サプリメントアドバイザー@hiroの健康ブログ

サプリメントは医薬品ではないため、その効果・効能を謳うことはできません。サプリメントをご利用になる方は、ご自分でその効果・効能を調べなくてはなりません。そこで、サプリメント選択の一助になる情報を公開すべく、ブログを公開しております。


テーマ:

ヒノキチオールは、殺菌力と抗菌力に優れています。
また、「傷の収斂(しゅうれん)作用」や「細胞の増強作用」があることも明らかになってきました。




「ヒノキチオール」は、1936年に台湾に自生する「タイワンヒノキ(檜)」の精油から、日本人科学者 野副教授により発見されました。


残念ながら、日本の森林に数多く植えられている「ヒノキ(檜)」には、ヒノキチオールは、ほとんど含まれていません。


日本においてヒノキチオールを含む主な樹木は、「青森ヒバ」、「エゾヒバ」、「ネズコ」の3種類です。




ヒノキチオールには、優れた“殺菌力や抗菌力”があることが、発見当時から分かっており、その効能には様々な方面から注目が集まりました。


また、“皮膚の傷の収斂(しゅうれん)作用”や“細胞の増強作用”があることも明らかになってきました。


最近では、ヒノキチオールのこれらのチカラに着目して、養毛剤や基礎化粧品などにも配合されており、主に「医薬部外品」を中心に活躍の場が広がっています。


また、天然のヒノキチオールは、1989年からは「食品添加物」として使用することが、法律で認められております。


 





乾燥している頭皮は「砂漠状態」です。

うるおいがないところに髪は育たちません。

硬く乾いた土壌には、植物は育ちにくいですよね。

「髪と頭皮」の関係も同じです。


頭皮はお手入れしないでいると、加齢とともに乾燥し硬くなってしまいます。

硬くなった頭皮は血流が悪い状態なので、髪の成長に必要な栄養が毛根まで行き届きにくくなり、その結果、髪が育ちにくくなるのです。


健やかな髪はうるおったやわらかい頭皮に育ちます。

健やかな髪を育てるには、頭皮をうるおいで満たし、やわらかくすることが大切です。


頭皮がやわらかくなると、血流がよくなり、毛根に栄養がしっかり届いて、毛髪を成長させる元となる毛母細胞が活性化します。


アロエには、頭皮をうるおす保湿力があります。


重要なのは、保湿です。


 


小林製薬の「アロエ育毛液」には、保湿力を高めるキダチアロエとともに、



  1. ヒノキチオール … ヒノキやヒバに含有される成分。抗菌作用が強く、頭皮を清潔に保ち新陳代謝の衰えた頭皮や毛根の細胞に働きかけ育毛を促進します:

  2. センブリ抽出リキッド … センブリの花から根まで全草から抽出する成分。頭皮の血流を促して毛根に栄養を運び、毛根の細胞の働きを高めます:

  3. β-グリチルレチン酸(甘草抽出物)… 甘草の主成分のグリチルリチンから得られる成分で、炎症から頭皮を守り脱毛を予防します:

  4. ビタミンB6 … 皮脂分泌を抑え、頭皮を清潔にしフケ、かゆみを防ぎます:

  5. ビタミンE誘導体 … センブリ抽出リキッドとともに血行を促進:


が配合されております。


 


小林製薬 アロエ育毛液


アロエチャレンジセット(定期)


 







 


【アロエ育毛液】記事一覧



 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サプリメントアドバイザー@hiroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります