく。(・ω・)b

 

 

 

そういう行動の前提の意識は喜びや楽しさにフォーカスしているからです。

 

 

 

それに加えて大事なのは、違和感を感じている行動や習慣はなるべく手放していくことです。

 

 

 

手放す、というのは違和感を感じない方向を探っていき、それを実践するということです。

 

 

 

違和感とは、「違うと感じている」ということですよね。(*^.^*)

 

 

 

逆を行けば「違う」と感じなくなるのか、もっと深掘りすれば「違う」と感じなくなるのか、その辺が探求や行動の方向性のポイントだったりするんです。

 

 

 

そして実際に「楽しいこと、ワクワクすることをやっているんだけど上手くいかないんです。。。(゚ーÅ)」って言う人は、違和感をたくさん抱えてたりします。

 

 

 

「違う」と感じているんだけど、「こうしなければならない」、「こうすべきだ」、「これをやるより仕方がない」という行動や状況を多く抱えている。(ノДT)

 

 

 

これは感性を理性で押し殺している状況です。

 

 

 

そういう状況では「楽しい前提意識」の行動と、「不安前提意識」の行動が綱引きしている状態ですので、結果変化しない、というわけです。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

 

 

 

そして、実際のところ、違和感があるんだけど手放さない行動や状況は、それを手放すのが怖かったり、不安だったりすることです。

 

 

 

なぜ不安になるかというと、自分が慣れ親しんだ状態、つまり安全圏内から出ることになるからです。

 

 

 

人はどんなに不都合なことでも、自分にとって良くない環境であっても、それに慣れ親しんでいればいるほどそこから出たがるのを怖がります。(*。◇。)ハッ!

 

 

 

受刑者が刑務所に戻りたがったり、奴隷として長年仕えていた人が解放されてもそこを離れなかったという話を聞いたことないですか?

 

 

 

なぜそういうことが起こるかというと、ある意味その方が楽だからです。(^o^;)

 

 

 

本当は不都合なんだけど、その環境に慣れているので、その方が安心なんです。(´∀`)

 

 

 

違和感を感じている状況や行動を後生大事に抱え続けるのもこれと同じこと。

 

 

 

そしてそれを抱え続ける限り、現状はなかなか変わらないんです。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

 

 

 

そういう意味では、本当の自分が望んでいることに氣付き、それに従って生きるということは勇氣のいることなんです。(・∀・)/

 

 

 

慣れ親しんだ環境を手放すことにもなるわけですから。

 

 

 

もしあなたが、「楽しいこと、ワクワクすることをやっているのに上手くいかない(TωT)」という状況であるなら、違和感を抱えている行動や状況が多くないか確認してみて下さい。

 

 

 

違和感が違和感でなくなる方向性を探ることが新たな突破口となるはずですよ。(*^o^*)

 

 

 

 

 

 

*7月から始まる量子論的引き寄せコンサルタント養成講座の次期募集を開始しました。(*^.^*)

 

火曜コース(定員18名)

 

土曜コース(定員18名)

 

木曜コース(定員18名)

 

詳細はこちら

 

 

 

 

 

*セッションメニュー

継続「引き寄せ」セッション(継続、合計6回のセッション)

本当の自分発見セッション(継続、合計3回のセッション)

潜在能力の覚醒セッション(継続、合計3回のセッション)

セッション開始はお申し込みいただいてから1、2ヶ月先になる場合もあります。その旨事前にご了解の上でのお申し込みをお願い致します。

 

 




 

【関連記事】

惰性で生きるか、人生を創造するか

楽しい人生を引き寄せる秘訣

違和感はヒント

何が君の幸せ 何をして喜ぶ

犠牲者として生きる?ヒーローとして生きる?

感性を研ぎ澄ます重要性

本音で生きると引き寄せる

幸せでいられることに努力を注ぐ

自分自身を救済すると引き寄せは加速する

 

 

 

 

 

 

 

 


【その他の記事】

目次ページ
アクセスTOP3(直近1週間)









ブログで使用しているイラストが

LINEスタンプになりました!!

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


読者登録お待ちしてま~すにひひ
    ダウンダウンダウン
読者登録してね

 

 

 

 

 

 

 

AD
2017-06-22 20:06:51

願う=無力化する行為

テーマ:引き寄せの法則

世界で初めて無肥料無農薬でリンゴ栽培に成功した木村秋則さん。

 

 

 

 

 

 

木村さんは無肥料無農薬でのリンゴ栽培にチャレンジしてからの数年は本当に苦労の連続で、食うのにも困るという状況が何年も続いたそうですね。(ノДT)

 

 

 

まさに藁をもすがる状況の時は神社仏閣に何度もお願いに行ったそうです。

 

 

 

でも一向に良くならなかったことから、それ以降神社仏閣にはお参りに行っていないとのこと。(*゚ー゚*)

 

 

 

実は、私にも同じような経験があります。

 

 

 

この神社の神様はスゴイ、この神社にお参りすると運氣が上がる、こういうお参りの仕方が良い、など聞いてはせっせと参拝してたりしましたが、その時は一向に良くなりませんでした。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

 

 

 

その後、量子力学や脳科学などを勉強するにつれ、「あれ、これって逆やってるんでは?」って思うようになりました。(*゚ー゚*)

 

 

 

神社仏閣で、「こうしてください!!」、「こうなるようお願いします!!」とお祈りしている時の前提の意識は間違いなく、「自分には無理、出来ない」とか、「私にはそれがない」という状態です。

 

 

 

だって、「こんなの簡単、すぐに手に入る」と意識していたらわざわざお願いしませんよね?

 

 

 

ですので、必死こいて願えば願うほど、「私には無理、私にはない」と自分自身に刷り込んでいることになってしまいます。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

 

 

 

で、その通りの状況が続いていく。。。。(T▽T;)

 

 

 

実際に私も神社仏閣にお願いしなくなってから状況が改善していきました。

 

 

 

ですので、今は何かご利益を授かろうとして神社仏閣に行くことはありませんし、パワースポット巡りもしてません。(*^.^*)

 

 

 

もちろん神社仏閣やパワースポットに行くこともありますが、そこではその氣持ちの良い雰囲氣や空氣感を感じてみたり、そういう環境を味わえることに感謝したりしています。≧(´▽`)≦

 

 

 

で、神社とかパワースポットと言われる場所は、本来そのような場所なんだと思うんです。

 

 

 

そういう場所は大抵大木があったり、緑が豊かだったり、綺麗な水が流れていたりしますよね。

 

 

 

そういう場所に行くと実際に人間は癒され、パワーをもらえますから。(^O^)/

 

 

 

そして、癒しとパワーをいただけたことに感謝する。

 

 

 

それだけでいいはずです。(・∀・)ニヤニヤ

 

 

 

ちょっと話が逸れましたが、いずれにしても「なんとかお願いします!!」なんて感じの神頼み的なことは止めた方がいい。

 

 

 

私はそう思っています。(^_^)

 

 

 

じゃあどうすればいいのか?

 

 

 

その答えの一つが、私の好きな映画の一つ「きっと、うまくいく」に描かれています。

 

 

 

 

 

 

インド屈指の理系エリート大学生の話ですが、主人公はそのエリート校の中でも成績が抜群に優秀、かつ自由人のランチョー(真ん中)です。

 

 

 

そのランチョーの友人の一人がラージュー(右側)ですが、彼は基本何でも神頼みで、いろんなスピ系のグッズをつけ、いつも神様に拝んでます。(*´艸`*)

 

 

 

ラージューは家が貧乏な苦学生なので、何としても良い成績をとって立派な会社にエンジニアとして入り、家族を支えようと必死です。

 

 

 

でも、一向に成績が上がらず、神頼みを頑張っている。オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

 

 

 

一方のランチョーは成績などあまり氣にしておらず、単純に好きなことを探求しているだけなんですが、成績は常にトップ。

 

 

 

ラージューも工学は好きなのですが、恐れと不安が一杯で、工学を学問として楽しめる状況ではないのです。(TωT)

 

 

 

そんなラージューに対してランチョーはこう言います。

 

 

 

 

”心は臆病だから麻痺させる必要がある。そういう時は胸に手を当ててこう言え。「きっとうまくいく」って”

 

 

 

つまり、そんな将来の不安などに苛まれるのは止めて、大丈夫だと今ここで安心してしまえ、ということです。∧( 'Θ' )∧

 

 

 

加えて、ランチョーが彼の友人二人に強調するのは、本当の自分の想いを押し殺すな、ということです。

 

 

 

家族の期待に応えよう、そのために良い成績をとって良い会社に就職しよう、なんて考えず、自分が情熱を傾けられることに集中しろ、とけしかけるんです。∑(゚Д゚)

 

 

 

もちろんそれは勇氣のいることなんですが、結果それが良い状況を引き寄せる。。。

 

 

 

ちょっとネタバレになってしまいましたが、そんな感じで展開します。

 

 

 

つまり、神頼みに必死になるより、「大丈夫、きっとうまくいく」と今ここで安心し、自分が情熱を傾けられることに集中しろ、ということなんです。

 

 

 

そして、結果、その方が本当にうまくいく。(・∀・)

 

 

 

量子力学、脳科学的に考えても、私自身の経験から言ってもそうだと確信してます。

 

 

 

ですので、変に「なんとかしてくださーい!!」なんて必死こいてお願いするよりも、「大丈夫、きっとうまくいく」と安心する。

 

 

 

そして、自分が本当に情熱を傾けられることを見極めて、それに集中していく。

 

 

 

それが結果的に良い状態をどんどん引き寄せていくんですよ。(・∀・)/

 

 

 

くれぐれも必死にお願いしすぎてさらに悪い状態を引き寄せないようにー。(*^o^*)

 

 

 

 

 

 

 

*7月から始まる量子論的引き寄せコンサルタント養成講座の次期募集を開始しました。(*^.^*)

 

火曜コース(定員18名)

 

土曜コース(定員18名)

 

木曜コース(定員18名)
 

コースの詳細はこちら

 

 


 


*セッションメニュー

継続「引き寄せ」セッション(継続、合計6回のセッション)

本当の自分発見セッション(継続、合計3回のセッション)

潜在能力の覚醒セッション(継続、合計3回のセッション)

セッション開始はお申し込みいただいてから1、2ヶ月先になる場合もあります。その旨事前にご了解の上でのお申し込みをお願い致します。

 

 





 

【関連記事】

惰性で生きるか、人生を創造するか

楽しい人生を引き寄せる秘訣

違和感はヒント

何が君の幸せ 何をして喜ぶ

犠牲者として生きる?ヒーローとして生きる?

感性を研ぎ澄ます重要性

本音で生きると引き寄せる

幸せでいられることに努力を注ぐ

自分自身を救済すると引き寄せは加速する

 

 

 

 

 

 

 

 


【その他の記事】

目次ページ
アクセスTOP3(直近1週間)









ブログで使用しているイラストが

LINEスタンプになりました!!

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 


読者登録お待ちしてま~すにひひ
    ダウンダウンダウン
読者登録してね

 

 

 

 

 

 

AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。