サプリメントアドバイザー@hiroの健康ブログ

サプリメントは医薬品ではないため、その効果・効能を謳うことはできません。サプリメントをご利用になる方は、ご自分でその効果・効能を調べなくてはなりません。そこで、サプリメント選択の一助になる情報を公開すべく、ブログを公開しております。


テーマ:

美肌効果や疲労回復効果などで大注目のプラセンタは、動物の胎盤から得られるエキスです。

そのため、どんな動物の胎盤を利用しているかによって、いくつかの種類に分類することができます。






豚プラセンタ:最もメジャー


数あるプラセンタの中でも最も多く流通しているのが、豚由来のプラセンタです。

豚は一度の出産で10頭前後の子どもを産むのに加え、出産時期も年に2回あります。

生産される胎盤の絶対量が多いため、価格が他のものに比べてお手頃となっています。


最もメジャーなプラセンタと言うことができます。


 


馬プラセンタ:効果的で安全だが高級


豚由来のものに次いでポピュラーなのが、馬由来のプラセンタです。

豚プラセンタの数百倍ものアミノ酸が含まれているほか、豚プラセンタには存在しない種類の成分も確認されています。

また、馬は元々あまり病気にかかりにくいうえに、日本で多く流通している馬プラセンタは身元のハッキリしているサラブレッドの胎盤が利用されているため、安全面でも優秀だと評価できるでしょう。


ただし、馬は年に1回1頭ずつしか出産をしません。

しっかりと管理されているため、育てる際のコストも大きいです。

そのため価格的には高級品となっています。


 


羊プラセンタ:浸透力が高く海外では人気


羊プラセンタは北米やヨーロッパなどで人気のプラセンタです。

羊も病気にかかりにくい動物なので、豚よりは安全性は高いと考えられます。


しかしながら日本では狂牛病問題以降、羊の胎盤の利用には制限がかかっており流通量が少ないのがネックです。




ヒトプラセンタ:医薬品としての使用


人間由来のプラセンタもあります。

効果、安全面共に非常に優秀ですが、医薬品のためサプリメントや化粧品には利用できません。

医療機関で注射や点滴を打ってもらうことで摂取が可能です。


美容目的での注射は全額自己負担となりますので、コスト的にも高級です。


 


植物性プラセンタ:成長因子がない


植物には胎盤がありませんので、厳密には「プラセンタ」とは呼べません。

これは、植物の胎座という部分を用いて得られるものです。

胎座は胎盤に似た成分を持っているため、動物性プラセンタ同様の美肌効果が期待できます。


ただし成長因子が含まれないため、エイジングケア効果は限定的であるとする意見が多いのが現状です。


 


このように、プラセンタは優れた美容成分ですので、その利用を検討してみるべきだと思います。


そこでお勧めしたいのが、小林製薬のプラセンタゼリーです。


プラセンタゼリーに含まれる美容成分は、プラセンタだけではありません。


プラセンタゼリーには、プラセンタに加えて、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンおよびセラミドという4つの美容成分が配合されております。


 


コラーゲン

コラーゲンは人間の肌や骨、関節などの軟骨、目の水晶体や角膜などにも含まれています。

コラーゲンは美肌だけでなく人間の体を形成するのに欠かせない重要な成分で、人体にあるタンパク質の約30%を占めています。

コラーゲンが不足すると様々な老化の原因となります。


 


ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、もともと人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類(ねばねばした物質)の一つです。

ムコ多糖の中でもヒアルロン酸は、特に水分を保持する能力(保水力)にすぐれた物質で、非常にたくさんの水を蓄えると言われています。

保水力はヒアルロン酸自身の重量の約6000倍(1gで水6リットル)といわれています。

人体の約60%は水分から構成されていますので、ヒアルロン酸が、いかに私たちになくてはならない大切な存在であるかがわかります。


 


エラスチン

エラスチンはゴムのように伸縮します。

これは、エラスチンがコラーゲンと共に網目状にネットワークを形成し、コラーゲンの線維をつなぎ止めるようにして支えている弾力線維だからです。

エラスチンは皮膚や血管などの弾性に富む組織に多く存在しているタンパク質の一種で、ゴムのように伸縮する性質があることで、肌に柔軟性を与えているといわれています。


 


セラミド

セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在( 細胞間脂質)です。

肌や髪のうるおいに欠かせない働きをします。

肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできており、その一つ一つを接着しているようなイメージです。

セラミドは細胞間脂質の主成分にあたり、約半分の50%を占めています。

もともと体内にある成分で、肌にうるおいを与えます。


小林製薬のプラセンタゼリーは、ゼリータイプですからプラセンタを気軽に美味しく食べていただくことができます。


また、スティクタイプで簡単に持ち運べ、手軽に食べていただけます。


さらに、素材には富士の清水と新鮮なラズベリーを使用しているので、ほどよい甘酸っぱさで美味しく食べていただけます。


この小林製薬のプラセンタゼリーは、お一人様一回1セット限りではありますが、「お試し品7本入」を500円(税込み、送料無料)で試していただけます。


 


【小林製薬】プラセンタゼリー


プラセンタゼリー


プラセンタの記事一覧



 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サプリメントアドバイザー@hiroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります