サプリメントアドバイザー@hiroの健康ブログ

サプリメントは医薬品ではないため、その効果・効能を謳うことはできません。サプリメントをご利用になる方は、ご自分でその効果・効能を調べなくてはなりません。そこで、サプリメント選択の一助になる情報を公開すべく、ブログを公開しております。


テーマ:

健康食品・サプリメント ブログランキングへ
↑↑↑
クリック、よろしくお願いいたします。

こんにちは、サプリメントアドバイザー@hiroです。



今回のテーマは、

「腸内フローラの研究の進化」

です。


腸内フローラの研究は

1681年オランダのレーウェンフックが顕微鏡で糞便中の菌を観察したことに始まります。

 

その後1800年代以降、

多くの研究者により腸内フローラを形成する重要な菌種が発見されていますが、

腸内フローラの系統だった研究はなされていませんでした。


そこに、腸内フローラの系統的研究により

「腸内細菌学」という新しい学問を世界に先駆けて樹立したパイオニア的研究者が、

日本人の光岡知足・東大名誉教授です。

 

光岡氏は1970年代以降、

腸内フローラと宿主とのかかわりを提唱し、

腸内環境のバランスが人の健康・病態を左右するとしました。


現在、世界各国で腸内フローラの研究が行われていますが、

その中のアメリカ、ワシントン大学のジェフリー・ゴードン博士は、

科学雑誌「ネイチャー」の2006年12月21日号において

腸内フローラが宿主の肥満に関係していることを発表しています。

 

腸内細菌学の研究は、戦後に始まり、未だ途上ですが、

がんや糖尿病、うつ病などの医療の分野から、

お肌のコンディションなどの美容の分野まで、

人々の生活に深くかかわってゆく分野として、

今後ますます研究が進められています。

 


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サプリメントアドバイザー@hiroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント