サプリメントアドバイザー@hiroの健康ブログ

サプリメントは医薬品ではないため、その効果・効能を謳うことはできません。サプリメントをご利用になる方は、ご自分でその効果・効能を調べなくてはなりません。そこで、サプリメント選択の一助になる情報を公開すべく、ブログを公開しております。


テーマ:

アルギニンは体内でも合成することができるため、成人においては非必須アミノ酸です。
ところが、成長の早い乳幼児期、あるいは成長期においては、体内で必要量が合成しきれず不足しやすいため、必須アミノ酸となります。

 

子供の成長期を支える重大栄養素は、次の6つであると言われております。

 

Ⅰ カルシウム

身長が伸びるメカニズムにおいて、カルシウムが必要です。

脳下垂体から分泌される成長ホルモンが、 骨の端にある骨端線と呼ばれる軟膏付近の「骨芽細胞」を増殖させることにより、 コラーゲンの繊維を沢山つくりだします。 その繊維にカルシウムが付着することにより、骨が硬く丈夫になると同時に長く伸びます。

骨が伸びることによって、身長も伸び大人の身体が作られていきます。

 

Ⅱ マグネシウム

骨を作る(伸ばす)ためにはカルシウムを沢山摂らなくては、と思われている方も多いと思いますが、 実はカルシウムだけ摂っても、上手に吸収されず、せっかくのカルシウムが無駄になってしまいます。

カルシウムの体内での吸収を助けるのが、マグネシウムと呼ばれるミネラルです。

カルシウム2に対しマグネシウム1の割合で摂取すると、カルシウムが効率よく体内に吸収されます。

 

Ⅲ 亜鉛

あまり知られていませんが、亜鉛は身長を伸ばすために欠かすことのできない栄養素の一つです。

実は、亜鉛は遺伝子を作るための酵素、そして成長ホルモンの元になるタンパク質に含まれているため、 直接、骨の成長に関与します。

つまり、亜鉛が不足してしまうと、タンパク質の合成が上手くいかなくなり、骨が伸びなくなってしまいます。

 

Ⅳ タンパク質

身長を伸ばすためには、沢山のタンパク質が必要です。

何故ならば、タンパク質は骨の土台となるコラーゲンの素材だからです。

また、身長を伸ばすために必要不可欠な成長ホルモンの素材でもあります。

タンパク質の不足が心配であれば、プロテインを補助食として摂取することができます。

 

Ⅴ ビタミン

ビタミンにはA群、B群C、Dなど、様々な種類があります。

その中でも、身長を伸ばすために大切なのが、ビタミンCとビタミンDです。

ビタミンCには、コラーゲンを作ったり、カルシウムの吸収を高めてくれる役割があります。 また、ビタミンDには、カルシウムの吸収を促す働きがあり、骨が成長する過程に大きく関与しています。

 

Ⅵ アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種であり、背を伸ばす上で必要不可欠な成長ホルモンの分泌量を増やします。

背が高くなるか否かには様々な要因がありますが、その要因の一つが成長ホルモンの分泌量です。

成長ホルモンが沢山出ているほうが背が高くなりやすいですので、 身長を伸ばしたいのであれば、成長ホルモンの分泌が増えるように、 アルギニンを十分摂取すべきです。

 

【公式サイト】ドクター.セノビル(Dr.Senobiru)

 

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

 

アルギニンは、成長ホルモンを活性化します!

ドクター.セノビル(Dr.Senobiru)は、L-アルギニンを多量に含む子供用サプリメントです。

 

従来、子供の成長(身長を伸ばす)にはカルシウムが重要と言われてまいりましたが、コレに加えて、今注目されているのがアルギニンというアミノ酸です。

 

アルギニンは体内でも合成することができるため、成人においては非必須アミノ酸です。

ところが、成長の早い乳幼児期、あるいは成長期においては、体内で必要量が合成しきれず不足しやすいため「必須アミノ酸」となります。

 

従来、アルギニンはアスリートのための栄養成分として認知されていました。
しかしながら、その働きを考えると、お子様の乳幼児期あるいは成長期におきましては、成長(身長を伸ばす)のための必須の栄養成分といえます。

 

なお、ドクター.セノビルは大人が飲んでも問題ございません。
むしろ、成人の方にもお勧めしたいほどの商品です。
アルギニンには、若返り、美肌、老化予防、長寿などのアンチエイジング、トレーニング後の疲労回復などの効果が期待できます。

さらに、勃起不全、育毛などの悩みについても、改善効果が期待できます。

 

 

成長期応援サプリメント「ドクター.セノビル」はこちらからご購入いただけます。

 

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

 

成長期応援サプリメントの詳細記事

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)