サプリメントアドバイザー@hiroの健康ブログ

サプリメントは医薬品ではないため、その効果・効能を謳うことはできません。サプリメントをご利用になる方は、ご自分でその効果・効能を調べなくてはなりません。そこで、サプリメント選択の一助になる情報を公開すべく、ブログを公開しております。


テーマ:

【くしゃみとおじゃらば】は、花粉の症状を抑える『じゃばら』をたっぷり配合したサプリメントです。

さらに、【くしゃみとおじゃらば】には免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)が配合されているので、
Wパワーで「くしゃみとおさらば(おじゃらば)」できます。

 

【くしゃみとおじゃらば】によれば、
花粉症のつらいくしゃみ、痒み等を「じゃばら」の力によって緩和させるとともに、
乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、
アレルギーにもに負けない丈夫な身体を作ることができます。

 


【くしゃみとおじゃらば】の「こだわりの成分」について;

じゃばら
じゃばら」は、柚子やすだちと同じ柑橘類で、温州みかんとほぼ同じ大きさです。
「じゃばら」という名前は「邪気をはらう」から名付けられたと言われています。
じゃばらの果皮や果汁には「ナリルチン」というフラボノイドが含まれています。
これは主に柑橘類に含まれる成分なのですが、「じゃばら」には他の柑橘類にくらべ圧倒的に多く含まれています(いよかんの4~5倍くらい)。

 

「ナリルチン」には、ヒスタミンなどの炎症物質の放出を強力に抑える働きがあります。
「じゃばら」の果皮には、「ナリルチン」が果汁の13倍も含まれているのですが、
果皮を食べるのはみかんの皮を食べるのと同じで難しいのです。
したがって、「じゃばら」の果皮を容易に摂取するためには、
「じゃばら」をサプリメント化する必要があるのです。

 

 

 


乳酸菌(EC-12)
乳酸菌(EC-12)には、体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、埃などの異物を排除し身体を守る作用があります。
【くしゃみとおじゃらば】によれば、この「乳酸菌(EC-12)」を1日1000億個摂取できます。

 

甜茶エキス
甜茶エキスに含まれるGODポリフェノールは、花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因となる過剰なヒスタミンの分泌や炎症に関係するシクロオキシゲナーゼを抑制します。

 

緑茶
緑茶に含まれるカテキンには抗アレルギー作用があり、ヒスタミンの発生を抑制し、皮膚や粘膜を保護します。

 

シソエキス
シソに含まれるポリフェノールには、ヒスタミンを抑制し、アレルギーを緩和する作用があります。

 

 


【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

緑茶


「くしゃみとおじゃらば」には、「緑茶」が配合されています。

緑茶に含まれる「カテキン」は、「花粉症」に対して有効です。
緑茶のすっきりとした渋みは、この「カテキン」のおかげです。

 

カテキンの「アレルギー抑制効果」は有名で、
「花粉症」だけではなく「アトピー性皮膚炎」にも効果があります。

 

「緑茶を飲む習慣をつけただけで、花粉症の症状が軽くなった」
という人も大勢いますので、
カテキンの花粉症に対する有効性には間違いありません。

 

【花粉症対策】くしゃみとおじゃらばの詳細記事↓↓↓

  1. 【花粉症対策】くしゃみとおじゃらば
  2. 【花粉症対策】「じゃばら」と「EC-12」を多量に配合!
  3. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶・カテキン・シソエキスも配合
  4. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶エキスは花粉症に有効です
  5. 【くしゃみとおじゃらば】「シソエキス」は花粉症に有効です
  6. 【くしゃみとおじゃらば】緑茶のカテキンは花粉症に有効です

くしゃみとおじゃらば

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【くしゃみとおじゃらば】は、花粉の症状を抑える『じゃばら』をたっぷり配合したサプリメントです。

さらに、【くしゃみとおじゃらば】には免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)が配合されているので、
Wパワーで「くしゃみとおさらば(おじゃらば)」できます。

【くしゃみとおじゃらば】によれば、
花粉症のつらいくしゃみ、痒み等を「じゃばら」の力によって緩和させるとともに、
乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、
アレルギーにもに負けない丈夫な身体を作ることができます。


【くしゃみとおじゃらば】の「こだわりの成分」について;

じゃばら
じゃばら」は、柚子やすだちと同じ柑橘類で、温州みかんとほぼ同じ大きさです。
「じゃばら」という名前は「邪気をはらう」から名付けられたと言われています。
じゃばらの果皮や果汁には「ナリルチン」というフラボノイドが含まれています。
これは主に柑橘類に含まれる成分なのですが、「じゃばら」には他の柑橘類にくらべ圧倒的に多く含まれています(いよかんの4~5倍くらい)。

「ナリルチン」には、ヒスタミンなどの炎症物質の放出を強力に抑える働きがあります。
「じゃばら」の果皮には、「ナリルチン」が果汁の13倍も含まれているのですが、
果皮を食べるのはみかんの皮を食べるのと同じで難しいのです。
したがって、「じゃばら」の果皮を容易に摂取するためには、
「じゃばら」をサプリメント化する必要があるのです。

 

 


乳酸菌(EC-12)
乳酸菌(EC-12)には、体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、埃などの異物を排除し身体を守る作用があります。
【くしゃみとおじゃらば】によれば、この「乳酸菌(EC-12)」を1日1000億個摂取できます。

甜茶エキス
甜茶エキスに含まれるGODポリフェノールは、花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因となる過剰なヒスタミンの分泌や炎症に関係するシクロオキシゲナーゼを抑制します。

緑茶
緑茶に含まれるカテキンには抗アレルギー作用があり、ヒスタミンの発生を抑制し、皮膚や粘膜を保護します。

シソエキス
シソに含まれるポリフェノールには、ヒスタミンを抑制し、アレルギーを緩和する作用があります。

 


【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

シソ(紫蘇)


「くしゃみとおじゃらば」には、特別な手法で抽出されたシソエキスが配合されています。

「シソの葉」が、最近、エキスの形でにわかに注目されてきています。
シソエキスがアトピー性皮膚炎症や花粉症に有効である
と、テレビや雑誌などで取り上げられています。

「シソエキス」は、人の体にやさしく働き、さまざまな炎症・アレルギー症状に効果を発揮し、体質改善にも役立ちます。
これは、「シソエキス」に白血球の過剰な働きを抑制する力があるからです。
この作用が、アトピー性皮膚炎や花粉症に有効なのです。

シソ科の植物に含まれる「ロズマリン酸」というポリフェノールが注目されており、赤ジソにより多く含まれています。

「くしゃみとおじゃらば」に配合されている「シソエキス」は、
多量の「ロズマリン酸」を含むため、
過剰に反応し過ぎる免疫反応を抑えることができます。
花粉症はアレルギー反応つまり免疫の過剰反応ですから、
「シソエキス」が花粉症に有効なのです。

 

【花粉症対策】くしゃみとおじゃらばの詳細記事↓↓↓

  1. 【花粉症対策】くしゃみとおじゃらば
  2. 【花粉症対策】「じゃばら」と「EC-12」を多量に配合!
  3. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶・カテキン・シソエキスも配合
  4. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶エキスは花粉症に有効です
  5. 【くしゃみとおじゃらば】「シソエキス」は花粉症に有効です

くしゃみとおじゃらば

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【くしゃみとおじゃらば】は、花粉の症状を抑える『じゃばら』をたっぷり配合したサプリメントです。

さらに、【くしゃみとおじゃらば】には免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)が配合されているので、
Wパワーで「くしゃみとおさらば(おじゃらば)」できます。

 

【くしゃみとおじゃらば】によれば、
花粉症のつらいくしゃみ、痒み等を「じゃばら」の力によって緩和させるとともに、
乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、
アレルギーにもに負けない丈夫な身体を作ることができます。


【くしゃみとおじゃらば】の「こだわりの成分」について;

じゃばら
じゃばら」は、柚子やすだちと同じ柑橘類で、温州みかんとほぼ同じ大きさです。
「じゃばら」という名前は「邪気をはらう」から名付けられたと言われています。
 

じゃばらの果皮や果汁には「ナリルチン」というフラボノイドが含まれています。
これは主に柑橘類に含まれる成分なのですが、「じゃばら」には他の柑橘類にくらべ圧倒的に多く含まれています(いよかんの4~5倍くらい)。

「ナリルチン」には、ヒスタミンなどの炎症物質の放出を強力に抑える働きがあります。
 

「じゃばら」の果皮には、「ナリルチン」が果汁の13倍も含まれているのですが、
果皮を食べるのはみかんの皮を食べるのと同じで難しいのです。
したがって、「じゃばら」の果皮を容易に摂取するためには、
「じゃばら」をサプリメント化する必要があるのです。

 

 

 

乳酸菌(EC-12)
乳酸菌(EC-12)には、体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、埃などの異物を排除し身体を守る作用があります。
【くしゃみとおじゃらば】によれば、この「乳酸菌(EC-12)」を1日1000億個摂取できます。

 

甜茶エキス
甜茶エキスに含まれるGODポリフェノールは、花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因となる過剰なヒスタミンの分泌や炎症に関係するシクロオキシゲナーゼを抑制します。

 

緑茶
緑茶に含まれるカテキンには抗アレルギー作用があり、ヒスタミンの発生を抑制し、皮膚や粘膜を保護します。

 

シソエキス
シソに含まれるポリフェノールには、ヒスタミンを抑制し、アレルギーを緩和する作用があります。

 

 

【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

【くしゃみとおじゃらば】には、
花粉症に効果がある成分として「甜茶エキス」が配合されています。

甜茶(てんちゃ)

 


甜茶には、抗アレルギー作用,抗炎症作用があり、
花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を緩和,軽減する効果があります。

その他喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状にも甜茶は効果的です。

 

甜茶は、中国南部で「おめでたいお茶」「幸せを呼ぶお茶」として、5千年前頃から健康茶として飲まれています。
 

一般的に甜茶とは「甘いお茶」の総称で、
バラ科キイチゴ属の甜葉懸鈎子(てんようけんこうし),
ユキノシタ科の臘蓮繍球(ろうれんしゅうきゅう),
アカネ科の牛白藤(ぎゅうはくとう),
ブナ科の多穂石柯葉(たすいせきかよう),
の4種類が知られています。

 

それぞれに効果・効能があるとされていますが、アレルギーに対する効果が強いのは甜葉懸鈎子です
甜茶が日本で有名になったのは、花粉症対策として効果的だという臨床試験の結果が発表されてからです。

 

その後さまざまな研究が行われ、
花粉症やアレルギー性鼻炎,喘息,アトピー性皮膚炎などのアレルギーの予防や症状の緩和に効果があることが判明いたしました。

なお、「シソエキス」にも花粉症の症状を予防・緩和する効果があることが判っておりますので、
【くしゃみとおじゃらば】においては、「甜茶」とともに「シソエキス」も配合されております。

 

甜茶の有効成分と効果を発揮する仕組み
甜茶の有効成分はポリフェノールの一種である「GOD(Galloyl Oxygen Diphenyl)」です。
このGODポリフェノールには、
花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因となる過剰なヒスタミンの分泌や炎症に関係する
「シクロオキシゲナーゼ」を抑制する働きがあります。
過剰なヒスタミンの生成や炎症を抑えることで、花粉症を軽減できるわけです。

 

 

【花粉症対策】くしゃみとおじゃらばの詳細記事↓↓↓

  1. 【花粉症対策】くしゃみとおじゃらば
  2. 【花粉症対策】「じゃばら」と「EC-12」を多量に配合!
  3. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶・カテキン・シソエキスも配合
  4. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶エキスは花粉症に有効です

くしゃみとおじゃらば

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)